【Interview】Jody Porter (Fountains of Wayne)

“俺にとって、ギターは3本目の腕みたいなものだ”

ご存知Fountains of WayneのギタリストJody Porter。先ごろリリースされた自身3枚目となるソロ・アルバム『Pacifier』は、サイケデリック〜シューゲイザーなどが加味されたソリッドなロックンロール・アルバム。新作、ギター、そして休止中のFoWについてなど、Startripだけに語ってくださいました。IMG_3251

ーーアルバム発売おめでとうございます。心待ちにしていました。率直に今のお気持ちはいかがですか?
すべて順調、うまくいっている。5月に短いツアーでアメリカ国内を回るんで、ナッシュビルでウォーミングアップしたところなんだ。
Q. Congratulations on “Pacifier”. I’ve been waiting for this day. Frankly speaking, how is the present feeling?
Things are going well. Starting a short US tour in may and just did a warm up in Nashville.
 
ーーアルバム・タイトル『Pacifier』の由来は、どこから来ているのでしょうか?
収録曲の大半は、昨年ロスアンゼルスの太平洋沿岸で書いた。息苦しくてストレンジな世界で生きているっていう現実から抜け出すことの必要性を表しているんだ。
Q. What is the origin of title “Pacifier”?
It was mostly written by the Pacific in LA last year. It reflects the need to have an escape from reality as we are living in a very tense and strange world.
 
ーー3つの言葉で“Pacifier”を表現すると?
Psychedelic(サイケデリック)
Unconventional(型破りな)
Powerpop(パワーポップ)
俺は昔から型にとらわれない自由なサウンドを好んでいる。Fountains Of Wayneの前、90年代前半にロンドンを拠点にしていたバンド(The Belltower)も、そんな感じのサウンドだった。それから、ブライアン・イーノのサウンド・スカルプチャー的なプロダクションにも、のめり込んだな。Fountainsでも時々そんなアプローチを試みているよ。
Q. Please express “Pacifier” using three adjectives. (And Why?)
Psychedelic
Unconventional
Powerpop
I’ve always had a penchant for different unconventional sounds. Before Fountains I had my band which was based in London in the early 90s. I got familiar with Eno style production which is more like sound sculptures. I did bring some of that approach to fountains at times.
 
ーー今作の構想や曲作りはいつ頃から?何曲くらい用意しました?
結果的に未収録になった曲は2、3あったな。この11曲が俺のヴィジョンに完璧にフィットしたと思う。In the beginning’で始まり、’The last chapter’で終わる…まるで1冊の本を読み進めるかのようなアルバムにしたかったんだ。
Q. “Pacifier” is a thrilling and amazing rock album! When did you elaborate a plan from? When did you write these songs? How many songs did you make?
There are a few extras that I didn’t include. I wanted it to run like a reading a book. It starts with “In the beginning” and ends with “The last chapter.” I felt the 11 songs fit that vision to make a complete album.
 
ーーレコーディングは順調に進みました?苦労した点などありましたか?
ソロ・アルバム3枚の中で、1番楽に早くできたアルバムだよ。
Q. Did the recording proceed smoothly? Were there the points that had a hard time?
It was the easiest and quickest one of the 3.
 
ーー馴染みのミュージシャンが参加されていると思うのですが、レコーディングに参加したメンバーを教えてください
俺のバンド(the Berlin Waltz)のドラマーCobb Ervin、FountainsのBrian Youngも何曲か叩いてくれた。その他、ヴァイオリン以外の楽器はすべて俺だ。何曲かはドラムも叩いてるよ。
Q. Your familiar musician participates in “Pacifier”. Is the drummer Brian Young?Please tell me the member participating in recording.
Brian plays on a few as well as my current drummer Cobb Ervin. I played drums on a few and the other instruments except violin.
 
ーーレコーディングで使用した主な機材を教えてください
ギターはフェンダーかギブソンで、ほとんどテレキャスターかレスポール。アンプはマーシャルがメインで、あとはブティック系のをいくつか使ったな。
Q. What are the main equipments which you used in this recording?
Guitars were a variety of Fenders and Gibsons. Teles and Les Pauls mostly. Amps were Marshalls and a few boutique amps here and there.
 
ー今作の聴きどころを教えてください
もちろん全曲さ。現在の政治情勢を表している’Armageddon Blues’は、特に際立っていると思う。あとは’By your side’。
Q. What is the highlight of this album which you recommend?
I think of it as a whole but I guess “Armageddon Blues” stands out in the current political climate. Also “By your side.”
 
ーあなたが率いているバンドthe Berlin Waltzについて、お聞かせください
Joan Chew(B)とPete Hogan (G)とは、一緒にやり始めて数年経つ。ドラムのCobb Ervinとはスタジオで出会ったんだ。すでに何度かライブをやったけど、とてもパワフルでダイナミックなバンドだ・サウンドだ。
Q. Please explain about your band, the Berlin Waltz.
Joan Chew and Pete Hogan (bass, rhythm g) and I have been playing together for a few years and Cobb joined me in the studio. We’ve done a few shows and there’s a very powerful dynamic there.

ーーギター・コレクションについてお聞かせください。あなたはたくさんのギターをお持ちですが、だいたい何本くらいお持ちなんですか?
難しいな…だいたい30本くらいかな。
Q. I suppose you have many guitars, how many do you have around?
Hard to say. Probably like 30 or so.
 
ーーなかでも、特にお気に入りの1本は?
もし1本しか持っていけないのであれば、63年製ジャズマスターを選ぶよ。とにかく、ライブ向きの良いギターなんだ。
Q. Among them, which is particularly favorite one of them?
If I had to pick one it would be my ’63 jazz master. Great for live.
 
