Whale House “Clowder”

unnamedstartripをご贔屓にしてくださってる方々には、すでにお馴染みのWhale House。僕がこのバンドを知ったきっかけはジョン・リチャードソン。そう、The Small Squareのドラマーです。彼がこのバンドを手伝ったり、彼のスタジオ(Drum Farm Studio)でレコーディングをしてたりというところから興味を持ち、現在に至っております。
そんなWhale House初のフル・アルバム。過去に発表されたEPやシングルから推測するに、もっと直球のグランジ色濃いサウンドを想像してたのですが、蓋を開けたらなかなかにバラエティーにとんだ内容となっております。特にサイケデリックなテイスト、これがWhale Houseの肝。現に彼らは自身のことを「サイケデリック・ロック・バンド」と言っているので、僕が浅かったわけですスミマセン。ギターの音色は90’sな肌触りのディストーション多めで、グランジを通過した感性でサイケデリックを演っているのは間違いないかと思います。’A Great Fire’とか ’Shapeshifter’とか、アルバム・タイトルでもある ’Clowder’ とかね。
そのほかにも、RIDEを彷彿とさせる‘Into the Bluffs’ だったり、アシッドフォーク的な要素も感じる ’Twilight Sleep’や‘Asleep on a Plane’ など聴きどころは盛りだくさんの好盤。
もちろん、今作にもジョン・リチャードソンは参加してますので、彼のドラムのファンの皆さんも必聴です!レコーディングもDrum Farm Studioにて行われています。

Translate »