Thrift Store Halo “Consolation Prize Fighter”

ThriftStoreHaloシカゴのパワーポップ・トリオThrift Store Haloの最新EP。
98年にアルバム「World Gone Mad」をリリース後に一旦解散。そして、時は2017年、Frank Gradisharを中心に再始動(この辺のいきさつは過去のインタビューをご参照ください)。startripとも深い縁のあるバンドなので、つい力も入ってしまうところだけど、落ち着いて紹介しましょ。
早くも5枚目のEPとなる今作でも、彼らならではのフックの効いたメロディーと力強いボーカルを堪能できる。
Thrift Store Haloらしいミドル・テンポのロックンロール#1や、甘いラブソングの#3、ソリッドなギターカッティングとサビ前のフックが効いてる#4など聴きどころは満載だが、90年代UKロックからの影響をしっかりと形にした#5!これはバンドの新境地と言ってもいいかも。今までのTSHにはなかったテイスト。こんな曲聴かせられたら必然的にアルバムへの期待が高まってしまうよ。早よ!

Frankが特に影響を受けたバンドの楽曲がSpotifyのプレイリストにまとめられてるので、この辺をチェックして知っておくと、よりThrift Store Haloのことを深く知ることができる。BOTB的にはThe Jam/Town Called MaliceやThe La’s/There She Goesあたりがセレクトされてるところにシンパシー。この機能、とても良いね。

Translate »