【Interview】Juan Antonio Lopez (Sofa City Sweetheart)

SCS-0870
ーー今回のインタビューで初めてあなたのことを知るファンの為にも、まず最初に簡単なプロフィールからお聞かせ下さい
ハロー!僕の名前はフアン。ソファ・シティ・スウィートハートっていう名前で音楽活動しているんだ。エリオット・スミスやキンクス、スーパードラッグ、ファウンテンズ・オブ・ウェイン、ジョン・ブリオンとか好きだったら、きっと気にいると思うよ!
Q. Hi Juan, There may be a new fan knowing you by this interview for the first time. Therefore, at first tell it from your simple profile.
Hello. I am very pleased to meet you. My name is Juan and I make music under the name Sofa City Sweetheart. If you like Elliott Smith, The Kinks, Superdrag, Fountains of Wayne, Jon Brion, etc… I think you will enjoy my music.

ーーSofa City Sweetheartは、あなたのソロ・プロジェクトですよね?本名ではなく、この名義で活動してるのは何故?
ソファ・シティ・スウィートハートっていうのは、僕の大好きな映画「すてきな片思い」からつけたんだ。僕はジョン・ヒューズ監督の大ファンなんだけどさ、こんなに面白いのに何で人気ないんだろ?っていつも不思議に思ってるよ。この言葉が何で耳に残っているのかはよく覚えてないけど、良いバンド名でしょ?本名を使わない理由は他にも何個かあるんだけど、1番は…僕はとっても恥ずかしがり屋だってこと。内面とか書きたくないタイプ。あと、僕が好きなサウンドが ”シンガーソングライター”って感じより、バンドサウンドが好きってこともあるかな。 何だったら、君にピッタリのバンド名を考えてあげよっか?笑
Q.Sofa City Sweetheart is your solo project. What is the origin of the nameSofa City Sweetheart? Why are you working under SCS, not your real name?
“Sofa City Sweetheart” is a quote from the movie “Sixteen Candles”. I’m a big fan of director John Hughes, and always thought this movie was hilarious and underrated. I’m not exactly sure why but this line stood out to me and I thought if it got stuck in my head that it might make a good band name. And there are a few reasons for choosing that instead of using my real name: first of all, I’m naturally shy and don’t like drawing attention to myself.. My music also sounds more like a full band instead of just a “singer-songwriter” type of sound. Also, I think it’s more fun and creative to think of a band name instead of using your real name!
 
ーー新作リリースおめでとうございます。率直に今のお気持ちはいかがですか?
アメイジング!世界中の人に聴いてもらえるなんて最高だよ。僕の自信作、絶対気に入るって!
Q.Congratulations on “Super(b) Exitos” release.I’ve been waiting for this day. Frankly speaking, how is the present feeling?
It feels AMAZING to have this record out in the world. It is my best work and I’m very proud to have finished it. I really hope people like it.
 
ーーアルバム・タイトル『Super(b) Exitos』の由来は?
スペイン語の “super exitos” から来てるんだ。あ、英語では “greatest hits” ね。両親がラテン・ミュージックが好きだったから、家ではいつもラテンが流れてたし、”Super Exitos”っていうタイトルのレコードがそこら中にいっぱいあって、すごく混乱したよ笑。どのアーティストも”Super Exitos” っていうタイトルをつけなきゃいけないっていう決まりがあるんじゃないか?って思ってた。それが “greatest hits” っていう意味だって知ったのはだいぶあとの話。で、なんでBを付けたかってことなんだけど、それは僕がメキシコ系のアメリカ人ってことも関係があるんだ。ウェブで調べたら意外と簡単に見つかるかも?!
Youtubeにもこの質問の答えをアップしたんだ。よかったら観てみてね。
Q. What is the origin of titleSuper(b) Exitos?
It actually comes from the phrase “super exitos”, which means “greatest hits” in Spanish. I grew up listening to a lot of Latin music because of my parents, and many Latin artists had an album called “Super Exitos”, which confused me. I thought it was a rule that every artist HAD to name their album “Super Exitos”, but then I eventually learned that it just meant “greatest hits”. So, I just added a B to “super”, kind of as a mix of my Mexican and American heritage, but also so it would be easy to find online. (It is also my best work to date, but I hope I can top it next time too.)
I actually just released a video about this if anyone is interested:
 
ーー今作の構想や曲作りはいつ頃から?何曲くらい用意しました?
ながーい間かかったよ。演奏もアートワークも完璧な作品を作りたいっていつも考えてた。僕が敬愛するアーティストのアルバムは皆最初から最後まで完璧だった。世の中にはちょっといいかなってのが1、2曲しか入ってないような退屈なアルバムがたくさんあるでしょ?ああはしたくなかった。最後まで楽しめて印象に残るようなものを作りたかった。それから、ソングライター、演奏者、プロデューサー、エンジニア、ミキサーなど、僕のいろいろな面も見せたかった。楽曲も過去のどの作品よりもバラエティにとんだものになったと思う。現時点でのベストを尽くせたと感じてるし、これから先もっと良い作品を作れるように頑張るだけ。ゴールはまだまだ先!
Q.Super(b) Exitosis awesome! When did you elaborate a plan from? When did you write these songs? How many songs did you make?
For a long time I’ve always wanted to make one great record, that plays as a complete work of art from start to finish. I love artists that put out consistently great and complete ALBUMS, vs. one hit song here and there but with boring/unfocused albums, but I wanted to make something that was memorable and enjoyable from start to finish.  I also wanted to show my range as a songwriter, instrumentalist, producer, engineer, and mixer, so I wanted this album to have more variety than my previous releases. My main thoughts besides those were to release my best songs (that I hadn’t released yet) that work well together to complete my album vision. I worked very hard and tried my best; hopefully I achieved that goal!
 
