【Interview】Drew Sturgeon & Mark O’Connor (The Fast Camels)

60sサイケ・ガレージなサウンドでリスナーを虜にしているグラスゴーのバンドThe Fast Camels。ニュー・アルバム「Tales of The Expected」発売に合わせ、中心メンバーであるDrew SturgeonMark O’Connorが、STARTRIPだけに語ってくれました

 

The Fast Camelsーニュー・アルバム発売おめでとうございます。今回のインタビューで初めてあなたのことを知る新しいファンもいるかと思いますので、まず最初に簡単なプロフィールからお聞かせ下さい。
Drew Sturgeon: The Fast Camelsは、マークと俺が中心となって2006年に結成したグラスゴーの5人組サイケデリック・バンド。60年代のフリークビートに影響を受けているんだ。サード・アルバムを発売したばかりさ。
Mark OConnor: そう、俺たちは別々のバンドでプレイしていたんだけど、初めて会ったときから音楽の趣味も愛情もよく似てると感じたんだ。あと、ユーモアのセンスもね!すぐに一緒にやることに決めたよ。
Q. Congratulations on “Tales of The Expected” release.There may be a new fan knowing you by this interview for the first time. Therefore, at first tell it from your simple profile.
Drew: We are a 5 piece psychedelic pop band from Glasgow in Scotland in the UK releasing our 3rd album. Mark and myself created the band back in 2006 inspired by our love of 60s Freakbeat music.
Mark: yeah we were both playing in different bands at the time. When we first met we realised as well as our sense of humour being the same our love for the same kind of music was as well. We decided to start a band together and that’s when the fast camels was born.

ー3つの言葉でThe Fast Camelsを表現すると?
Drew:Inspired」「dedicated」「fun」
俺たちはそれぞれいろんなタイプの音楽に影響を受けているけど、共通しているのは全員が1966-68年頃のロンドンやアメリカのウエストコーストのアーティストが大好きだってことなんだ。
Funはとっても大切。曲を書いたりツアーしたり、レコーディングしたり、いつだって笑ってたいだろ?シリアスな中にもユーモアは忘れたくないんだ。
Mark: 良いこと言うなドリュー!楽しくなくちゃいけないよな。俺が最も誇りに思うのは、俺たちが3枚のアルバムをリリースしたという事実。これこそが、バンドをやり続けた証さ。多くのバンドは口では話すけど、実際に完成品をリリースするのに苦労しているんだ。俺も苦労はたくさんあったけど、アルバムを出せるってことは俺の人生で最も価値があることなんだ。もし俺たちがいなくなったとしても、作品はずっと残るからね。
Q. Please express The Fast Camels using three adjectives.
Drew: Inspired, dedicated and fun. We are naturally inspired but various types of music with different backgrounds but we all share that love of artists and groups from the 1966-68 period from London and the West Coast of America. Fun is perhaps the main adjective here. Whether we are songwriting, touring, recording or whatever the laughter is contagious. Humour plays a massive part in this band although we do take ourselves serious and show
Mark: Drew is pretty much spot on here. If it’s not fun then what’s the point. The thing I’m most proud of is the fact we have released 3 albums now. We set out to release and that’s exactly what we went on to do. A lot of bands we know talk about doing it but struggle to release a finished product. It’s been a lot of hard work but the most worthwhile I’ve ever done. We have songs that will be around long after we are gone.

