【Review】Ken Sharp “New Mourning”

NEW MOURNING Front Cover数多くのパワーポップ関連本やファンジン”Play On!: Power Pop Heroes” など、作家/ライター/ジャーナリストとしても多忙を極めるKen Sharp。そんな彼のもう1つの顔が ”ミュージシャン”。前作から実に9年ぶり、4枚目のアルバムは、70年代的クラシカルなスタイルで憎たらしいほどパワーポップのマナーに乗っ取った曲が並んでいます。そのお手本中のお手本のようなDynamite & Keroseneでパワフルに幕を開け…って、この曲のベースはThe KnackPrescott Niles(もう1曲Mr. Know It Allにも参加)ではありませんか!期待感は増すばかりの中流れてくるキャッチーなLet’s Be Friends、胸踊るスウィートな楽曲です。続くSolid Groundは、もしもSmokey Robinsonがパワーポップのバンドに曲を書いたら、と想像して楽しみましょう。エンディングのギター・カッティングが気持ちいいです。John Lennon風なBurn & Crashとポップなシンセが魅力のSatelliteには、Rick Springfieldがリードギターで参加。12弦ギターの響きが心地良いI Should Have Knownは、The Byrds風のカントリー・ロック。バラードもHaunts MeThe Worstなど聴き応え十分。その他、後期The Beatles的なアプローチのPut The Blame On MeLoserなど聴き手のツボを刺激する曲ばかり。くて酸っぱい歌声も健在。プロデュースはKen自身とTodd RundgrenやJakob Dylanとの仕事でも知られるFernando Perdomo。The BeatlesBadfingerRaspberriesCheap TrickPilotなどが好みの方は是非!

Track Listing;
1. Dynamite & Kerosene
2. Let’s Be Friends
3. Solid Ground
4. Burn & Crash
5. Haunts Me
6. Bad News
7. LA Can Be Such A Lonely Town
8. Satellite
9. 1000 Guitars
10. I Should Have Known
11. The Worst
12. Mr. Know It All
13. Put The Blame On Me
14. Loser