【Feature】Wayne Lundqvist Ford (Ice Cream Man Power Pop and More)

389592_10150755325761757_223834199_n先日発表されたコンピレーション「Power Popsicle Brain Freeze」、 世界中のインディー・バンド/アーティストの選りすぐられた全139曲がフリーでダウンロードできるとあって、とても評判になっています。これを編纂しているのがスウェーデンの”Ice Cream Man Power Pop and More” というスウェーデンのPodcastラジオ放送。世界中の音楽ファンから愛され、DIY精神あふれるインディペンデントなミュージシャンたちに光をあて続ける人気番組です。運営しているのはWayne Lundqvist Fordただ一人。その情熱に迫ります
Did you download compilation album “Power Popsicle Brain Freeze” yet?

It can be downloaded for free all 139 songs chosen among indie band/artist of all over the world. The podcast radio called “Ice Cream Man Power Pop and More” in Sweden released it. This program is supported by the passion of Wayne Lundqvist Ford. What makes him so motivated? …

 

始まりは4年前、2012年にさかのぼります
「2012年、私は一年半の休養をせざるを得ない事故に遭ってしまったんだけど、その頃に私は主にパワーポップ、モッズ、60年代のパンク、インディーやオルタナティブのバンドを紹介する音楽ブログを書き始めただ。素晴らしいミュージシャンが世界中にたくさんいるのに、彼らの為のプラットホームがなくなっていってる現状を感じていたから。だから私は、曲を作り、自らの手でプロモーションをしているDIY精神を持ったアーティスト達をBandcampで探しまくって、他のどこでもエアプレーされていなかったミュージシャンの為に、もう一つのプラットホームを作ることに決めたのさ!」
This story dates back 14 years.
Wayne: In 2012, I had an accident which kept me away from work for a year and a half so I started writing a music blog to keep busy, mainly writing about power pop, mod, 60’s punk, indie and alternative bands. I really wanted to keep promoting all the great bands that are out there as I felt the platforms for them were missing. I started looking at all the new bands on bandcamp that were taking the DIY approach to making and selling music and decided to start featuring some of them and create another platform for musicians that were not getting airplay from anywhere else.

タイトルは今も続く”Ice Cream Man Power Pop and More”
「このタイトルはブログの頃からだね。名付けは本当に苦労した、なかなか良いのが浮かばなくてさ。あれはたしか冬の初めだったかな、スウェーデンの冬は本当に寒いんだけど、何かインスピレーションを得る為に窓の外を眺めてたんだ。私が住んでいるアパートの向かいにアイスクリーム屋があるんだけど、みんなめちゃくちゃ寒いのに襟を立てながらアイスを買って食べているんだよ。なんか不思議な光景に見えてね。それとJonathan Richmanの曲 “Ice Cream Man”。 “And More”は、パワーポップ以外の音楽も含められるように付け加えたんだ」
Q. Please tell me the origin of “Ice Cream Man Power Pop and More”.
Wayne: I first started the blog, something to keep me occupied after my accident and decided to write about Power Pop and other music I love. I was really struggling to think of a name, it was the beginning of winter and starting to get really cold here in Sweden, I was looking out of the window for inspiration and opposite my apartment was an ice cream shop,  a guy came out eating an ice cream, drawing his collar up against the cold, it seemed an odd thing to me to eat on a cold day, my music was on shuffle and “Ice Cream Man” by Jonathan Richman, so that became the name for the blog, “Ice Cream Man Power Pop and More.” The “And More” was added so I could also include other styles.

このブログは評判を呼び、アクセス数もアップ。それにつれてミュージシャンからの注目も浴びるようになっていき、世界中のインディー・バンドからコンタクトが殺到するようになりました。Wayneが描いた “新しいプラットホーム”、その形が見え始めたのもこの頃です。
「ブログの評判が上がるにつれて、いろんなバンドからの連絡も増えてきてね。ついには私の音楽に対する愛情を表現する場かつ新しいバンドの為のプラットホームになったんだ。仕事に復帰した頃には毎日特集記事を書いて、たくさんのバンドをフォローできる時間がとれなくて、だんだんと週1ペースになってしまったんだ」

Wayne: As the reputation of the blog grew then more bands started contacting me with their music for review and so the blog became the platform for the new bands sharing my love and taste for music. When I got back to work I didn’t have time to write a feature everyday and champion all these great bands and I was down to doing one a week.

