Melvins “Basses Loaded”

a2965628692_10“スラッジの帝王”、”USアンダーグラウンドの重鎮”、今なお後進のバンド達に大きな影響を与え続けるキャリア30年以上のベテラン・バンドMelvinsのニュー・アルバム「Basses Loaded」、タイトルどおりベーシストが6人参加した作品です。なかでも注目はやはりSteve McDonald(Redd Kross)、Krist Novoselic(ex. Nirvana)の2人でしょう。その他、2006年から3枚のアルバムに参加したJared Warren(Big Business)、MelvinsのドラマーDale Crover、近年のツアー・メンバーでもあるJeff Pinkus(Butthole Surfers)、BuzzoとDaleのバンド「Melvins Lite」でコントラバスを弾いているTrevor Dunn(Mr. Bungle/Fantomas)。
参加曲のリストはコチラ
1. The Decay of Lying (Steve McDonald)
2. Choco Plumbing (Jared Warren)
3. Beer Hippie (Dale Crover)
4. I Want To Tell You (Steve McDonald)
5. Captain Come Down (Jeff Pinkus)
6. Hideous Women (Steve McDonald)
7. Shaving Cream (Dale Crover)
8. Planet Distructo (Trevor Dunn)
9. War Pussy (Steve McDonald)
10. Maybe I Am Amused (Krist Novoselic)
11. Phyllis Dillard (Dale Crover)
12. Take Me Out to the Ballgame (Dale Crover)
Steve McDonaldは最多4曲に参加。まさにMelvinsの真骨頂であるスラッジーなThe Decay of Lyingでの重く引きずるようなプレイ、メイン・リフのタメが半端じゃない(このタイム感がBuzzo)The BeatlesのカバーI Want To Tell Youでの冴え渡るフレージング(ベーシストならコピーして損はないですよ)、コアっぽいHideous Women、メタリックなWar Pussy、それぞれタイプが異なる楽曲でRedd Krossでは聴くことのできないSteve McDonaldのプレイを堪能できます。
そしてKrist Novoselic。何とも人を食ったようなタイトルのMaybe I Am Amused1曲だけなのですが、これがまたMelvins流ビートリッシュ・ナンバーともいえる曲で痛快。Kristのプレイも、どことなく(というか、かなり)そっち寄り。こういう曲をやるのもMelvinsですね。
Dale Croverは4曲、スラッジーなBeer HippiePhyllis Dillard、Melvinsもう1つの側面とも言えるファニーで実験的なShaving CreamTake Me Out to the Ballgame、長年バンドを支えているメンバーだけあって、さすが阿吽の呼吸。Jared Warren(Choco Plumbing)とJeff Pinkus(Captain Come Down)、ともにメタリックでヘビーな楽曲。両者ともMelvinsとの関係も長く、ここでも安定したプレイを披露しています。Trevor Dunn(Planet Distructo)はMelvins Lite時と同様、コントラバスでの参加。
聞くところによると、このアルバム・リリースに伴う年内ツアーにSteve McDonaldが参加する計画があるとのことです(公式サイトより)。こちらも続報が楽しみですね。
Melvins official : http://themelvins.net/
Translate »