ーーレコーディングは順調に進みました?苦労した点などありましたか?
もう、苦労の連続。演奏も録音作業もミックスも僕1人でやらなきゃいけないから、どうしても時間がかかる。これはもう、しょうがない。でも、最高のアルバムを作るっていう決意があったから頑張れたよ。おかげで 自信を持って「最高!」って言えるアルバムを作れた。あ、1人での作業は時間はかかるけどお金はかからない、これは良いことね笑。
Q. Did the recording proceed smoothly? Were there the points that had a hard time?
There were many setbacks. Since I played and recorded most of the instruments myself, I had to work slowly, doing one thing at a time. Plus, the mixing took a long time because it is a big album with lots of variety, and again, I mixed the songs myself too. It can be hard to work on your own art because you get attached to things and progress can be slow, but I had to do it that way to cut down on costs. It took a long time but I am very proud of the end result and do not regret it one bit.
 
ーー全ての演奏はあなた1人で?
そう、ドラムとストリングス以外ほとんど僕。そこは友達やミュージシャンに手伝ってもらった。あ、オズマってバンドのダニエルには2曲ベースを弾いてもらった。 みんな才能あふれるミュージシャンで、僕はとてもラッキーだったよ。
Q. Did you play all musical instruments?

Yes, most of them, except for drums and strings. I hired players for those, and got a few friends to add a few other small elements (and they came out great!) Oh and my friend Daniel from the band Ozma plays bass on two songs. I am very lucky to know so many talented people!

ーーあなたの曲作りの秘訣は?心がけていることはありますか?
そうだね…”キャンプファイヤー” テストかな。何それって?キャンプファイヤーを囲んでギター1本で友達と一緒に歌えるような、良いメロディーと素敵なコード進行の曲ってこと。そこさえしっかりしてれば、あとはどんなプロダクションをしたって大丈夫!
Q. What is the secret of the making of your songs? Is there anything that you keep in mind for songwriting?
Well, they all have to pass the “campfire” test. That’s where you play the song in its most basic form, like you’re singing and playing guitar around a campfire with your friends. If it sounds good with just the melody & chords: it’s a good song. It should only get better with more production & layers/etc.
 
ーー今作の聴きどころを教えてください
こんな質問待ってた!バラエティーにとんだアルバムだから、どれ聴いても楽しいよ。レコードでいうA面の流れは特に良いんだよね。MVも作った”Stop the Thinking” の位置が絶妙じゃない?
Q. What is the highlight of this album which you recommend?
Good question! There’s a lot of variety, so there will be something for every listener I hope. But I think listening to side A on vinyl is a very nice experience. Other than that, maybe my music video for “Stop the Thinking” is a good place to start, people seem to like that song a lot.
SCS-4770
ーーあなたを虜にしてしまうパワーポップの魅力って何ですか?
こんなこと語れるなんて嬉しいな!僕がパワーポップを愛する1番の理由は、やっぱりソングライティング。いつだって革新的で実験的でチャレンジ精神に溢れてるんだ。今時のメインストリームの音楽なんて守ってばかりで売れ線狙いで退屈。そんな奴らのせいで良いパワーポップが隅っこに追いやられてるなんて悔しいけど、良い音楽は時代を超えて愛されるからね。60年代の素晴らしいソングライター達が灯した明かりは、いまだに僕らを照らし続けてるからね!
Q. Your music is reminiscent of the golden age of Power Pop. For example, The Beatles, Beach Boys, FOW, and many more. Would you tell me the reason why you are fascinated with Power Pop?
I am very flattered to hear that! I love power pop for many reasons, but I think it’s the songwriting. I think these artists are the only ones still trying to reach new heights and break the mold of usual/formulaic songwriting. A lot of the mainstream music I hear today is so very safe and bland, (good) power pop lives outside of that realm, and give us something both extraordinary and timeless. It is amazing to see artists pass the torch of great songwriting that started with all the master songwriters of the 1960s, we need to keep that legacy alive!
 
