【Review】The Above “There Is A Reason”

a0299150950_10ーブリティッシュ・インヴェイジョンの熱、未だ冷めやらずー

2010年のデビュー以来、一貫してR&Bでモッドでフリーキーでガレージでサイケでロックンロールでハイエナジーなビートをクールに鳴らすニューヨーク州ブルックリンの4人組The Above(現在までアルバム2枚とEP3枚をリリース)。前作「Waterbury Street」から約2年、待望の新音源は6曲入りのミニ・アルバム。
このイントロはヤバいです開始5秒でノックアウトHolding Back、続く2曲There Is A ReasonSay You’re CoolThe Zombies譲りのサイケなビート&ハーモニー。前半3曲聴いただけで気分は60年代、気持ちはマキシマム・ハイ。後半行きます。4曲目You Look Unwellは(It’s All Over Nowとかみたいな)R&Bマナーのクールなビート・ナンバー。そして、The Kinksリスペクト丸出しなI Wanna Take Her Home。歌唱もRay Daviesみたいだし、ハーモニーもまさに「!」です。これ個人的フェイバリット。ラストJust Can’t Forget About That Girl、ミドル・テンポでちょっとThe Doorsっぽさもある、サイケな楽曲。トリップ感ならコレが1番。
もう、好きになるしかありません!
Track Listing;
  1. Holding Back
  2. There Is A Reason
  3. Say You’re Cool
  4. You Look Unwell
  5. I Wanna Take Her Home
  6. Just Can’t Forget About That Girl