【News】Little Barrie | 新作『デス・エクスプレス』が来年2月に日本先行で発売決定

Little Barrieプライマル・スクリームモリッシーのバックギタリストとしても活躍し、ポール・ウェラーケミカル・ブラザーズのレコーディングにも参加するなど人気ギタリストとしての顔を持つバーリー・カドガン(Vo,G)率いる3ピース・バンドLittle Barrie(リトル・バーリー)、通算5作目となる新作『デス・エクスプレス』が、2017年2月22日に日本先行リリース決定。

《以下、公式インフォメーションより》
2005年に『ウィー・アー・リトル・バーリー』で鮮烈デビューを飾り、ここ日本でも熱狂的なファンが多くいる英ノッティンガムの3人組ロックバンド、リトル・バーリー。先月、5作目となるニュー・アルバム『デス・エクスプレス』の完成を発表した彼らが、本アルバムを2017年2月22日に日本先行で発売する事を決定!さらに、ジャケットには2015年東京にて行われた単独公演の際に、日本のファンが撮影したライブ写真をジャケット画像として使用することが明らかになった!バーリー自身がインスタグラム上でその写真を見つけ、バーリーの大ファンだという撮影者の方に承諾を得て実現した。世界中のどこよりも早い日本先行発売の上に、日本で撮影された写真がジャケットとなった本作は、日本のファンの事を特別に想っている彼らからの嬉しいサプライズ・プレゼントだ。

本作はバンドによるセルフ・プロデュースで、グラミー賞ノミネート経験もある敏腕、トミー・フォレスト(ベースメント・ジャックス、デューク・デュモン)がミックスとポストプロダクションを担当した。トラックリストはまだ発表になっていないが、アルバムには先月公開された「Love Or Love」と「(Nothing will) Eliminate」に加えて昨年発表されたシングル「I.5.C.A」も収録予定とのこと。

フロントマンのバーリーは、アルバムについて次のようにコメント。
「同じ事を繰り返したくなかった。常に前進し続けたい。好みは変わるものだし、自分の行きたい方に進むとバンドの音にも変化が出てくる。僕たちはライブ以外にもレコーディングやリハーサルでかなりの時間を一緒に演奏してきた。今、バンドにはパフォーマンスの要素がより濃くでていると思う」。バンドの活動以外にも世界各地で公演を行う傍らで、ザ・ストーン・ローゼス、ダイナソーJr.、カサビアン、プライマル・スクリームなど、数々の大物ミュージシャンのサポートとして参加し、メンバーそれぞれが絶えず演奏技術を磨いてきた。11月末にはUKツアーも敢行し活動が活発になっている彼ら。極上ギターロックが詰め込まれた新作を引っさげての来日公演の実現にも期待したい。

Death Express by Little Barrie
リトル・バーリー「デス・エクスプレス」
レーベル:Hostess Entertainment
発売日:2017年2月22日(水)【日本先行発売】
品番:HSE-6338
価格:2,400円+税
※日本先行発売、ボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)