【Interview】Thomas Gray (Cupid’s Carnival)

The Beatlesを筆頭としたブリティッシュ・ロック黄金期を彷彿とさせる楽曲&サウンド、アーティスト写真非公開、そしてProcol HarumMatthew Fisherが正式メンバーとして在籍しているなどマニアの間で話題沸騰!謎多きバンドCupid’s Carnival、中心メンバーThomas Grayがバンドの秘密をSTARTRIPだけに語ってくれました

Cupid's Carnivalーニュー・アルバム発売おめでとうございます。今回のインタビューで初めてあなたのことを知る新しいファンもいるかと思いますので、まず最初に簡単なプロフィールからお聞かせ下さい。
私の名前はトーマス・グレイ。ローランド・スキルトンと私がCupid’s Carnivalの中心メンバーでソングライター。彼とは2002年から一緒にプレイし、曲を書いているんだ。レノン / マッカートニーのようなコンビに憧れてるよ。
Q. Congratulations on Everything Is Love release.There may be a new fan knowing you by this interview for the first time. Therefore, at first tell it from your simple profile.
My name is Thomas Gray, myself and Roland Skilton are the lead members and songwriters in Cupid’s Carnival. We have been playing music and writing songs together since 2002.

We dream and pray that one day our music might come close to the genius that is Lennon/McCartney

ーあなた達はとても謎多きバンドです。その謎を解くためにも、まずはCherrystoneのことを教えてくださいませんか?
Cherrystoneは、2002年にローランド・スキルトンと私を中心に結成したバンドで、2008年にはアルバム『Our Life』もリリースしている。このアルバムにはイギリスの素晴らしいバンドStatus Quoのフランシス・ロッシ、バーニー・フロスト、ジョン・ライノ・エドワーズ、ジェフ・リッチが参加しているんだ。とても誇りに思っているよ。また、カール・メドランド監督の映画「The Cost of Love」でもCherrystoneの曲が使われたんだ。ロンドンを舞台にした、ゲイのラブストーリーと殺人が絡むミステリアスな作品だね。
Q. Cupid’s Carnival is wrapped in mystery. At first, would you tell me Cherrystone to solve the mystery?
Cherrystone was the original band we formed in 2002 and we released the album ‘Our Life’ in 2008. The main band members were Thomas Gray & Roland Skilton, who also wrote all the songs. We were very proud of this album, which included performances from Francis Rossi, Bernie Frost, John Rhino Edwards and Jeff Rich from the famous UK band, ‘Status Quo’. The Cherrystone album was also used in the Feature Film Soundtrack of the UK film ‘The Cost of Love’ directed by Carl Medland. The film was based in London and it was a gay love story/murder mystery.

ー バンド名をCupid’s Carnivalに変えたのはいつ頃なんですか?理由は?
理由は2つ。
1. アメリカにCherrystonesっていうバンドがいることを知ったから。混乱を招いていたようだしね。
2. 新しいバンド名、新しく加入したメンバーと共に、再出発したかったから。
Q. When is it that I changed a band name into Cupid’s Carnival?
We changed the name from Cherrystone for two reasons;
1) There was another american band called Cherrystones and this was causing confusion.
2) We wanted to re-invent ourselves with a new name and new band members.Cupid’s Carnivalの始動は?
話は5年前…私たちは2011年から、この『Everything Is Love』の為に一緒に曲を作り、何度も演奏を重ねた。普遍性のあるメロディーを持った曲を書きたいと常々思っているんだ。他のメンバーは皆それぞれ素晴らしいミュージシャンで、私たちが書く曲を愛してくれているよ。
Q. Please tell me the story of the organization in Cupid’s Carnival.
Cupid’s Carnival started about 5 years ago. We have been playing and writing songs for the latest album, ‘Everything Is Love’ since 2011. We wanted to write songs with melody and meaning that would last forever. The other members of the band are brilliant musicians and we all love the music we make.

ー現メンバーについて、お聞かせください
ローランド・スキルトン:Lead Vocals & Guitar
トーマス・グレイ:Piano, Keyboards, Guitars & Backing Vocals
マシュー・フィッシャー:Hammond B3 Organ & Leslie 122
ダーリン・ムーニー:Drums & percussion
ゴードン・デイヴィス:Bass
グレッグ・ボーン:Guitars & Electric Sitar
Q. Please explain the current members.
The Cupid’s Carnival band members are as follows;
Roland Skilton: Lead Vocals & Guitar
Thomas Gray: Piano, Keyboards, Guitars & Backing Vocals.
Matthew Fisher: Hammond B3 Organ & Leslie 122.
Darrin Mooney: Drums & percussion.
Gordon Davis: Bass Guitar.
Greg Bone: Guitars & Electric Sitar.