ーアルバムについてお伺いします。タイトル「Tales of The Expected」の由来は?
Mark: わりと早い段階でタイトルは決まったかな。ある日、ドリューが言ったんだけどすごく良い響きで、ずっと前から決まっていたかのようにしっくり来た。
Drew: そう!『Tales of The Expected』は、テレビ番組「Tales of the Unexpected」をもじったんだ。心の奥深くを掘り下げる、それが俺たちのソングライティングのスタイルだけど、よく表わしていると思うよ。詞は周りによくいる普通の人々を、少し誇張して書くことが多いんだ。その方が俺たち自身も楽しめるからね。だから、基本的にはフィクション。マークは、タイトル・トラックの発想をすでに持ってたんだけど、俺たちが一緒に書いた曲の中でもベストなうちの1つだな。
Q.”Tales of The Expected” is awesome! Please tell me the origin of album title “Tales of The Expected”.
Mark: we always seem to have an album title quite early in the recording process. It’s one of those things when you hear it you just know it’s right. Drew said it one day and it’s just sounded like it had always been called that.
Drew: Yes, Tales of the Expected is a play on the words of the TV show ‘Tales of the Unexpected’. I had it buried buried in my mind somewhere. I thought it would suitably describe our style of songwriting. We write about people mainly and exaggerate their profiles for our own amusement. We basically tell tales and it’s what you expect to hear from the Camels. Mark had the inspiration for the title track itself. It’s one of our best songs we’ve written together.

ー構想や曲作りはいつ頃から?
Drew: 『Tales of the Expected』用の曲は、おもに前作『Deadrooms & Butterfly Dreams』リリース後、18ヶ月の間に書いた。マークと俺とで8曲、ジョーとアンディがそれぞれ1曲ずつ作ったんだ。
Mark: 前作よりもパンチがあって短いものを作ろうというコンセプトで臨んだよ。アナログでもリリースしたかったから、LPに収録できる長さというものを意識したんだ。A面B面でね。ほとんどの曲は俺が住んでるグラスゴーの古いアパートで書いたよ。
Q.When did you elaborate a plan from? When did you write these songs?
Drew: The songs for Tales of the Expected were mainly written over a 18 month period after our last album, ‘Deadrooms & Butterfly Dreams. Mark and myself came up with 8 tracks and Joe and Andy had one each. The plan is always to make a new album so we are always songwriting.
Mark: we had a plan with this one to try n make it shorter and punchier than the last one. We wanted to release on vinyl this time round so that played a factor as you are restricted with how much time you can have on each side. Most of the tracks drew and myself wrote were in my old flat in Glasgow.

ーレコーディングは順調に進みました?苦労した点などありましたか?
Mark: 唯一大変だったのはミックス、時間的にも。マスタリング、プレス、そして発売までの流れを止めたくなかったからね。プレッシャーはあったけど、無事にやり遂げることができた。
Drew: レコーディングは順調だった。2、3度スタジオを使えないことはあったけど。まぁ、よくある話だな。リズム隊のアンディーとジョーがしっかりと土台を作ってくれたから、あとから重ねる俺たちも楽だった。それと何曲かは、ライブ・レコーディングなんだ。
Q. Did the recording advance smoothly? Were there the points that had a hard time?
Mark: the only hard time was the mixing for me. It was a time factor. Availability, pressing, mastering and a launch fast approaching meant a good bit of pressure but we got there.
Drew: The actual recording was great but the availability of the studio set us back a few times. Just one of those things. Andy and Joe build produced a good platform of bass and drums for us to build our overdubs on. A good few tracks were put down completely live as well though.

ー今作の聴きどころを教えてください
Drew: う〜ん…このアルバムを愛しているからなぁ。まあ、聴いて判断してくれ。それに、今作は初めてのLPもリリースしたから「A面B面どっちが好き?」っていう聴き方もありだ。前2作ももちろん好きだけど、今作は最高さ!特にタイトル・トラックの”Tales of the Expected”は、俺の大好きな曲。なかなかクレバーな歌詞とアレンジだろ?
Mark: 全曲好きだけど、フェイバリットはその日その日で変わるかな。今日の気分は”Tales Of The Expected”と”Dead Celebs”だ。もちろん全曲を誇りに思っている。最高のアルバムだよ。
Q. What is the highlight of this album which you recommend?
Drew: Hmmm, I love this album. This will be our first vinyl release so you can even judge it as ‘what’s the best side?’ for once! Best to date although I’m fond of the previous two. The title track, ‘Tales of the Expected’ is my favourite song from the album though. Very clever lyrics and arrangement.