ーーあなたの音作りの秘訣は?
自分のトーンを見つけ出すまで試行を重ねることだ。大切なのは、”自分の音”の80%は自分の指からだということ。俺はどんな機材であっても、”自分の音”を出せる自信がある。機材をモディファイすることは好きじゃないね。
Q. What is the secret of the making of your guitar sound?
Just experiment until the tone works. I think it’s 80 percent in the fingers. I can dial up my sound with pretty much any gear. I don’t like to modify anything.
 
ー影響を受けたギタリストを3人挙げてください。
ジミー・ペイジ、ケヴィン・シールズ、キース・リチャーズ
Q. Please enumerate three guitarists whom you came under a big influence of.
Jimmy Page, Kevin Shields, Keith Richards
 
ーーギターを上手に弾くコツはありますか?
早く始めること。
Q. Is there a trick to playing the guitar well?
Start early
 
ーあなたにとって、ギターとは?
3本目の腕みたいなものだな。
Q.  What kind of existence is “Guitar” for you?
It’s like a third arm.
 
ーずっとFountains of Wayneの近況が気になっているファンも大勢います。差し支えなければ、2012年の来日公演から現在に至るFountains of Wayneの状況を聞かせてください。
俺達がすぐに活動を再開するということはないだろう。他のことをするために休むのも悪くないことだ。
Q. Many fans are interested in FoW’s current situation.  If you do not mind, please tell me the situation of the FoW to the present time from live in japan 2012.
Yes. We probably won’t be doing anything soon. Taking a break to do other things is always a good thing.
 
ーー曲作りやレコーディングは行なっていますか?また、今後何かリリースの予定はありますか?
俺達は20年以上の長きにわたって活動を共にしている。現在は各自それぞれ興味があることに集中すべき時期なんだろう。AdamとBrianとは、The Monkeesの最新作(Good Times!)のレコーディングに参加したよ。
Q. Is there a possibility that you and Chris and Adam will write a new song for FoW? I hope that new album will be released. Do you have any plans for a new release in near future?
I think after 20 years off and on we all felt we should focus on different things although myself, Adam and Brian all did the recording on the Monkees latest lp.
 
ーーあなたにとって、Fountains of Wayneとは?
素晴らしい時を共に刻める良き仲間達だ。
Q. What is the Fountains of Wayne for you?
It was a great time with some good friends.
 
ーーこれまでに書いた曲の中で最も気に入っているものは?
Valerie Sometimes’!あと、1stに入っている’Aurora’も好きだ。
Q. Out of all the songs that you have written, what is your most favorite?
Probably “Valerie Sometimes” and I like “Aurora” from the first album too.
 
ーステージで演奏する時に1番大切にしていることは何ですか?
即興性。あとメンバー全員が同じ気持ちでいること。
Q. What is it to be the most important when you play it on a stage?
Improvising and all being on the same page.
 
ーー最近のお気に入りの音楽を教えてください
最近聴いたなかでは、グッと来たものは何もないな。昨晩も良いバンドをいくつか観たけど、奴らはレコードを出してないんだ。いつか俺がプロデュースするかもしれないな。
Q. Do you have any favorite music recently? If you do,  which one is it?
I haven’t heard anything that blows me away recently. Saw a few good bands last nite but they don’t have records. I may produce them at some point.
 
ーー音楽産業は以前とは比べものにならないほど変化しました。この変化をミュージシャンとして、どう感じていますか?そして、この変化はあなたに何をもたらしたでしょうか?
俺的には変化は必然だな。
俺は変わるべきだと思ってるよ。多くのくだらない音楽が晒されることになる。iTunesとかが出てくる前の方がよかったよ。
Q. The music industry has changed a lot. I think that it is a benefit of the Internet. How do you feel the present music industry to be as a musician? What did it bring you?
To me it needs to change. There’s a lot of crap that gets exposure. I liked it better before iTunes and all that.
 
ーーもしも無人島に5枚持っていくとしたら?
「Revolver / The Beatles」「Exile On Main Street / The Rolling Stones」「Loveless / My Bloody Valentine」「Goo / Sonic Youth」
あとは、もちろん「PACIFIER」だ。
Q. If you were stuck on a desert island what five albums/CDs could you not live without?
Revolver, Exile On Main Street, Loveless, Goo and of course PACIFIER
 
ー20年以上のキャリアの中で、変わっていったものってありますか?
たくさんあるな。あまり深く考えすぎないようにしたり、深読みし過ぎてバンドをダメにしないようにする術とか学んだよ。
Q. In a longtime career more than 20 years, any changes your mind from then?
Many. I’ve learned how to take it less seriously and not spoil the party by over analyzing things.
 
ー逆に、変わらず持ち続けているものは何でしょうか?
絶望は俺に取って曲を書く時のいいモチベーションだ。いちど書き始めたら止められない。カタルシスでもあるんだけど、その間に時間を置かないとできないんだ。
Q. On the other hand, what is the feelings that never change?
Desperation is a good motivator for me to want to write. Once I get going I usually can’t stop. It’s cathartic too but I can’t do it without taking time between.
ーー今後の活動予定を教えてください
年内にはツアーがある。あとは他アーティストのプロデュースが決まっている。
Q. Please tell me your plans from now on.
Tour for part of the year and produce some other artists.
 
ーー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
オーディエンスがいつも熱心に演奏を楽しんでくれるから、俺は日本が大好きだ。とても感謝しているよ。
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
It’s always been my favorite place to play. The crowds are always enthusiastic and we appreciate that.