ー元プロコル・ハルムのマシュー・フィッシャーが正式なメンバーとは驚きです。彼が加入した経緯を伺いたいのですが?
マシューは正式メンバーであり、親友さ。私は長い間マシューの大ファンだったんだけど、なんと、ローランドの親友だったんだよ!幸運なことに彼に会うことができ、想いを伝えたんだ。そして、バンドに加入してくれた。彼は素晴らしいオルガン奏者、まさにレジェンドさ!
Q. Is the former Procol Harum Matthew Fisher an official member? What a surprise! Would you tell me the process that he joined?
Matthew is an official member and a great friend. I have been a big fan of Matthew for a long time and I was lucky enough to meet Matthew, who was a close friend of Roland. He agreed to join the band and is a fantastic organist. He is a legend.

ー3つの言葉でCupid’s Carnivalを表現すると?
「Melodic(メロディック)」美しいメロディーを書きたい
「Poignant(胸を打つ)」意味あるラブソングを書きたい
「Fun(楽しさ)」やっぱり楽しまないとね
Q. Please express Cupid’s Carnival using three adjectives.
Melodic – We wanted to write beautiful melodies.
Poignant – We wanted to write meaningful love songs.
Fun – We wanted to have fun and enjoy the songs.

ーアルバムについてお伺いします。今作の構想や曲作りはいつ頃から?
2011年から、アルバムの為の曲作りを始めた。ローランドが私の家にやってきてね。私はヤマハのピアノ、彼はギターを弾きながら、より良いメロディーと歌詞が浮かぶまで、じっくりと時間をかけて作っていったんだ。曲作りに関しては、史上最も偉大なバンド「ビートルズ」 のレノン/マッカートニーに、大きな影響を受けている。
Q.Everything Is Love is awesome! When did you elaborate a plan from? When did you write these songs? 

From 2011, myself and Roland started to write and record the songs for the new album. Roland would come around to my house and we would write together. Me playing a Yamaha Grand Piano and Roland on Guitar. We slowly began to develop the songs. We wanted the strongest possible melodies and lyrics. As you can tell, we are hugely influenced by Lennon/McCartney and The Beatles – The greatest band of all time.

ーレコーディングは順調に進みました?苦労した点などありましたか?
とても順調だった。曲構成も準備できていたしね。まず、私が自分のレコーディング・スタジオでアレンジを考え、その後にメンバーが各パートとオーバーダビングをした。完璧に仕上げたいという熱のこもったレコーディング・セッションだったよ。
Q. Did the recording proceed smoothly? Were there the points that had a hard time?
The recording proceeded smoothly once we had the song structures in place. I developed the song arrangements in my own recording studio and the band then came in to lay down the tracks and overdubs. The recording sessions were very involved. We wanted perfection.

ー”A Whiter Shade of Pale(青い影)” のカバーは誰の提案ですか?
ローランドが提案したんだ。プロコル・ハルムの‘A Whiter Shade of Pale’は、サマー・オブ・ラブの時代1967年を代表する素晴らしい曲。だから、最初はとてもナーヴァスになったよ。いつでも私のフェイバリット・ソングだしね。マシューは私たちと新しいバージョンをレコーディングすることに同意してくれた。この名曲を彼と演奏できることを、とても光栄に感じているよ。知ってのとおり、マシューはプロコル・ハルムのゲイリー・ブルッカーとキース・リードと共に’A Whiter Shade of Pale’ を作り、1967年に録音された原曲のオルガンの名演を残した張本人。マシューは真の天才だよ。
Q. Who suggested the cover of ‘A Whiter Shade of Pale’?
It was Roland who suggested the cover.  At first, I was very worried and nervous because the original is such an amazing song from 1967 – the Summer of Love. It is one of my favourite records of all time. Because Matthew agreed to let us do a new version with him playing, I felt very privileged to recreate this classic hit.

As you know, Matthew co-wrote ‘A Whiter Shade of Pale’ with Brooker/Reid and he wrote and played the original organ solos with Procol Harum in 1967. Matthew is a real genius.