ーーもしタイムスリップできるとしたら、どの時代に行って誰と一緒にプレイしてみたい?
マジでか…超がつくくらいの音楽オタクの僕が、1つの時代なんて選べるわけないって!ショパンやチャイコフスキー、ベルリオーズが作曲してるとこも見てみたいし、スコット・ジョップリンのラグも見たいし、ファッツ・ウォーラーにピアノを習いたいし、ビートルズのスタジオにも潜入したいし、 レイ・デイヴィスの曲作りにもお邪魔したいし、近藤浩治がスーパーマリオやゼルダの曲を作ってるとこも見たいし…やっぱダメだ!
Q. If you could pick any time to travel back to for music, What year would you go and who do you want to play with?
Oh man, I’m such a huge music nerd I’m not sure I could choose just one. I would love to travel way back and watch Chopin, Tchaikovsky, and Berlioz compose. I would love to watch Joplin write all of his rags. I would love to take stride piano lessons from Fats Waller. I would love to be in the studio with The Beatles. I would love to write songs with Ray Davies. I would love to watch Koji Kondo write the music for Super Mario Bros. and Zelda. There is too much great music in the world!
 
ーー最近のお気に入りは?
ポール・マッカートニーのソロ作をよく聴いてるよ。何週 か前にポールのライブをLAで観たんだけど、その前に6、7枚アルバムを買ったんだ。ソロ作全部持ってたわけじゃないからね。ほんと素晴らしいとしか言いようがないよ。
Q. What tunes are currently on your heavy rotation?
I’ve actually been listening to a lot of Paul McCartney’s solo albums. I just saw him a few weeks ago in Los Angeles and just before that I bought like 6 or 7 of his solo records because I don’t have all of them (there are so many!) His output is… incredible to say the least.
 
ーー注目している新しいバンド/アーティストは?
最近のは本当に聴かないんだ。でも、バンドのメンバーや友達のバンドのはよく聴く。友達のティミー・ミルナーは素晴らしい曲をたくさん作るし、パワーポップじゃないけどフェロウロボットとかバンディーっていうバンドも最高だよ。
Q. Are there any newer bands/artists that have caught your attention?
I’m pretty bad when it comes to listening to newer bands. But luckily since I’ve been playing live with my band, I’ve been able to play with some other cool bands lately. My friend Timmy Milner makes great music, plus my friends in the bands Fellow Robot and Bundy are doing some very cool things too. Not all necessarily power pop, but they are very good live bands.
 
ーー音楽産業は以前とは比べものにならないほど変化しました。この変化をミュージシャンとして、どう感じていますか?そして、この変化はあなたに何をもたらしたでしょうか?
良し悪しそれぞれ。簡単に作品を発表できるようになったけど、大勢の人が作曲をするようになったから、良いものを見つけることが前より難しくなった。あと、音楽にお金を使わない人も増えた。でも、インターネットのおかげで世界中たくさんの人に自分の音楽を知ってもらえるようになったことは紛れもない事実。幸いにもSpotifyでは多くの人に聴いてもらえてるし。特に海外のファンにも知ってもらえるのは素晴らしいことだよね。
Q. The music industry has changed a lot. I think that it is a benefit of the Internet. How do you feel the present music industry to be as a musician? What did it bring you?
It’s a mixed bag. It can be easier to make and release music, but there are so many people making music these days, it’s hard to get seen and heard above the noise. Plus, a lot less people are buying music these days. But I think it IS also easier to reach a lot of people all around the world thanks to the internet. I’ve been luckily able to have some success on Spotify and now lots more people, especially overseas, know who I am know. Which is a really cool (and weird!) feeling.

ーー今後新たに挑戦したいことは?
もっとリリースしたいんだけど、僕はけっこう完璧主義者だからコンスタントに出すのは難しいかも。何かこう、ちょうどいい感じでやれるといいんだけどね。
Q. What will it be in future that you want to challenge?
I want to release music more consistently, but I tend to be a perfectionist so this can be hard for me. I hope to find the middle ground and work on this!
 
ーー今後の活動予定を教えてください
もっとバンドでライブやりたいし、ツアーにも出たい。このアルバムを出すまで結構時間がかかっちゃったから、今度はシングルかミニ・アルバムみたいな感じになるかも。もっと早く作業しないといけないな。ファンを待たせたくないからね。
Q. Please tell me your plans from now on.
I have a live band now, so we’ve been playing a lot lately and it’s been a lot of fun. I hope to tour more. Recording wise, my last record took too long to make so hopefully I can release some singles or shorter recordings so I can get them out more quickly. Don’t want to keep people waiting too long!
 
ーー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
日本が大好きだし、こうやって僕の曲を聴いてくれて本当に感謝しているよ。いつか日本に行ってライブをやりたいな。パワーポップ好きな友達にもぜひ僕のこと教えてあげてね!インスタは @sofa_city 、フェイスブックとツイッターは @sofacity 。フォローしてね!何年か前になるけど、この曲をレコーディングしたんだ。日本語は苦手だけど、頑張ったよ!楽しんでね。
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
I love your country and I am very honored to have you listen to my music! I hope to visit Japan again someday soon and perform. If you have any friends that like vinyl/power pop, please tell them about Sofa City Sweetheart!
Also, please find me on Instagram @sofa_city or on Facebook/Twitter @sofacity

Also, I recorded this a few years ago. I don’t speak Japanese, but I tried my best, I hope you enjoy!

おまけ “上を向いて歩こう”

Translate »