注目度が増していく中、限られた時間をどう使うかの選択を迫られていたWayneは新たなチャレンジを決断します。
「ある友人が地元スウェーデンののラジオ局Radio AndraでDJを探しているから接触してみろと言ってきたんで、連絡してみたんだ。1時間のショーで20曲以上かけることができるとわかった。そして、これこそが新しいバンド達のもう一つのプラットホームになると思ったんだ」
「第1回はRadio Andraの放送が一番最初だね。激しい歯痛があって本当に痛かったことを覚えているよ。幸いにも、局を経営するマーカスは新たなチャンスを与えてくれたおかげで今に至っている。 以前よりだいぶ良くなったと思うよ。コツもわかってきたしね。そういえばちょうど今150回目のショーを録画し終えたんだ!」
「ラジオ・パーソナリティーの経験は、ブライトンに住んでいた頃にちょっとだけ。「Turn It Up」というBBCラジオ・サセックスのオルタナティブ・ミュージックの番組でで2、3回ライブ情報の原稿を読んだことがあるんだけど、放送された自分の声を聞いて「ひどい」と思ってやめたんだ。26年くらい前かな。今は全然気にしてないけどね!」
Wayne: so it was great when the opportunity arose to have a radio show on Radio Andra in Sweden, it gave me the opportunity to play and showcase in an hour what I was spending a week doing on the blog.
Then a friend told me to contact a local radio station, Radio Andra as they were looking for DJs, so I contacted them and found that in an hours show I could put out and play twenty songs or more and that would help to keep championing new bands and provide another platform for them.
Q. When was the first memorable broadcast?
Wayne: Oh, that has to be my very first one for Radio Andra, I had a raging toothache and was really in pain, I was so worried about it being awful and it was, fortunately Marcus who runs the station gave me another chance.  I got a bit better, I have just finished recording my 150th show and I think I am starting to get the hang of it now!
Q. Did you have the experience of the radio personality in the past to begin “Ice Cream Man Power Pop and More”
Wayne: Not really, when I lived back in Brighton, where I come from, I had done a few stints at BBC Radio Sussex reading the gig guide out on a show called “Turn It Up,” an alternative music show, but when the show went out and I heard myself, I thought it was terrible, so I quit. That was about 26 years ago, I am not so self conscious nowadays!”ブログからラジオになり、よりダイレクトに音楽を伝えられるようになったWayneが、新しいプラットホーム実現の為に次に思いついたのはコンピレーションの制作。このコンピレーション・シリーズは今でも続いていて、最新作では100以上のバンドが参加しています。
「初のコンピレーションはラジオ開始から10ヶ月後、60以上のバンドが参加してくれたんだ」
Wayne: The compilation idea was a follow on and the first compilation came out after the radio show had been going 10 months and had over 60 bands taking part.