ーあなたの楽曲はブリティッシュ・ロック黄金時代を彷彿とさせます。私にあなたがこの音楽に魅了される理由を話してもらえますか?
1960年代こそがブリティッシュ・ロック黄金時代だよね。この時代にはビートルズやザ・フー、キンクス、スモールフェイセズなど、後世に大きな影響を与えた素晴らしいバンドが生まれている。私たちは本物の楽曲、本物のギター・サウンド、そして本物のミュージシャンが大好きなんだ。
Q. Your music is reminiscent of the golden age of British Rock. For example, The Beatles, The Who, The Kinks, Procol Harum, and many more.
Would you tell me the reason why you are fascinated with these band? We agree that the Sixties (1960’s) was indeed the golden age of British Rock. Some of the greatest bands and songs in history have come from this decade. The Beatles, The Who, The Kinks, Procol Harum, The Smallfaces and many more have influenced future musicians and writers. We just love the sound of real songs, real guitars and real musicians.

ー今作の聴きどころを教えてください
私たちは1曲目”Girl”からラストの”Sunny Days”まで、希望と楽観主義と美しいメロディーで満たされた全曲を誇りに思っている。それに、悲喜入り混じったラブソングも好きだね。アルバムは世界中で販売しているから、是非みんなに私たちの曲を聴いてほしい。アメリカの『Powerpopaholic』と『Absolute Powerpop』には、このアルバムのレビューが掲載されているし、Radio Free Americanaでもたくさんのエアプレーを得ているんだ。
Q. What is the highlight of this album which you recommend?
We are extremely proud of this album from the opening track – ‘Girl’ to the closing track -‘Sunny Days’.

We believe it is full of hope, optimism and beautiful melodies. We love the mixture of happy and sad love songs. We really want everyone to be touched by our music. The album has been selling all around the World and has enjoyed terrific reviews from ‘Absolute Powerpop’ in the USA and ‘Powerpopaholic’. It is currently getting a lot of air-play on Radio Free Americana.

Cupid's Carnivalー音楽産業は以前とは比べものにならないほど変化しました。この変化をミュージシャンとして、どう感じていますか?そして、この変化はあなたに何をもたらしたでしょうか?
音楽業界はとても変わったね。現代はコンピューターとサンプリングに依存しすぎだよ。メロディーとハーモニーにもっと関心を持ってほしい。本物のミュージシャンによる本物のギターで奏でられる美しい楽曲を、業界はもっと大切にしてほしい、そう心から思うよ。我々は、産業に本当に、本当の音楽家によって本当のギターで演奏される美しい歌を反響して欲しいです。
Q. The music industry has changed a lot. How do you feel the present music industry to be as a musician? What did it bring you?
The music industry has changed enormously. We believe there is now too much reliance on computers and samples. We think there should be much more focus on melody and harmony. We really want the industry to reflect beautiful songs played on real guitars by real musicians.

ーもしも無人島に5枚持っていくとしたら?
この5枚だね
1) The Beatles – Sgt. Peppers Lonely Heartsclub Band
2) The Beatles – Hard Day’s Night
3) The Beach Boys – Pet Sounds
4) John Lennon – Imagine
5) Cupid’s Carnival – Everything Is Love – (わたしにとって特別な1枚だからね)
Q. If you were stuck on a desert island what five albums/CDs could you not live without?
My Desert Island Discs would be as follows;
1) The Beatles – Sgt. Peppers Lonely Heartsclub Band Album
2) The Beatles – Hard Day’s Night Album
3) The Beach Boys – Pet Sounds Album
4) John Lennon – Imagine Album
5) Cupid’s Carnival – Everything Is Love Album – (Sorry, but it is so special to me).

ー今後の活動予定を教えてください
このアルバムが成功をもたらしてくれれば、私たちは日本に行けると信じている。日本のテレビ局が公演の為に招聘してくれるといいね。
Q. Please tell me your plans from now on. Do you have the plan to visit Japan? We will always be there for you!
We would love to visit Japan. If we could become successful with the album we would love to tour Japan. We are hoping that a Japanese TV station will invite us over to play.ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
すべてのファンの皆さん!本当にどうもありがとう!ぜひ私たちのウェブサイト www.cupidscarnival.comを訪れて、メッセージをください。必ず返信するから。応援してくれて、本当にありがとう。愛してるよ!Cupid’s Carnivalからのメッセージを、ぜひ家族や友達に広めてください「すべては愛、愛こそすべて(Everything Is Love – Love Is Everything)」
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
Just to say a big, big, THANK YOU! To all our fans who have purchased the CD or downloaded the Album. Please do visit our web-site www.cupidscarnival.com and leave us a message. We will always respond to you our fans. We love you and we are so grateful for your support and kind words. Please spread the Cupid’s Carnival message to all your family and friends – “Everything Is Love – Love Is Everything”.
XXX
THOMAS GRAY – CUPID’S CARNIVAL