【Interview】Cirrone Band

2011年にリリースされた傑作アルバム『Uplands Park Road』が、世界中のパワーポップ・ファンやレビュアーたちの間でも話題になり、各パワーポップ系サイトでは軒並みベスト・アルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、まさに彗星の如くイタリアから現れた兄弟バンドCirrone Band。あれから5年…3兄弟が語るバンドの「今」そして「未来」とは?

cirrone-2ー今回のインタビューで初めてあなたのことを知る新しいファンもいるかと思いますので、まず最初に簡単なプロフィールからお聞かせ下さい。
僕らはアレッサンドロ、ブルーノ、ミルコの兄弟3人(Cirroneは名字)と友達のドラマーとで結成したイタリアのバンドCirrone。子供の頃から一緒にプレイしているんだけど、初めてのコンサートをした時、1番下の弟ミルコはまだ13歳だったんだ!それからはノンストップで音楽をやり続けている。最初の10年くらいはThe Apple Scruffsっていうバンド名だったんだけど、2011年にクラブ・ツアーでニューヨークに行った時に、ビッグ・アップルの誰もが僕らを三つ子の兄弟だと思っていると気がついたんだ。DJやお客さんもCirroneと呼んでいたしね。 そこで僕らは自身の名前をバンド名にすることに決めたんだ。 僕らのアイデンティティは、その時に確立されたって訳さ!程なく僕らはホーム・タウンでも有名になり、ライブもたくさんやり始めた。この頃はビートルズやR・ストーンズとかの60年代ロック、チャック・ベリーやエルヴィスなどのロックンロール・ナンバーをレパートリーにしていたな。それから間もなく、僕らはオリジナルを書き始めた。オーディエンスの反応を見ながら、日々ソングライティングの腕を磨いていったんだ。そして、より大きなステップをする時が来たと思った時、リバプールで行われた大きなフェスティバルに応募した。イギリスの観衆の前でプレイするなんて少しドキドキだったけど、チャレンジして本当に良かった!熱狂の渦だったんだよ!この信じられないほど素晴らしい経験が、僕らの意識が変えてくれたんだ。行動すれば何かが起こる!ってね。
リバプールに初めて行ったのは子供の頃。両親と一緒に旅行に連れていってもらったんだ。今でも覚えてるよ。観光名所でもあるキャバーン・クラブとビートルズ博物館に行ったっけ。たまたまそこで、母さんがビートルズの1962/70コレクションLPを買ってくれてね、イタリアに帰ると僕らはそのLPにもう夢中! アコースティックギターで基本のコードを覚えて、それからは練習練習の毎日。あれから9年(エール22歳ブルーノ21歳ミルコ19歳)、バンドとしてリバプールに演奏しに来ることが出来たんだ。夢がひとつ叶ったよ!リバプール市長にも知ってもらえて、記念の額も貰ったしね。
Q. There may be a new fan knowing you by this interview for the first time. Therefore, at first tell it from your simple profile.
We are an Italian band formed by three brothers: Ale, Bruno and Mirko   (Cirrone is our surname) plus a friend who plays drums. We started playing when we were just kids. The youngest of the three of us was 13 years old when we had our first concert. Since then we never stopped making music. We were called The Apple Scruffs for almost 10 years of activity. (In 2011 we were in NY City for a tour in the clubs and noticed that everybody in the Big Apple was thinking we were triplet brothers and DJs and people were calling us Cirrone. So we decided to be ouselves also for the name of the band. Our identity was now completed!
We soon became very popular in our town and started to have a lot of gigs.  At the time we used to play classics from the sixties repertoire like the Beatles and the Rolling Stones, also some rock’n’roll numbers by Chuck Berry, Elvis and others.
Very soon we started to write our own songs and while testing the reaction of the audience, we improved composing our own stuff day by day. So we thought it was time to do a bigger step. We submitted a public request to participate to a big festival in Liverpool. The idea of playing in front of an English audience and playing also our music was a bit frightening for us but indeed it turned to be an incredible success and our performances drove the people totally crazy! That experience was incredibly amazing, really important and formative because it changed our point of view, Since then we knew we had something going on!
The best aspect of the Liverpool experience was that we went there for the first time when we were just kids as tourists with our parents. So as every tourist in town, we went to visit the Cavern Club and the Beatles Museum. Right there it happened that our mother bought us the 1962/70 collection in vinyl. Once we got home in Italy we became totally mad about those songs! We started to learn rudimentary chords on acoustic guitars and day after day we improved our musical skills. The dream came true when 9 year later ( Ale was 22, Bruno 21 and Mirko 19), we were playing as a band in Liverpool for the international festival. We had tremendous success and even the lord Mayor of Liverpool wanted to know us and awarded us with a plaque

