【Interview】Juan Pablo Mazzola (Baby Scream)

アルゼンチンの音楽と聞いて、パワーポップが真っ先に浮かぶ人はなかなかいないでしょう。私もその1人です。そんな状況において、まさに孤軍奮闘ともいえる活動を続けているアーティストがいます。Juan Pablo Mazzola=Baby Scream、The Beatlesを敬愛する彼の音楽は、作り手の温もりが伝わってくる心地良いポップ・ロック。新作『Life’s a Trap』リリースに合わせ、原点に迫るインタビューをお届けします。

 

babyscream2ーニュー・アルバム発売おめでとうございます。今回のインタビューで初めてあなたのことを知る音楽ファンもいるかと思いますので、まず最初に簡単なプロフィールからお聞かせ下さい。
私はアルゼンチンのシンガー/ソングライターJuanです。父の仕事の関係もあり、小さな頃からいろいろな国に住みました。80年代にはニューヨーク、90年代にはロンドン、他にローマやパリなど…退屈な時はいつもラジオを聴いて過ごしていたんです。そして、音楽ファンになりました。
Q. Congratulations on “Life’s a Trap”release. There may be a new fan knowing you by this interview for the first time. Therefore, at first tell it from your simple profile.

Well, I’m a singer songwriter from Argentina, I have lived in a few different countries, my childhood was a bit weird because I used to spend a lot of time away from home due to my father’s job….so I lived New York in the 80’s, London in the 90’s, Rome, Paris…I was so bored that I ended up listening to the radio all the time, eventually I became a music fan….the rest is history.

ー3つの言葉でBaby Screamを表現すると?
Sad (悲しみについて書くことがあるから)
Frustrating (何かが起こることを待ち望んでいるから)
Fun (楽しいことをしているから)
Q. Please express Baby Screamusing three adjectives.
Sad (because I write about sad stuff)
Frustrating (because I’m still waiting for something to happen, lol)
Fun (because I have a lot of fun doing it)

ーアルバムについてお伺いします。今作の構想や曲作りはいつ頃から?
そうですね…私はアルバムの為に曲を書くということはなくて、絶えず書いています。そして、ベストと思える曲を12ヶ月おきに選んで毎年レコーディングしているんです。
Q.Life’s a Trap is awesome! When did you elaborate a plan from? When did you write these songs?
It’s weird, it’s not that I write songs for an album, I write a lot of songs…constantly. I try to choose the best of them every 12 months, then I record them….

babyscream5ーレコーディングは順調に進みました?苦労した点などありましたか?
全く苦労はしていません。数年前、私は偉大なソングライター/プロデューサーのNick Schinderに出会いました。一緒に数枚のアルバムも制作しています (『Fan, Fan, Fan』『The Worst Of』)。私は自宅にPro Toolsを導入しているので、自分のパートは家で録音しています。子供たちが文字通り「飛び跳ねたり叫んだり」しているリビングでね笑。その後にNickのスタジオで残りを録るんです。
Q. Did the recording proceedsmoothly? Were there the points that had a hard time?
No hard times at all, really….a few years ago I met this great songwriter / producer called “Nick Schinder”, we already did a few albums together (Fan, Fan, Fan & The Worst Of)
I bought a mini studio, you know pro tools and stuff…so I recorded my parts at home, literally in the living room with my baby daughter screaming and jumping, lol….then we did the rest at Nick’s studio.

ーアルバム・タイトル『Life’s a Trap』の由来は?
“We Can’t Go Back To 17”という曲中で、「Life’s a trap, this I know….」という一節があるのですが、これがタイトルにもぴったりだと思ったんです。なかなか良いでしょ?
Q. What is the origin of title “Life’s a Trap”?
There’s this song in there called “We Can’t Go Back To 17”….I sing “Life’s a trap, this I know….” and it’s a funny thing you know….it really is…btw, so I thought it was a nice title.ーあなたがこれまでに人生の罠にかかったことは?
いつも、ですね。私たちは皆、刑務所にいるようなもの。私たちは皆それぞれに異なる地獄があります、もちろん私も。どこに行こうとも、それが常に私を悩ますと思っています。私は感情で誰も傷つけないように心がけています。たぶん、沈黙は良いツール、相手を黙らせる場合にもね。
Q. Have you been trapped by the life so far?
Always, it’s a prison, we are all trapped in a prison. We all have different hells, I have mine and I believe it haunts me all the time, wherever I go. I try not to hurt anybody with my feelings, maybe silence is a good tool, just shutting the fuck up.

ー今作の聴きどころを教えてください
娘へ書いた“Climbing Down” ですね。あとは、音楽業界の問題を描いた“The Ballad Of Music Biz”。
Q. What is the highlight of this album which you recommend?
Probably “Climbing Down”, a song I wrote for my daughter and also “The Ballad Of Music Biz, a song about the problems with the music business.

