【INTERVIEW】John Andrew Fredrick (the black watch)

johnーまず最初に簡単なプロフィールからお願いします
the black watch(スペルは小文字で)のシンガー/ソングライター、John Andrew Fredrickです。音楽だけでなく小説も書いています。普段は英文学(博士号)の大学教授です。とても背が高いんですよ。テニスとビール、そして、遠藤周作、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、村上春樹などたくさんの日本の作家が好きです!
Q. At first, Could you introduce a little bit of yourself?
A. I’m John Andrew Fredrick.  I am the main songwriter and singer in the black watch.  We always use lower case letters for our band.  I write songs and novels as well and I am a university professor in English Literature, a Ph.D.  I’m very tall and I like tennis and beer and lots and lots of Japanese writers like Endo, Tanizaki, Kawabata, Mishima, and Murakami!
ー今回のインタビューで初めてあなたのことを知る新しいファンもいるかと思います。そんな方々に、まずオススメしたい1枚はどのアルバムでしょうか?
the black watchに興味を持ってくれた方々に、まずお薦めしたいアルバムは2013年にリリースした『The End of When』、アルバム+ボーナス・ディスク(ベスト盤)の2枚組です。入門にはピッタリかと思います。個人的には『The King of Good Intentions』(1999) か 最新作の『Highs and Lows』(2015)を聴いてほしいです。どちらも素晴らしいアルバムですよ。でも、なかなか客観的にはなれないですね。私は自分自身が聴きたい、楽しいと思えるような作品を作るだけ。それを皆さんが楽しんでいただいてるのであれば、この上ない喜びです。『The End of When』は、とてもサイケデリックで良い曲がたくさん入っています。”out there”という曲では、バンドの結成メンバーでニュージーランドのバンドThe ChillsにいたSteven Schayerが、ギターで参加しています。『Highs and Lows』では、現メンバーのTyson Cornellが、魅力あるロッキンなギターを弾いています。ちなみに彼は別のバンドで何度も日本を訪れていて、日本が大好きだと言ってますよ。
Q. There may be a new fan knowing you by this interview for the first time. Which is the album that you recommend to such people most?
A. I would recommend you start your journey with the black watch with a record called “The End of When”; it contains both a new LP from 2013 and a retrospective. I think the best records are either The King of Good Intentions or the new LP, Highs and Lows.  But I am not very objective.  I make music for myself to listen to!  If others enjoy it, all the better.  The End of When is very psychedelic–and it is quite pretty.  There is some really nice and “out there” guitar work by our former guitarist Steven Schayer, who was in the New Zealand band The Chills.  Highs and Lows has some very interesting and rocking guitar as well–by our current guitar player Tyson Cornell.  He has been to Japan many times–in other bands.  He loves it there.

ー3つの言葉でthe black watchを表現すると?
「Plaintive(哀しい)」希望や熱望についての曲が多いからですーリスナー自身の人生に希望を与えたいからね。
「Poetic(詩的)」言語と文学が好きですし、多くの詩を読むから。
「Powerful(力強い)」私達のサウンドは、不協和音と美しい旋律が複合的な効果を生んでると思います。The CureやSonic Youthが好きなら、絶対気にいると思います。
Q. Please express the black watch using three adjectives.
A. Plaintive, poetic, powerful.  We are plaintive because we write songs about yearning and hoping–trying to give listeners hope for their own lives.  Poetic because we love language and literature, and read a lot of poetry!  Powerful because we use dissonance and jangy beauty to great (I think) combined effect.  Do you like bands like The Cure and Sonic Youth?  You might like us.
ー結成からおよそ30年、オリジナル・メンバーはあなただけとなっていますが、長年に渡りバンドを継続できる秘密は何ですか?