ー3つの言葉でCirrone Bandを表現すると?
Catchy」「 Fresh」「Honest
僕らはビートルズやビージーズ、ビーチ・ボーイズみたいなキャッチーな音楽が好きなんだ。素晴らしいハーモニーも聴けるしね。僕ら兄弟は子供の頃からいつも三声のハーモニーで歌ってたんだ。僕らのもうひとつの長所、それは敬愛するジミ・ヘンドリックスやレッドツェッペリン、AC/DCやクラッシュなどから影響を受けたパワフルなギターとリズム隊。「Honest(正直、誠実)」は、僕らのどの楽曲も自身の内面や真実からインスパイアされているからさ。
Q. Please express Cirrone Band using three adjectives.
Catchy, fresh, honest
We’ve always listened to catchy music like The Beatles, the Bee Gees, Beach Boys and many others.  And as you know there’s a lot of harmonies in those songs. And also being three brothers, we’ve always experimented three-part harmonies since we were kids! Another important aspect of our music we think it’s the powerful guitars and the rhythmic session (Bass and drums) It comes from other musicians we love such as Jimi Hendrix, Led Zeppelin, ACDC, The Clash etc.
With the word “honest” we mean that every piece of music we write has to come from inside and truly inspired.

ー2011年にリリースされたアルバム『Uplands Park Road』、当時はここ日本でもパワーポップ・ファンの間でも話題になっていたのですが、評判は届いてましたか?
2011年にアルバムをリリースした時は2〜3日で世界中から熱いレビューが届いてビックリしたよ。まだプロモーションも始めていなかったのにだよ!レビュアー達が見つけてくれたなんて、本当に誇りに思う。 発売から2〜3ヶ月で、たくさんのパワーポップ・チャートでベスト・アルバム・オブ・ザ・イヤーになったんだ!世界中でたくさんの記事やインタビューを受けたり、ラジオでもいっぱいかけてもらえた。そして、スペイン、イタリア、アメリカへツアーに行くこともできたんだ。もちろん、日本からもリリース後すぐにたくさんのコンタクトがあったんだ。CDなどの仕入れ流通に関しての問い合わせも多かった。 “日出ずる国”日本からたくさんのフィードバックとダウンロードあったなんて、とても嬉しいよ!応援メッセージもいっぱい送ってくれて、ありがとう。すべての日本のファンの皆さん、心から感謝しているよ!
Q. In 2011, ‘Uplands Park Road’ became the topic among power pop fans very much in Japan. Did you hear the reputation?
Since the album was released  in 2011 we started to receive enthusiastic reviews from all over the world. It was pretty amazing because after of couple of days from the release of our album we hadn’t started with the promotion yet. We were discovered by the critics and we’re really proud of it. So in a few months our album became the Best Powerpop album of the year in many Powerpop top charts. We had tons of articles, interviews and radio playlists all over the world and tours organized in Spain, Italy and USA.
Very soon after the release of UPR we were contacted by many people from Japan and we’ve been also asked for the phisical distribution of the album. We had a great feedback and many downloads from the Land of Rising Sun!

It was great to get messages full of positive thoughts from the fans and it makes us happy and proud to be appreciated in Japan! And for this we really want to thank all our Japanese fans!

cirrone-stage-marraleーずっとあなたたちのことが気になっていたファンも大勢います。ぜひ近況をお聞かせください
いつだって1番大切なのは応援してくれるファンの存在。みんながいるから、音楽をやり続けることが出来るんだ!毎日のように、世界中のファンから手紙やメールが届くんだ。もちろん日本からもね!本当に刺激的でスリリングだよ。現在の僕ら、ライブ以外では新作のレコーディングに集中してる毎日だよ。
Q. Many fans are interested in your current situation. What have you been doing recently?
Fans for a band are the most important thing! They give us the motivation to keep on doing music and concerts. We daily receive mails and messages from new fans who discover our music from every country (from Japan too!) and it’s really exciting and thrilling. Apart from playing live, currently we are very concentrated on the recordings of the new album.