12376342_10153934995011757_5986065133050477812_n“Ice Cream Man Power Pop and More” は現在も選曲や準備、バンド探しに至るまで全てWayne一人で運営しています
「そう、これは私一人で全てやってるよ。毎日送られてくる素晴らしい楽曲を聴いたり、バンドとのやりとりをしたり。とても大変だけど、常に新しい音楽を探しているし、ライブを観に行って直接会って話をしたりしているんだ」
「実際、コストはかかってるけどここからの収益は全くないんだ。機材も自分で買ったし、時間も費やしている。だけど、私にはたくさんのCDやレコードが送られてくるし、イェーテボリに来るバンドはよくゲストで招待してくれるんだ。それに普段は別の仕事をしているしね。私はあるコンピュータを売る会社のロジスティックス・マネージャーとして働いているんだけど、マイクのとかのアクセサリーも扱っているので、必要なものを安価で手に入れられるんだ。それに、一日中大音量で音楽を聴いても構わないしね。いつか、このラジオだけで食べていける日が来るといいな、とは思っているよ。あと、”Ice Cream Man Power Pop and More”のTシャツを作って販売してるので、よろしく!」
Q. Do you do all by yourself? select a music, search for the band and more.
Wayne: Yes, it is a one man show, I do everything although these days bands contact me so I have loads of fantastic music filling my inbox daily, although I still lookout for new music and if I see a band play live and like them, I always go and talk to them and give them some support through the show.
Q. Is there the profit?
Wayne: None at all, in fact it costs me!  I have bought all the equipment myself, my time is unpaid, however, that said, I receive lots of cds and vinyl and am usually on the guest list for the bands when they come to Gothenburg to play, so it has its rewards.  I still have a full time job outside of radio.  I work as a logistics manager for a company who sells a certain brand of computers, they also sell accessories like microphones, so I get a good discount on things I need for the show, they also don’t mind me playing music loudly all day, which is great. Maybe one day, things will work out when my full time job can be radio?
I screen print my own “Ice Cream Man Power Pop and More” T-shirts which I sell and that helps me to cover the costs of hosting the archives online.

収益もないところに時間と労力を費やしているのは何故なのでしょう?徒労に終わるかもしれないのに。この質問、Wayneにとって愚問のようです
「音楽が好きだからさ!多くの素晴らしいバンドが埋もれたままで終わってほしくないんだ。メジャーにはメジャーのやり方が、小さな局の私には私なりのやり方がある。これからも彼らのためのプラットホームであり続けるよ」
Q. What do you continue broadcasting it for?
Wayne: I love music and I feel that many of the bands I play don’t have the platform to get their music heard and they really deserve one. The mainstream stations are just that, mainstream, and there aren’t enough big stations entertaining these bands so I continue to do it.

音楽産業は以前とは比べものにならないほど変化しました。この変化をWayneは冷静に捉え分析し、自身の活動に活かしているようです
「これは、私が多くのミュージシャン達と会話した証。 インターネットは本当に諸刃の剣で、ソーシャルメディアはミュージシャンが自身の音楽を世界中の観衆に聴いてもらうのにとても役に立った。 私がバンド活動をしていた頃は、ポスターを貼ったりフライヤーを配るために町中を歩き回らなければならなかったけど、それが今ではソーシャルメディア・サイトでイベントを作ることができて、数千人にそれを届けることができる。その一方で、多くの音楽がリッピングされてネット上にアップされてしまうんだ。これはバンドの財政的には大きな痛手だよ。アルバムが高価で、たとえデジタルで発売されるとしても、バンドはそのお金を取り戻すことすらままならない。私はそれを健全だとは思いません。私は無料ダウンロードのコンピレーション・アルバムを毎年リリースしているんだけど、これは言わばバンドのサンプラー。このアルバムをきっかけに、オーディエンスがバンドのアルバムを買ったり、ライブを観に行ったりすることを願っているんだ。 いくつかのバンドが私のところに来て、このコンピに収録されてからアルバムが売れたと言ってくれたし、何人かはディストリビュートの契約につながったりしたそう。とても喜ばしいことだね。これこそインターネットのポジティブな側面だと思うよ」
Q. The music industry has changed a lot. For example, the spread of Internet, the change of the listening method, the decline of the package. How do you feel the present music industry to be as a musician? What did it bring you?
Wayne: This is a conversation I have had with so many musicians.  The internet has been a double edged sword really, on the one hand, social media has helped musicians get their music heard by audiences around the globe.  When I played in a band, we made posters and flyers and had to walk around handing them out and posting them up all over town, now you can create an event on a social media site and get it out to thousands of people.
On the flip side, so much music gets ripped and posted up on the net, this means a loss for the bands financially, recording an album is expensive, even if it is just put out digitally, the bands often struggle to get that money back and to me that isn’t right.
I release compilations annually that are free downloads only but the idea of them is to further showcase the bands included and hopefully encourage people to buy the bands albums or go and see a show.  I have had some bands come to me and say that they have sold records off the back of the compilations, some have even picked up a record or distribution deal, so that is great and the positive side of the internet.

