【REVIEW】TWINS “SQUARE AMERICA”

13043500_1000764363347290_488807712727417115_n2012年にリリースした自主制作盤『FUNNY FACES』から数えて3枚目、待望の新作『SQUARE AMERICA』は、TWINSらしい土埃が似合うパワー・ポップ・アルバム!
アイオワの4人組TWINS、メンバーはJoel Sires (guitar, vocals, moods)、Luke Sires (drums, vocals, business)、Harper Sires (guitar, vocals, pencil art)、Devin Ferguson (bass, vocals, smile)。その名のとおり兄弟バンド、しかも、Siresです。アイオワのバンドに詳しい方、古くから僕が主催しているイベントPower Pop Revivalを応援してくださっている方であれば、ピンと来る方も結構いらっしゃるのでは?ピンと来たあなた!正解です。2014年のPower Pop Revival  vol.3に出演してくれたDylan Sires。覚えてる方もたくさんいらっしゃるかと思います。まだ詳しく確認は取ってませんが、彼と血縁関係があるのは間違いないようです。(ちなみにDylan Siresの新作も間近ですよ!)
挨拶代わりの号砲1発、AC/DCばりのコード・リフが豪快ヘヴィーなHot Stepper、続いてのDon’t Wanna Talkと、Raging SlabとかLittle CaeserとかThe Four Horsemenとか(例えが中途半端に古いのは、昔ハマっていたから。最近だとKings of Leonあたり?)を思い出してしまうような70sリスペクトなハード・ロック・サウンドへと変化を遂げたか?(この手のサウンドも好きですが)との思いも頭をよぎったところでのMary’s Sister MargaretFeels So Good。この2曲は、先行EP『KISS OF LIFE』で既に発表されていた曲で、Cheap Trickを彷彿とさせるキャッチーなリフとメロディーが印象的。Harper作のBreakin’ Upは、アルバム中随一のビートリッシュ・ナンバー。ほとんどの曲をJoelが書いているのですが、Harperが書く曲(Mary’s Sister MargaretBreakin’ UpChangin’)は割とポップな作風が多いですね。ポップ・パンクっぽい曲調にペダルスティールがフィーチャーされたLovesick Romeo、これはアイディアの勝利。アルバムの雰囲気に溶け込むナイスなアレンジ。続くTake that Gurlがカントリー・ロック調なので尚更。この曲のタイトル、”Gurl”というところに何かこだわりを感じますね、Big Starからの影響を公言しているバンドですから。I Came for Candyは、甘酸っぱさとパワフルさを兼ね備えた、文字通り”パワー・ポップ”らしいナンバー。70sオリジナルのパワー・ポップが好きな人なら、絶対気に入るハズです。サックスが効いたブギーSchoolboys ‘N Luv、これはアメリカ人ならずとも踊りたくなります。ZZ Top然りStatus Quo然り、男臭さの象徴的リズム。ジョッキでグイッ!とビールも進みます。一転して爽やかな西海岸テイストなハーモニーのEverything Blue、これもまたペダルスティールが良い仕事。軽快なギター・リフとドライブするベースが牽引するラストの王道ロックンロールTeenage Grenade、「T-E-E-N-A-G-E」のリフレインが耳に残るナンバー。

カラッとしたアメリカンな歪みのギター・サウンド、「細かいことは気にしない、これが俺たちのロックだ!」と言わんばかりの(ジャケ写もそんな感じですよね)、豪快奔放おおらかな空気がアルバム全体を覆っています。ライブも迫力ありそうだなぁ。あと「こいつらと一緒の時はガキに戻っちまうんだよね!」っていう仲間っているじゃないですか?僕の場合はBOTBなのですが、そんな感じが伝わってくるんですよね。キャッチーだけどイナタくて、ポップだけど男くさい、良い意味で垢抜けないホント愛すべきバンドですよ。小細工なしでシンプルで理屈抜きに楽しめるアルバム。The BeatlesKinksThe Who、The Rolling StonesBig StarCheap TrickAC/DC Thin Lizzyなど往年のロック、パワー・ポップを愛するファンにとっては、今年マストな1枚!
Tracklist:
  1. Hot Stepper
  2. Don’t Wanna Talk
  3. Mary’s Sister Margaret
  4. Feels So Good
  5. Breakin’ Up
  6. Lovesick Romeo
  7. Take that Gurl
  8. I Came for Candy
  9. Schoolboys ‘N Luv
  10. Everything Blue
  11. Changin’
  12. Teenage Grenade
TWINS official : http://twinstheband.com/