ー5月に発表した新曲 “プレシャス” についてお聞きします。この曲を発表した経緯、そして、この曲に込めたあなたの願いを教えてください。
“プレシャス” は、マダガスカルの子供や女性に対する暴力の犠牲者を救済する募金キャンペーン「Nottedoro」の為に6ヶ月くらい前に書いたチャリティー・ソングで、コンピレーションCDに収録されたんだ。このアルバムには他にもたくさんの有名なイタリア人アーティストの子守り歌が収録されているよ。この曲はシンプルな歌詞によるシンプルな曲で、僕らも楽しみながら作ることができた。カリンバのように典型的なアフリカの楽器を使ってループを作り、いろいろなパーカッションや電子ドラムを組み合わせたんだ。それに三声のハーモニーとアコースティック楽器、マンドリンを重ねて完成した。この曲が人々の役に立てたことはもちろん、セルフ・プロデュースで録音したということにも満足しているんだ。
Q. I’d like to ask you about the new song “precious”. Please tell me the process that released this song. What is the wish that you entrusted this song?
The song Precious is basically a lullaby and was written nearly six months ago for a charity purpose to help the fundraising campaign “Nottedoro” which raises money for children and women victims of violence in Madagascar. The song was included in a compilation CD. In the album you will also find lullaby songs by other famous italian artists. It’s a simple song with simple lyrics and the process of composing it was fun too. We created a loop using typical african instruments like the Kalimba and various percussions combined with an electronic drum beat. Then we sang a three parts harmonies and we added acoustic instruments and mandolin. We are pretty satisfied with the result because it was a self produced song but mainly because we helped the charity campaign.

ーそろそろニュー・アルバムが聴きたいのですが…?
ちょうど新曲のプリプロが終わって、レコーディングのプランを練っているところ。12〜14曲くらい録音する準備は出来てるよ。次回作はもっとアップテンポでロッキンなアルバムになりそうなんだ。聴いててフレッシュで楽しいアルバムになると思うよ。もちろん、バラードやアコースティックな曲も入るけどね。前作同様、ミックスはロサンゼルスで( ベン・ハーパー 、 ジョニー・キャッシュ 、 フェニックス 、 ザ・クークス 、 フラテリスなどとの仕事で知られる)トッド・バークと作業すると思う。2017年初頭には準備ができているようにしたい…きっとうまく行くさ!
Q. I want to listen to your new album. How about?
We’ve just finished the pre production of the new songs and we’re planning the recording sessions in the studio. We have about 12/14 songs ready to be recorded. In our next album there will be  more up tempo rock songs. We think and we hope it will be a fresh and fun album to listen to. Of course in the track list we’ll have also some ballads and acoustic numbers.
As the previous one, the new work will be mixed in Los Angeles by record producer Todd Burke who worked with big names such as Ben Harper, Johnny Cash, Phoenix, The Kooks, The Fratellis and many others. We really hope to have it ready at the beginning of 2017. Finger crossed!…ー全曲ともビートリッシュなパワーポップの雰囲気とリスペクトに満ち溢れています。あなた達がパワーポップに魅力を感じている理由は何ですか?
『Uplands Park Load』をリリースした時の面白い話があってさ、僕らは”パワーポップ”的なアイデアなんて全くなかったんだよ!ビッグ・スターとかバッドフィンガーとか、実は僕ら、あまりよく知らなかったんだ。そんなバンドと比較されてね。そこで、気づいたんだ!例え聴いたことや接点のないバンドでも、同じような音楽的ルーツを持っていると、偶然にも共通の魅力を持ったサウンドになってくるものだってね。これこそ、音楽の魔法だよ!僕らのアルバムが、最高のパワーポップ作品のひとつと呼ばれるようになるなんて、とても名誉なこと。そもそもパワーポップというジャンルは、ザ・フーのピート・タウンゼントが1967年にインタビューで語った「俺たちの音楽はパワーポップだ!」に由来しているんだよね。とにかく、僕らは多くの人々がイメージする “パワーポップ・バンド” ではないと思う。真実と内面を誠実に描いた僕らの音楽がたくさんの人に愛されることを願いながら、これからも活動し続けるよ。
Q. I think that your music has an atmosphere of the Beatlesque power pop. All songs are full of the respect to ancient power pop band. What do you like about power pop?
The funny part of the story is that when we released the album, we didn’t have any idea of what Powerpop was! We’ve been compared to a lot of bands that we didn’t know very well, like Big Star or Badfinger. So we realized that when bands have the same musical roots of you, it happens to be that you have also something in common with their sound and their style, even if you never heard anything of them. This is the magic of the music! For us it’s been a real honour when our album was named as one of the best power pop work in the world. The genre Powerpop was coined for the first time by Peter Townshend of the English rock band the Who, in a 1967 interview in which he said: “Power pop is what we play. Anyway many people think we’re not really a Powerpop band and many others think we are indeed. As much as we regards our main desire is that our music could be loved for what it really is: honest, real and a mirror of our personalities.ー兄弟でバンドを組んでいて大変なことはありませんか?喧嘩したりします?
子供の頃から一緒にやってるからね。「三つの気持ち、 三つの声、ひとつのミュージック!」これが僕らの合言葉。似たところも違うところもあってこそ、ベストなものが生まれる。僕らだって他の 兄弟バンド 同様、よく議論をするよ。でも、それは当たり前のことで生産的なこと。曲やアレンジなど互いに異なるアイデアが浮かんでいる時ももちろんあるけど、僕らは常に話し合いでベストなものを見つけ出すことができるんだ。幸いにも、どこかのギャラガー兄弟のように殴り合ったりしたことは1度もないよ  今まではね笑。
Q. You guys forming a band in brothers, and can there be the serious thing? Do you sometimes quarrel?
We are three brothers and we’ve been playing since we were kids. We like to quote ourselves with the phrase: “Three minds, three voices, one music”! It means that our best pieces of music sometimes comes from our differences and similarities. Like all the “brothers bands” sometimes we have arguments but we think it’s pretty normal and productive. You discuss about songs, arrangements and stuff like that and it happens that you have different ideas, but in the end we always find a compromise. Fortunately we don’t fight or punch to each other like the Gallaghers do … at least till now 🙂dsc0601