Mark: I’m changing my mind all the time at the moment as I love all the tracks. Stand outs for me today are “Tales Of The Expected” and “Dead Celebs” but I honestly love every track and I’m proud of them all. It’s our finest album

ーレコーディングで使用した主な機材を教えてください
Drew: ほとんどの曲はボーカル、ギター、ベース、ドラムと、とてもシンプルだ。曲によっては、それにオルガンやピアノ、ストリングス、フレンチ・ホルンなどを加えるくらいさ。
Mark: ギターはエピフォンのシェラトン。あとグレッチ。それにいくつかのエフェクターと12弦のアコースティックギターを使ったよ。
Q. What are the main equipments which you used in this recording? 
Drew: We went for a simplistic Vocals, Guitars, Bass and Drums with percussion for most tracks but added organ, piano, strings and french horns afterwards.
Mark: yeah guitar wise Epiphone Sheraton and Gretsch , some nice pedals and a bit of 12 string acoustic for good measure.

ー全曲とも60年代の雰囲気とリスペクトに満ち溢れています。あなた達がこの頃の音楽に魅力を感じている理由は何ですか?
Mark: 俺たちが大きな影響を受けていることは確かだ。気持ちをドライブさせてくれるからね。でも、俺たちはただの模倣で終わらせたくない。多くのバンドは、その罠に陥りがちだけどね、俺たちは、それに現代のフィーリングをプラスしている。それこそが、俺たちがバンドをやり続ける理由でもあるんだ。
Drew: 60年代サウンドは奇跡だよ。スウィンギン・ロンドンとウエスト・コーストが巻き起こり、驚くべきバンドやソングライターが同時に各地に現れたんだ。まさに、音楽の全盛期だよな。2016年の今見ても、マジカルな現象だったと思うよ。俺たちは音楽はもちろん、ファッションなども影響を受けているよ。今時よりも断然クールだもんな!
Q. I feel an atmosphere of the 60s and respect to the time with the all songs. What is the reason why you feel charm in music of the 60s?
Mark: it’s a sound that inspires us. It drives us but we try to do it in a way where it’s not just a pastiche of the sounds at that time. For me that doesn’t work and many bands fall into this trap. We give it a modern feel and I think this is why it works for us.
Drew: The 60s sound is what makes it. That and the competition at the time in Swinging London/West Coast America. Some incredible bands and songwriters appeared on the radar at the same time and the music flourished! It was a magical movement which I feel apart of even now in 2016. We are inspired by the clothes, the music and the whole damn scene. Everyone seemed a lot cooler back then in my eyes.

The Fast Camelsー音楽産業は以前とは比べものにならないほど変化しました。この変化をミュージシャンとして、どう感じていますか?そして、この変化はあなたに何をもたらしたでしょうか?
Mark: バンドを始めた頃とだいぶ変わったよな。だけど、俺たちにとっては良い方への変化だと思う。自分たちでレーベルを立ち上げ、自分たちの作品を自分たちでリリースし管理できる、まったく素晴らしい時代だよ。もちろん、長所も短所もあるけどさ。困難なこともたくさんあるけど、たとえゆっくりとでも乗り越えていけばいい。俺たちは今、とても良い居場所があるんだ。
Drew: 他の多くの国のことはわからないけど、現在のUKチャートは最低のクズだ。音楽産業そのものについては、特に何もないな。たくさんのプロモーターとバンドが支払いで、もめたりってのも嫌だな。俺たち自身がバンドのプロモーターでもある理由はそれなんだ。グラスゴーでのライブも自分たちで管理しているよ。
Q. The music industry has changed a lot. How do you feel the present music industry to be as a musician? What did it bring you?
Mark: the industry has changed a lot since we started but it has just driven us even more. We have our own label , self release our own music and I’m very proud of that. The fact we live in an age where everything is so easily accessible has good and bad points. There is so much out there it’s hard to break through but if you keep chipping away you slowly start to be heard. We are in a great place at the moment.
Drew: The present chart music in the UK is at an ultimate low for me. I can’t speak for many other countries unfortunately. As for the industry itself, my complaint is a common one. Too many promoters asking bands to pay to play. We’d rather be the promoter and arrange our own gigs in Glasgow for that reason.

