【My Firsts】Paul Chastain (The Small Square, Velvet Crush)

IMG_9005
(イタリック/斜体は、奥様の解説です)
 

ー 初めて買ったレコードは?
サイモン&ガーファンクルのグレイテスト・ヒッツのLPだよ
Q. Whose record did you buy for the first time in your life?

A. Simon & Garfunkel greatest hits LP

ー 初めて観に行ったコンサートは?
The Raveという地元のバンドを、バーに見に行ったんだ
(ポールは、ミズーリ州のカンザスシティで生まれて、幼少時にシャンペーンに引っ越し、小、中、高と大学の途中までシャンペーンで過ごしました。今でもアメリカにいるときは、シャンペーンに住んでいます。当時、まだバーに入れる年齢ではなかったそうですが、semisonicのジェイクのお兄さんがそのバーで働いていて、特別にこっそりいれてもらったそうです。で、そのバンド、以下で見られます!http://theraveband.com
メロディアックなロックバンドでいつもコスプレしてるというのが当時のポールのバンドに対する印象です。例えば、メインの人はスーパーマンに似ているので、クラークケントのような格好をしてたそうです。)
Q. First concert you went to see
A. The Rave (local Champaign, IL band) at a bar

ー 初めて買った楽器は?それは今も手元に残っていますか?
チープなBeatle Bass(バイオリン・ベース)。高校生の時、お金を貯めて地元のデパートでこのベースを買ったんだ。今も大切に持ってるよ。でも、その前に僕は、中学生の頃から学校の吹奏楽団でトランペットを吹いていたんだ。兄がトランペットをしてたので家にあったし、吹奏楽団に入る前から吹いてみたりしてたんだよ。
(そういえば、ポール、マシューのミレニアムツアーでトランペットのイントロを吹いていたような記憶があります。)
Q. Instruments you bought 
A. Cheap Beatle bass copy. I was in high school. I saved money and bought the bass from a local department store. Before that I was already playing trumpet in school band (since grade school). My older brother played and so we had a trumpet in the house and i liked to try to play it before I was old enough for the in the school band.
Q. Do you still have them?

A. Yes

ー 初めてコピーした曲は?
The Beatlesの ”Blackbird”
Q. A song you practiced for the first time
A. Blackbird (Beatles)

ー 初めて曲を書いたのはいつ?
高校生の時。どんな曲だったかはもう思い出せないねえ。ベースを買ってすぐ、今度は質屋さんで安いエレキギターも買って、本を見ながらビートルズの曲を練習したんだ。いくつかコードを弾けるようになって、それで自分で曲を作り始めたよ。
Q. When did you write you own song for the first time?
A. High school. I can’t remember the songs. not long after i got the bass I also got a cheap electric guitar from a pawn shop and was learning to play Beatles songs from a song book. Then I started to try writing my own after I could play some chords.

ー 初めて組んだバンドは?
Sphinx (!?)っていうんだ
(!?が付いているのは、スフィンクスっていうんだ。かっちょわるいでしょ、えへへ。って感じで、ちょっとはずかしがってたからみたい・・・)
Q. What is your first band?
A. Sphinx (!?)

ー 初めて人前で演奏したのはいつ?
ハイスクールで開かれた、素人演芸大会。オリジナルの曲を演奏したんだけど、僕のじゃなかったような気がするなあ。みんな緊張してた。この演芸大会だけに作ったバンドだったよ。その時は、結構上手に弾いた気分になってたけど、今思うと、きっと無茶苦茶な演奏だったと思うよ。
(ポール曰く、たしかメンバーには、semisonicのジェイクや、後のポールのバンドのNinesのドラマーのジェリーがいたそうです。)
Q. When did you play in front of the audience for the first time.
A. HS talent show. We played original songs but maybe not mine. Everyone was nervous. It was a band just for this school show with extra people in it. It must have sounded terrible but we thought it was good.

ー 初めてマシュー・スウィートに会ったのはいつ?第1印象は?
たしか1987年だったかな?彼の初めてのツアー(アルバム「Earth」発売時)のリハーサルで僕らは会ったんだ。
(マシューはその頃バンドがなくて、リックに、バンドメンバーになってくれるような人を紹介してほしいと頼んだそうです。で、リックがポールを紹介した、というわけ。)
スマートでエキセントリックですごい才能の持ち主だって思った。僕らはすぐに意気投合して仲良くなったよ!
Q. When did you meet Matthew Sweet for the first time.
A. 1987(?) rehearsing for his first tour (for Earth album).
Q.  What is the impression of him.
A. smart, eccentric, talented. We became friends very quickly.

ー 初めて日本に来たのはいつ?その時の印象と住み始めてからでは印象は変わりましたか?
ちょうど僕らのファースト・シングルが発売される前、1989年だね。初めて日本にら来たときは、見るものすべてがカッコよく見えた。小さなもの〜消しゴムとか〜までね。今は、当時何をカッコよく思っていたか、思い出すのもムツカシイよ!文化の違いは今も感じる時があるね。
(以下は全く余談で、私の考えですけど、ポールさんは「いいよ」と言われても、「ちょっと手伝ったほうがいい」とか、そういうところが難しいみたい。「お弁当を子供にもたせてね」といって先に家を出たら、日本人だったらナプキンで包むのは当たり前だったりするけど、お弁当箱のまま幼稚園カバンに入れて持たせて、幼稚園の先生から「包んで持ってきてください」と注意されたのが、最近私にはウケました。)
Q. When did you visit Japan for the first time?
A. 1989 just before first single was released
Q. Was there any difference of the impression between now and then?
A. Yes. Everything was new and even the most common things  seemed cooler and interesting. A sensory overload!
Now, as I am much more accustomed to Japan, things seem mostly normal to me. I notice cultural differences more.

ー 初めてパパになった時の気持ちは?
新たな人間が一人、世界に飛び出てくるのは、とってもシュール、奇想天外だと思った。人類にも希望があるって気がした。子供たちは、僕たちをしのぎ、僕たちのささいな違いや争いを克服できるような希望を感じたよ。
Q. What was your first feeling when you became a father.
A. Seemed surreal that another person was just brought out into the world. I felt that there is now hope for the future of the human race. Our children will surpass us and rise above our petty differences and disputes.

(2015年10月にPower Pop Revival websiteでインタビューした記事の再掲載です)