ー音楽産業は以前とは比べものにならないほど変化しました。この変化をミュージシャンとして、どう感じていますか?そして、この変化はあなたに何をもたらしたでしょうか? 特にここ数年で変わったよね。レコードからカセットに、そしてCDからストリーミングというように。現在ではさらに音楽が身近になり、誰もがより簡単に利用できるようになった。とても素晴らしいことだよ。情報だってすぐに見つけられるし。ラジオで偶然耳にした曲だって、スマートホンのアプリひとつで誰の何という曲かわかってしまうんだ。アーティストにとっても、今までよりたくさんの人々に宣伝できるし、地球の裏側のリスナーの反応だってすぐに得られる。例えば日本から!しかし、見方を変えれば競争は年々激しくなる一方。なので、誰にも気づかれずに埋もれていってしまうというリスクもはらんでいると思う。他の大きな変化は、インターネットにより、いつ誰がどこで自分たちの音源を購入したかというのが正確に管理できるということ。ダウンロード数も把握できるしね。数年前には考えられなかったことだよ。
Q. The music industry has changed a lot. How do you feel the present music industry to be as a musician? What did it bring you?
The music industry has changed a lot in these last few years. We passed from the vinyls to audio cassettes, from CDs to online streaming. The great thing about it is that today the music is more available for everyone. You can get any kind of information in just a second. You listen to a tune on the radio, then press a button on your mobile phone and you know who is singing, and all kind of details. You have more exposure and you can be heard from people on the other side of the planet…for example people from Japan! But the other side of the coin is that there is so much more competition than in the previous years so the risk could be that nobody may notice you.
Anyway another great thing about the changes is that now with Internet you can monitor all your sales, so you know exactly who bought your record and from where, how many digital downloads and so on. This was unthinkable a few years ago.