流行も人気も全く気にしてないからでしょうね。落ち込む時もありますが、そんな時でも創作は決して止めません。失望を打破する最高の方法は、より多くの音楽を製作することだ信じているからです。私達は愛のために生きる、音楽の愛-それは最も大切な物。歌は絶えず頭に浮かんできます。私はそれに身を委ねるだけ、あとはスタジオに籠って、それを形にしていくだけです。それと、素晴らしいプロデューサーの存在も忘れてはいけません。Chris Apthorp (Acetone, Medicine)、Scott Campbell (Shelby Lynne, Stevie Nicks)、Iain O’Higgins (The Jazz Butcher, The House of Love), Tim Boland (Young Dubliners)、Craig Costigan (私達のニュー・シングル”Jealously”と”Orange Kicks”)、そしてRob Campanella (The Brian Jonestown Massacre)!皆、素晴らしいです。
Q. 30 years passed after you formed the black watch. What is the secret to that kind of longevity, even when you have been the only constant member?
A. Our longevity comes from not bothering about trends, or worrying about being popular.  Just because we have been discouraged from time to time does not mean we would ever stop creating.  The best way to surmount disappointment, we feel, is to make more music.  To live for love and the the love of music–this seems best to us.  Songs keep coming into my head.  I cannot stop them from haunting me.  I have a longstanding love affair with being in the studio, making something from nothing.  And I have had the great luck to have worked with some brilliant producers like Chris Apthorp (Acetone, Medicine), Scott Campbell (Shelby Lynne, Stevie Nicks), Iain O’Higgins (The Jazz Butcher, The House of Love), Tim Boland (Young Dubliners), Craig Costigan (who did our new single “Jealously” and “Orange Kicks”) and especially Rob Campanella (The Brian Jonestown Massacre)!
ー現メンバーについて、お聞かせください
現メンバーは私、Tyson Cornell、Rick Woodard、Chris Rackardです。Tysonはミネソタ生まれで、これまでいくつかのグラム・バンドでプレイしていました。現在は自身のバンドでも活動しています。あと、Rare Bird Booksというインディペンデントな出版社もやっています。とても才能あるプレーヤーで、楽曲を1度聴いただけでびっくりするようなギター・パートを付けてしまうんです。Rickとはもう15年以上一緒にやってます。非常に熱心でアーティスティックなドラマーで、スタジオでは常に新しいことにチャレンジしていますね。ジャズも好きみたいですよ。Chrisはアイルランド出身で、現在はロスアンゼルスに住んでいます。昔はメタル好きでギタリストだったそう。いつも陽気で、創造性豊かで、とても優しくて、みんな彼のことが大好きです。それに、6フィート4インチ(約193cm)と、私よりさらに背が高いんですよ!
Q. Please explain the current members.
A. Current members:  myself, Tyson Cornell, Rick Woodard, Chris Rackard.   Tyson played in some glam bands, has had his own groups, comes from Minnesota, and is an indie book publisher.  His company is Rare Bird Books.  He’s so talented.  He only has to hear a song once and he nails down a great part.  He sounds like four guitars at once.  Rick has been the drummer in the band for more than fifteen years.  He’s very hardworking and artistic.  He listens to jazz as well as indie.  He likes a challenge in the studio.  Chris is from Ireland.  He lives in Los Angeles now.  He used to like metal!   He was a guitarist first.  He’s everyone’s favorite–always cheerful, very creative and (as everyone says) a very sweet guy.  He’s even taller than me–6’4″.
51MtLoCrGiLーあなたは作家としても有名ですが、執筆はいつ頃からされているのですか?
有名だなんて恐縮です。J.D. サリンジャーに憧れて、15歳から書き始めました。その頃の私は、故郷サンタバーバラの家を離れ、学校での寮生活を始めていました。通っていたフットボール・チームもやめざるをえなくて、新たにバスケットボールとベースボールを始めるまでの最初の1年は本当に孤独でしたね。
最初の小説は、出版するまで15年かかりました。アメリカの出版社3社(ヘンリー・ロリンズを含む)に受け入れられたのですが、最終的に全て出版には至らず失敗に終わりました!これにはさすがにイライラしましたね。”良い本”と言わてる書籍が多々ありますが、私のものはとっても”ファニー”です。『The King of Good Intentions (Parts I and II) 』、インディー・ロックと笑いが好きなら絶対楽しんでいただけると思いますよ!