ー私はDaniel WylieやTeenage Fanclub、Dropkickなどスコットランドのミュージシャンが大好きです。最近のスコットランドの音楽シーンはどんな感じなんですか?
Drew: ダニエルとは、俺たちがNeon Tetra Recordsっていうレーベルからファースト・アルバムを出した頃に幾度となく共演しているよ。人としてもソングライターとしても素晴らしい人間だ。それに、多作だよね。俺自身、1番観ているのはティーンエイジ・ファンクラブ。愛すべき男たちでエクセレントなバンドだよ。実は、もうすぐ彼らのライブを観に行くんだ!
Mark: 音楽シーンはファンタスティックだよ!グラスゴーの夜は毎晩たくさんのグレートなバンドたちがプレイしているんだ。不運にも日の目を見ていないけど、素晴らしいバンドはたくさんいるんだ。なかでも俺が薦めたいのはThe Red Sands。ぜひチェックしてみてくれ!
Q. I like many musicians of Scotland (Daniel Wylie, Teenage Fanclub, Dropkick and more). How about the music scene of recent Scotland?
Drew: Daniel actually had a lot to do with the Camels signing with Neon Tetra Records for our first album release. Good man and prolific songwriter. I think I’ve been to more Teenage Fanclub gigs than any other band. They’re lovely guys and an excellent band. I’m going to see them play soon actually!
Mark: the music scene is fantastic. Glasgow is buzzing 7 nights a week and there are so many great bands out there. Our friends band who are sadly no longer going were one of my particular favourites. The Red Sands …… Check them out !

ーもしも無人島に5枚持っていくとしたら?
Drew: すべて偉大なバンドだろ
Love – Forever Changes
The Who – Sellout
The Byrds – Younger Than Yesterday
The Kinks – The Village Green Preservation Society
John Entwistle – Whistle Rhymes
Mark: ドリューと幾つか被ってるな。まあ、同じ島に辿り着くことを願うよ笑。
John Entwistle – Smash Your Head Against The Wall
The Red Sands – Red Sands
The Beatles – Rubber Soul
Love – Forever Changes
The Who -Sellout
Q. If you were stuck on a desert island what five albums/CDs could you not live without?
Drew: Because they are all so great I’d take…..
Love – Forever Changes
The Who – Sellout
The Byrds – Younger Than Yesterday
The Kinks – The Village Green Preservation Society
John Entwistle – Whistle Rhymes
Mark: drew has picked a few of mine so hopefully we end up on the same island! So Love , The Kinks and The Who better be waiting on me !
John Entwistle – Smash Your Head Against The Wall
The Red Sands – Red Sands
The Beatles – Rubber Soul
Love – Forever Changes
The Who -Sellout

ー今後の活動予定を教えてください
Mark: 日本に行きたいぜ!来年、俺たちは念願だったアメリカへ行くつもりだ…..その後に日本!
Drew: それは良いプランだ!日本の音楽シーンは素晴らしいって聞くしな。ぜひ実現させようぜ!
Q. Please tell me your plans from now on. Do you have the plan to visit Japan? We will always be there for you! 
Mark: we would love to visit Japan!!! Hopefully next year we hit the USA which is a massive dream for us….. Then next stop Japan!!
Drew: Hey, yes! That sounds like a very nice plan. I’ve only heard good things about your music scene for there! A trip to Japan sounds very appealing.

ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
日本のファンのみんな!ぜひアルバムを買ってくれよ。必ず行くって約束するからさ。まじめな話、『Tales of the Expected』を楽しんでほしいと願ってる。そして、異国の人々がこのインタビューを読んで、俺たちを知ってくれるということを、とても光栄に思っているよ。来年会おうな!
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?

MarkDrew: Ah, yes, all you fans in Japan, please purchase our albums and we’ll promise to come over and tour your amazing country 🙂 Seriously, I hope you’ll enjoy our ‘Tales of the Expected’ album and it’s a nice feeling to know people from your nation are reading our interview. See you next year