ーイタリアの音楽情報って、なかなか入ってこないのですが、最近のイタリアの音楽シーンはどんな感じなんですか?
イタリアにも面白い音楽がたくさんあるけど、僕らはイギリスやアメリカのアーティストばかり聴いていたからな。まぁ、とにかくイタリアにも素晴らしいアーティストはいるよ。
Q. The Italian music information does not hardly become available. How about the music scene of recent Italy?
There’s a lot of good and interesting music in Italy but as far as we are concerned we have always been listening mostly to UK and USA artists. Anyway there is some fine artist here in Italy.

ーもしも無人島に5枚持っていくとしたら?
難しいけど…やってみるか!
1) The White Album (the Beatles)
曲もサウンドもアレンジも、すべてが素晴らしい音楽史に残る傑作のひとつだと思うよ。バラード、ロックンロール、ハード・ロック、カントリー。アコースティック、前衛音楽…すべてのジャンルを内包した驚くべきアルバムだよ。
2) Hunky Dory (Bowie)
デヴィッド・ボウイは僕らが敬愛するアーティストの一人。なかでも、このアルバムは完璧!”Life On Mars” は彼の代表曲だし、最も美しい曲のひとつだね。
 3) John Lennon Plastic Ono Band (John Lennon)
このアルバムの影響力は計り知れないよね。例えばレニー・クラヴィッツやクイーンとかさ。何の装飾もない素のアーティストを感じることができるこのアルバムが大好きなんだ。
4) Innuendo – (Queen)
ロックとバラードで満たされた、驚くべき傑作!彼らの最後の作品だし。
5) Come Fly with Me (Frank Sinatra)
キャピトル時代の代表作。たぶん、史上初のコンセプト・アルバムじゃないかな。僕らはこの偉大な歌手が大好き。それに、このアルバムは父さんが古いレコード・プレーヤーで聴かせてくれた思い出の1枚でもあるんだ。“Blue Eyes”を聴くと、子供の頃のたくさんの良き思い出がよみがえってくるよ。
Q. If you were stuck on a desert island what five albums/CDs could you not live without?
This is a really hard one! Ok, let’s try to answer!
The White Album (the Beatles) We think is one of the best album ever made for songs, sound, vocals and arrangements. It’s a very eclectic one, you have ballads, rock n roll, hard rock, country, acoustic ones, avantgarde … all kind of genres.
Hunky Dory (Bowie) David Bowie is one of our favourite artist. This album is a perfect one.  He was at his best, and on the track list there’s Life On Mars, one of the most beautiful song ever written.
John Lennon Plastic Ono Band – (John Lennon). This album is a sort of inspiration for so many artist ! Just to name a few, Lenny Kravitz or Queen took a lot from this masterpiece.
We love it cause you can feel the real artist without any veil or masks.
Innuendo – (Queen). An incredible album full of rock and ballads! Their last album.
Come Fly with Me – (Frank Sinatra) – One of the best album of the Capitol years. Maybe the first concept album of ever. We love Frank Sinatra cause apart for being such a great singer and artist, he is one of the music our father used to play in his old record player! We have so many and good memories of our childhood linked to the voice of “Blue Eyes”dsc0037ー今後の活動予定を教えてください現在、僕らは新しいアルバムのレコーディングをしているよ。リリース後のツアーや演奏を楽しみにしながらね! 日本でもライブをやりたい!僕らは今まで1度も、この素晴らしい国に行ったことがないんだ。僕らの来日を望んでくれる方、連絡ください。バッグとギターを持って飛び立つ準備は出来てるからさ!
Q. Please tell me your plans from now on. Do you have the plan to visit Japan? We will always be there for you!
Currently we’re recording new tracks for the new album and after the upcoming release we’re looking forward to go out and play it!  We would really love to come and play in Japan too! We’ve  never been in your wonderful country. If you want us to play over there just contact us and we’ll pack our bags, our guitars and fly !ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
美しい国、日本を愛しているよ!音楽もカルチャーもね。僕ブルーノは日本庭園も大好きなんだ。たくさんのメッセージも待ってる。皆さんの前でライブができる日が来ることを心から願っているよ!
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
We love your beautiful country, your music and your culture! And I (Bruno) am a great fan of your gardens too!!! We’d love to come and see you hopefully in one of our concerts! Write us and send us messages and maybe this will come true!


Cirrone Band Official website
Facebook: https://www.facebook.com/cirroneband

twitter: @cirroneband