Q. You are famous as a novelist, how long have you begun to write?
A. I am known but not a famous novelist.  I started writing fiction when I was 15 years old.  I was in love with J.D. Salinger and I went away to school (away from home and Santa Barbara, California) and quit the football team and was very lonely my first year till I took up basketball and baseball.  It took me 15 years to get my first novel published.  It was accepted by three different U.S. publishers (including Henry Rollins), but three times the deals all fell through!  Very frustrating.  There are many many good books out there.  Mine are very funny though.  Read The King of Good Intentions (Parts I and II) if you like indie rock stories and you like to laugh!)
ー音楽と執筆、創作はリンクするものなのでしょうか?それとも全く別物ですか?
両者とも、”私が全世界を構築することができるものである”という点で、関連があります。小説は、全てフィクションの世界。私が作り出したキャラクター達が、どんな奴らで何をしたいか、それを決めるのは私ですからね!彼らと一緒にいるのは楽しいですよ。私は前もって構想を練ったりはしません。曲も同様で、どのように鳴り響くのかを見るために記録します。それはまるで、何かを塗っていくかのよう。いつか、絵も描きたいですね。私が優れているとは全く思いませんが、それでも創作は好きです。
Q. Music and Novel are common each at a point creative activity, do these affect it each other? Or are these quit another thing?
A. Music and novel-writing are related in that they are things where I can create whole worlds.  A song can be an entire world.  And of course a novel story is all made up.  I love to be with my characters because I write in order to find out what they will do!  I don’t plot them in advance.  Same thing with songs:  you record them to see how they sound.  It’s like painting something.  I like to paint as well.  I’m not very good but I love it all the same.
ー長年にわたり、あなたを創作へと駆り立てるその原動力は何ですか?
たくさんあります:理想主義、本、愛、失望、希望、失望を慰めたいという願望、ビートルズ(ビートルズより優れた作品は決して生み出せないだろう…でも、いつも挑戦してます…が、未だ夢叶わず!)、そして何よりthe black watchの優秀で非常にスマートなメンバー達ですね。
Q.  What is the motivation that you fuel the spark of imagination for many years?
A. I am motivated by many things:  idealism, books, love, loss, hope, the desire to console others for their losses, The Beatles (I will never make a record as good as a Beatle record, but I will always try… and fail!), and the talented and very smart other members of the black watch.

ー音楽産業や出版業界は以前とは比べものにならないほど変化しました。この変化をミュージシャンとして、どう感じていますか?そして、この変化はあなたに何をもたらしたでしょうか?
音楽産業や出版業界の変化は、私に多くの新しくて面白い友人、ほんのわずかなお金、そして、かなりの認知をもたらしました。また、これらのおかげで家にいる時間が増えました。世捨人のように家で読み書きをして、ときどき音楽。そう、1年間ロックを聴かずにクラシックだけを聴いて過ごしました。おかげで、メロディーを作る方法が変わりましたね。その後、ビートルズを聴きました!ハハハッ! やっぱり、ビートルズ最高!!!
Q. The music industry and the publishing industry has changed a lot. How do you feel the present music industry to be as a musician and novelist? What did it bring you?
A. The changes in the music and book industries have brought me many new and interesting friends, a little bit of money, and quite a bit of recognition.  They have also made me a bit more of a recluse.  I stay home a lot and read and write and listen to music only sometimes.  I took a year off of listening to rock.  I only listened to classical for a year.  It changed the way I make melodies.  Well, I did listen to a bit of The Beatles!  Hahaha.  I love The Beatles so much.
ーもしも無人島に5枚持っていくとしたら?