13533162_10154337481376757_2548935339186954467_n
現在の目標、夢を語るWayne、その言葉からは希望が溢れています
「私はこの番組をメジャー局へ持っていきたい。番組を制作できる場所で毎日メールボックスにはたくさんの音楽が届いていて、それをインターネットを駆使して世界中に届けるんだ。その頃には地理的な制限は関係なくなってるだろうね。ライブのショーケースもやれそう。でも、1番の目標は今までのように世界中の素晴らしいバンドの為にこのプラットホームを維持して、できるだけ遠くへ、そして広くこの番組を聞いてもらえるようにベストを尽くすことさ!」
Q. What is it that you want to challenge? What is your goal from now on?
Wayne: I would love to take the show to a major station, somewhere where I could make a daily show, I certainly have enough music turn up in my mail box daily to be able to do it and obviously with the internet, you are not restricted geographically these days (another plus point), maybe put on some live showcases, but the main goal, as always, is to maintain this platform for all the bands out there and do my best to get them heard as far and wide as possible.

最後にWayneにとっての ”音楽” とは何かを語っていただきました
「音楽は私の人生の日記のようなもの。聴くだけで私の人生そのときその時の記憶が鮮明によみがえります。5年前でも10年前でも15年前でも。まるで人生のサウンドトラックのようにね」
Q. What kind of existence is Music for you?
Wayne: Music is like the diary of my life, I can play a song from 5, 10, 15 years ago and I can be right back at that particular time in my life, it is the soundtrack to my life. 

Power Pop, Mod, Sixties, Northern Soul, New Wave, Punk, Indie, Alternative, ska, surf and More!


《参加アーティストからメッセージが届いています Messages from the artists to Wayne》

“Being on the Ice Cream Man Power Pop compilation has been awesome. The international community of power pop lovers is and incredible close knit community and we’re happy to be a part of it.”  – Scott Schaafsma (Kerosene Stars)

“Wayne, thank you for all that you do to promote independent artists! I’m happy to be a part of this compilation and the supportive community of musicians that your work has brought together.”  – Lindsay Murray (Gretchen’s Wheel)

“Dropkick are delighted to have a track featured on the ‘Ice Cream Man’ compilation. Wayne has been a long-time supporter of our music and has shared our music many times over the years, which we’ve always appreciated hugely. I’ve also lost count of the number of great bands he has introduced us to! I can’t wait to find more on this album.” – Andrew Taylor (Dropkick)

“Tasty ice cool selections to enjoy from the super cool Ice Cream Man” – Nick Ziegler (The Forty Nineteens)

“BIG thanks to Wayne Lundqvist Ford for expanding the global reach of my listeners! Wayne is a great blessing to so many music makers worldwide!” – Butch Young


この特集を組むきっかけとなったのは、僕のバンドBOYS ON THE BEACHがこのコンピレーションに参加したことです。前々から“Ice Cream Man Power Pop and More”のことは知ってはいたのですが、あらためてこのバイタリティはすごいな、これを運営してるのはどんな人なんだ?という興味が湧いてきました。メールでやりとりをさせていただいたのですが、思ったとおりの「音楽に熱くて情にも熱い」そんな男でした。多くの素晴らしいバンドが埋もれたままで終わってほしくない、この情熱を胸にたった一人でオンエアを続けているWayne、そんな彼の活動は世界中のインディペンデントなバンドの支えになっています。活動中のバンドにとっても、これからの時代のバンド運営に大いに参考になる部分もあるのではないかと思います。 最後に、ご多忙の中、快く協力してくださったWayne Lundqvist Ford、ありがとうございました。(Hiroyuki Mori)