ーあなたの楽曲はパワーポップ黎明期を彷彿とさせます。私にあなたがこの音楽に魅了される理由を話してもらえますか?
私はジャンルを問わない音楽ファンですが、なかでもキャッチーなメロディーが好きです。13歳の頃からレコードを収集していますし、ヘビーメタルもジャズもポップスもロックもブルースも好き…ですが、パワーポップの曲を書いたり歌ったりしている時が一番気持ち良いんです。まるで、ジョン・レノンに取り憑かれているかのようです。
Q. Your music is reminiscent of the early days of power pop. For example, The Beatles, Big Star, Badfinger and many more. Would you tell me the reason why you are fascinated with these band?
I adore catchy melodies, I’m a music fan actually, I love all kinds of music…I’ve been collecting records since I was 13 yeas old so go figure, I’m a heavy Metal fan, a Jazz fan, a Pop fan, a Rock fan, a Blues fan…but I feel comfortable singing and writing Power Pop songs. I’m kinda obsessed with Lennon, so…..

babyscream1ー長年にわたり、あなたを創作へと駆り立てるその原動力は何ですか?
そうですね…心に開いた大きな穴を何かで満たす為、ですね。
Q.  What is the motivation that you fuel the spark of imagination for many years?
The big question mark, I have this huge hole in my spirit, I need to fill it with something because life is not enough.

ー最近のアルゼンチンの音楽シーンはどんな感じなんですか?
時に閉鎖的すぎるきらいがある…何というか、アルゼンチン人だということを意識しすぎているという気がします。一部のバンドは欧米に近づこうと日々奮闘を続けています。私はアルゼンチンのエッセンスを取り入れようと心がけてはいますね。アルゼンチンにも良いバンドはたくさんいるし、私も大好きです。私はこの国に生まれたことを誇りに思っています。
Q. The Argentinian music information does not hardly become available. How about the music scene of recent Argentina?
Sometimes it’s too “closed” if you know what I mean, it is too “Argentinian”, haha…so some of them bands really struggle with trying to reach other shores….what I do is totally British / American related, I try to add some Argentinian elements though.
I really like some of the bands from Argentina, but I believe I can appreciate that because I was born here, it’s not like German or Swedish roc, they are totally influenced by the US or England.

ー音楽産業は以前とは比べものにならないほど変化しました。国境も言語も関係なく、誰もが世界中の聴衆に自分自身の音楽をアピールできる時代です。この変化をミュージシャンとして、どう感じていますか?そして、この変化はあなたに何をもたらしたでしょうか?
それは良い面ですね笑。一方で私たちは多くを失いました。レコード店は減少し、詳しいスタッフもいなくなってしまいました。自分だけのお宝を捜し当てたり、偶然の出会いがあったり、記事を読んだり…でも、日々変化し続けているこの業界、明日のことは神のみぞ知るという感じですね。悲観的にはなりたくない、多くの人々は常に新しい音楽を聴けるようになったんですから。
Q. The music industry has changed a lot. The country and the language do not matter. In our time, anyone can appeal to audience of the world for own music. I think that it is a benefit of the Internet. How do you feel the present music industry to be as a musician? What did it bring you?
Well, that’s the good side…haha…now on the other hand, we lost a lot of things, like going to the record store and buying stuff, I mean..you can still do that but it’s not he same, that was the only way back then….it took a huge effort to find the items, treasure them, read the articles, etc…but we are changing 24 / 7, so it’s all god you know. I won’t complain about it, really, it’s useless and like you said…a lot of people can listen to new music, all the time.

ーもしも無人島に5枚持っていくとしたら?
う〜ん…これは迷うなぁ。『Plastic Ono Band』John Lennon、『Paranoid』Black Sabbath、『Harry』Harry Nilsson、『14 Songs』Paul Westerberg、『Spilt Milk』Jellyfishですね…でも、The JayhawksもBig StarもElton JohnもThe ReplacementsもThe WildheartsもSoul Asylumも…!
Q. If you were stuck on a desert island what five albums/CDs could you not live without?
Uuuufff, what a question.
I don’t know really, haha….probably Plastic Ono Band by John Lennon, Paranoid by Black Sabbath, Harry by Harry Nilsson, 14 Songs by Paul Westerberg and Spilt Milk by Jellyfish…but what about The Jayhawks, Big Star, Elton John, The Replacements, The Wildhearts, Soul Asylum, lol…..

ー今後の活動予定を教えてください
実はカバー・アルバムを制作中なんです。ちょっと奇妙な感じになりそう。またブラジルにもツアーに行きたいですね。日本にも行きたいです!
Q. Please tell me your plans from now on.
I’m working on a covers album, it’s going to be a weird one, and maybe I’ll tour Brazil again.
I want to go to Japan!

ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
待っててください!何とかして行けるようにしたいと考えているので。お寿司も取っておいてね。
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
Wait for me! There’s gotta be a way to get there somehow, haha…and save some Sushi!