『Revolve』 The Beatles
『Isn’t Anything』My Bloody Valentine
『Pink Moon』Nick Drake
『Pornography』The Cure
『Greatest Hits』Sly and the Family Stone
Q. If you were stuck on a desert island what five albums/CDs could you not live without?
A. Five albums:  Revolver by The Beatles, Isn’t Anything by My Bloody Valentine, Pink Moon by Nick Drake, Pornography by The Cure, and a Greatest Hits by Sly and the Family Stone.

ーあなたが大好きなバンドやアーティストは?
Autolux、Radiohead、The Jazz Butcher、Damn Vandals、The Spires、あと、カナダのDon Vailというバンドですね。
Q. Are there any artists or band that you are really excited about?
A. I really like Autolux, Radiohead, The Jazz Butcher, Damn Vandals, The Spires, and a band from Canada called Don Vail.
ー今後新たに挑戦したいことは?
そうですね…私達は他のどの作品とも違う新しいサウンドを纏ったアルバムを作りました。なので、次はEPになるかな。
Q. What will it be in future that you want to challenge?
A. Future challenges?  To make something new that isn’t like any of the other albums we have made.  I think it will be an EP.
ー今後の活動予定を教えてください
たぶん夏にThe Brian Jonestown MassacreのRobとスタジオ入りすると思います。
Q. Please tell me any plans in the near or distant future. 
A. We will probably go in to the studio this summer with Rob from The Brian Jonestown Massacre.
ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
日本の皆さん、どうか力を貸してください!私達は日本でライブがしたいです。東京、京都…どこでも!これを読んだプロモーターの方々、ぜひ連絡ください。よろしくお願いします。ありがとう!
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
A. Fans from Japan:  help us come play for you!  We would like nothing better than to see your country and do some gigs in Tokyo and Kyoto.. wherever we can!  Hopefully, a promoter will contact us!  That would be brilliant!  Thank you.

the black watch
1987年、John Andrew Fredrickを中心にカリフォルニア州サンタバーバラで結成されたインディー・ロックバンドthe black watch。紆余曲折あって、オリジナル・メンバーはJohnだけになってしまいましたが、現在もバンドは継続して活動を続けています。The Beatles(特に中〜後期)、The Cure、My Bloody Valentine、Sonic Youthなどのロック〜サイケデリック〜オルタナティブ〜シューゲイザー〜ポスト・ロックの影響を昇華した独自のサウンドは、本国アメリカのみならず世界中のファンを魅了しています。日本での知名度は信じられないほど低いみたいですが、おそらくそれは情報や楽曲に触れる機会が少なかったからだと思います。インタビューを読んでthe black watchというバンドに興味を持ってくださった方がいたら嬉しいです。ぜひ掘り下げてみてください。
アルバムは現在まで17枚リリースされています。John本人のオススメは『The End of When』『The King of Good Intentions』『Highs and Lows』、まずは、この辺りから聴いてみてはいかがでしょうか。
Discography
『Highs & Lows』2015 (Pop Culture Press)
『Sugarplum Fairy, Sugarplum Fairy』2015 (Pop Culture Press)
『the end of when』2013 (Pop Culture Press)
『Led Zeppelin Five』2011 (the eskimo record label)
『After the Gold Room EP』2008 (the eskimo record label)
『Icing the Snow Queen』2008 (the eskimo record label)
『Tatterdemalion』2007 (Stonegarden)
『The Hypnotizing Sea』2005 (Pink Hedgehog UK)
『The Innercity Garden EP』2005 (Pink Hedgehog UK)
『Very Mary Beth』2003 (Stonegarden)
『Jiggery-Pokery』2002 (Stonegarden)
『Lime Green Girl』2001 (Saltwater)
『The Christopher Smart EP』2001 (Saltwater)
『The King of Good Intentions』1999 (Not Lame Records)
『Seven Rollercoasters EP』1997 (Catapult)
『Amphetamines』1995 (Zero Hour/BMG
『Flowering』1991 (Dr. Dream)
『Short Stories EP』1989 (vinyl only–eskimo)
『St. Valentine』1988 (vinyl only–eskimo)