【Review】The Anderson Council “Assorted Colours”

3970c2_c1cb3cfc8b624bbaa9e26f2744706862-mv11999年にニュージャージーで結成されたThe Anderson Council。英国音楽どっぷりなサウンド(&バンド名。Pink Floydの由来を知っている方ならピンと来るでしょう)だけど、アメリカのバンドです。先ごろリリースされたニュー・アルバム『Assorted Colours』、過去3枚のアルバムから8曲プラス新曲4曲、それにボーナストラックでCDbaby限定リリース曲Love Bombの計13曲、いわばベスト+新曲という従来のファン新規のファンそれぞれが楽しめるお得な内容となっております。
このバンドの最大の魅力ともいえるのが、ビートが効いたThe WhoThe Jam直系のModなテイスト。そこにThe Beatles(特に中期)他60年代のエッセンス。それらの影響をやや強引なまでに1曲に詰め込んだ初期の曲Never Stop Being ’67Hole In The Skyなんて、まさにそんな自分達の”好き”を凝縮したナンバー。だけど、時を重ねるごとに、よりバラエティに富んだ曲調へと成長を遂げていきます。特に2012年にリリースされたアルバム『Looking at the Stars』は大きな転機になっているようで(プロデュースは同郷のバンドThe Grip WeedsKurt Rei)、このアルバム収録のGardening Manは、Stone Rosesなどを彷彿とさせるグルーヴィーでサイケなナンバー。新曲は更に聴き応えが増していて、Girl On The Northern Lineのバブルガムポップなテイスト、Pinkerton’s Assorted Coloursのサイケデリックなオルガンなど、あくまでもバンドの軸はブレずに、着実に音楽性そしてそれを表現するプレイの幅が広がっていってるところが随所に見受けられます。バンドの成長していく様を1枚のアルバムで堪能できるって、なかなか良いですね。
ブリティッシュ・ビート好きに、自信を持ってオススメできるアルバムです。

Track listing :
  1. Sitting On A Cloud  (*)
  2. Girl On The Northern Line (new)
  3. We’re Like The Sun  (***)
  4. Pinkerton’s Assorted Colours  (**)
  5. Magical (new)
  6. Friday’s Girl  (**)
  7. I Never Feel (new)
  8. Never Stop Being ’67  (*)
  9. Gardening Man  (***)
  10. Fire Island (new)
  11. Pretty People  (**)
  12. Hole In The Sky  (*)
  13. Love Bomb (CDbaby)
    (*): Coloursound  (2001)
    (**):The Fall Parade  (2006)
    (***): Looking at the Stars  (2012)
The Anderson Councilofficial :  http://www.theandersoncouncil.org/