【News】The Pen Friend Club | ついに4thアルバムの詳細が明らかに

4fcc50_d8ca0f066ef74c8a9864908662b0dd3emv2聴く者すべてを多幸に満ちた陽射しで優しく包み込むThe Pen Friend Club、待望の4thアルバム詳細が明らかになりました。
タイトルは『Wonderful World Of The Pen Friend Club』、アイドルユニットRYUTistへの楽曲提供で話題となった”ふたりの夕日ライン“のセルフカバーや、ナイアガラー必聴 “夏のペーパーバック“、The 5th DimensionLove’s Lines, Angles and Rhymes“など名曲のカバー群に、バンドの個性が存分に味わえるオリジナル曲を合わせた全10曲入りで、前3作同様、それぞれステレオ&モノラルの2バージョンを収録した計20トラック。
ライナーノーツは、『陽だまりの彼女』などで知られる作家の越谷オサム氏。
揺るぎないサウンド表現はそのままに、さらに進化した輝きを放つ4枚目のアルバム!こだわり抜かれた完全セルフプロデュースのサウンドメイキングと世界観が新たな境地へ到達したThe Pen Friend Clubの最高傑作、発売まで、あと2ヶ月!

『Wonderful World Of  The Pen Friend Club』
発売日:2017/02/08
品番:SZDW-1029
価格:¥2,500(税抜)
ライナーノーツ:越谷オサム
発売元:サザナミレーベル
STEREO
1.ふたりの夕日ライン
2.微笑んで
3.River Deep – Mountain High
4.Born To Be Together
5.ソーダ水の空
6.夏のペーパーバック
7.Love’s Lines, Angles and Rhymes
8.8月の雨の日
9.Wonderful World Of The Pen Friend Club
10.Sherry She Needs Me
MONO
11.ふたりの夕日ライン
12.微笑んで
13.River Deep – Mountain High
14.Born To Be Together
15.ソーダ水の空
16.夏のペーパーバック
17.Love’s Lines, Angles and Rhymes
18.8月の雨の日
19.Wonderful World Of The Pen Friend Club
20.Sherry She Needs Me

《The Pen Friend Club》
2012年に平川雄一により結成。The Beach Boys、Phil Spector周辺の60年代中期ウェストコーストロックをベースとした音楽性を表現する稀有なバンド。2015年にはザ・ゾンビーズ来日公演のオープニングアクトも務めた。過去3枚のアルバムはロングセラーとなり、後日に全てLP化されるなど、コアな音楽ファンにも評価が高い。公式サイト:http://the-pen-friend-club.wixsite.com/the-penfriendclub