【Interview】Frank Gradishar (Thrift Store Halo)

CroppedThriftStoreHalo2ー今回のインタビューで初めてあなたのことを知る新しいファンもいるかと思いますので、まず最初に簡単なプロフィールからお聞かせ下さい。
Thrift Store Halo (TSH) は、1995年初頭に私、そしてScott Proce (drums) と Brent Seatter (Guitar) の3人で結成したパワーポップ・トリオです。結成後すぐに4曲入りカセットEPをリリースし、1998年には1stフル・アルバム「World Gone Mad」をリリースしました。私達は若干の穏やかな成功を楽しんだが、1999年に解散しました。Cheap Trick、Elvis Costello、Velvet Crush、Gin Blossoms、Teenage Fanclub、 Matthew Sweetなどたくさんの素晴らしいバンドやソングライターから影響を受けています。
Q. There may be a new fan knowing you by this interview for the first time. Therefore, at first tell it from your simple profile.

Thrift Store Halo – TSH for short – is a power pop trio I formed with Scott Proce (drums) and Brent Seatter (Guitar) back in early-1995. We released one, self-titled 4-song cassette EP in 1995, and one full-length album, “World Gone Mad”, in 1998. We enjoyed some moderate success but disbanded in 1999. We are influenced by a whole slew of great bands and songwriters, such as Cheap Trick, Elvis Costello, Velvet Crush, Gin Blossoms, Teenage Fanclub, and Matthew Sweet to name just a few.

ー今回の再結成は一時的なものではなく、正式なものですよね?
そう!この再結成はパーマネントなものです。私達はみんなでたくさんの話をしました。そして今、再び3人で一緒にライブを行えることに興奮しています。それはつまり、私達が一緒にやる意義があることを感じているからなんです…私達は皆、大切な友人同士でもあるので遊ぶことも好きですし。楽しいことになりそうですよ!
Q. Is this reunion not a temporary thing?
As far as I’m concerned, the reunion will be permanent! We’ve all been talking a lot lately and I can sense we’re really excited about recording and playing live together again. It’s a great feeling knowing we are getting back together for the right reasons…because we are great friends, we love each other’s playing and we just work well together. It’s going to be fun! I hope.

ーそれを聞いて安心しました。17年ぶりに再結成するに至ったきっかけ、経緯をお聞かせいただけますか
正直なところ、私の家族や友人にとっては寝耳に水のような話だったでしょう。しかし、私は正式に再結成するという考えにゆっくり熱が入っていました。感情的な見地から、私は完全にコミットする必要があったので、時間は適当でなければなりませんでした。多くの努力とエネルギーを歌に捧げる準備をしたり、バンドのプロモーションその他を考えたりしなければならないですしね。私を知っている人は誰でも、私がこのように何かすることに同意したら、それに没頭する性格だということを知っていますよ。
Q. Please tell me an opportunity and the process that you came to reunion after an interval of 17 years.
Well, to be honest, it probably seemed to come out of nowhere, to my family and friends, but I had been slowly warming to the idea of officially reforming.  From an emotional standpoint, I needed to fully commit, so the time had to be right. Anyone who knows me knows that once I agree to do something like this, I am all in. So I had to prepare myself to really dedicating a lot of effort and energy to songs, and promotion and everything that goes into having a band.

ーメンバーとは、解散後もよく会っていたのですか?
Kevin Leeの為にとかね。3人ともよく会っていましたよ。 実は、2011年に3人でVinyl Answerというカバー・バンドも結成しました。2014年3月に解散したけど。Thrift Store Haloとしては、一回限りのショーのために3回プレイしました。2005年、2008年、2013年はThe Zombiesのオープニング・アクトを務めました。
Q. Did you meet Brent and Scott after breakup frequently?
on to play guitar for Kevin Lee. I’d  say the three of us definitely stayed on good terms. In 2011, Scott, Brent and I actually formed a cover band called Vinyl Answer; that band folded for good in March, 2014.  As for playing as Thrift Store Halo, we reformed three times for one-off shows: once in 2005, once in 2008 and once in 2013 – when we opened up for the British Invasion greats, The Zombies.

ーこのメンバーで演奏するのは、やはり特別な気分ですか?
この3人でThrift Store Haloの曲を演奏するのは、本当にスペシャルな気持ちになるんです。2人とも最高の友人で素晴らしいプレーヤー。彼らと曲を仕上げていくことは喜びに満ちています。ありきたりな言い方かもしれませんが、この3人でなければTSHの音は出せないのです。私は彼らを信頼して曲を書き、彼らは素晴らしい演奏で、それに応えてくれます。だから、上手くいくんです。
Q. Is it a special feeling to play in these members?
It really is a very special feeling playing together with Brent and Scott again as Thrift Store Halo. Both of these guys are good friends and incredible players. It such a pleasure crafting songs with them. I know it’s clichéd, but TSH would not be TSH unless each of the three of us are doing it. I wouldn’t trust bringing my original songs to anyone else to work with and craft them into full-band compositions. They just have a great skill set in arranging and presenting my vision. It just works.

ー1998年にリリースされたアルバム「World Gone Mad」は、各方面で高い評価を得ていました。そんな中での解散だった訳ですが、当時の状況はどんな感じだったのでしょう?
たしかに、素晴らしい気分でした!たくさんの賞賛を見聞きしたり、ニューヨークのレーベルから声がかかったりしました。それは実現しなかったのですが、シカゴのPravda Recordsと契約をしました。彼らは “Party of Five” や “Pensacola Wings of Gold”、 “Smallville” などのTVショウに出演させてくれました。しかし、結局は、それだけのエネルギー、お金と時間を費やした後に(アルバムを録音するために週末の1年かかりました)、風は去っていったと感じました。私は歳をとっていましたし、その頃ちょうど結婚もしました。そして、その後のキャリアを考え、学位を得る為に学校に戻る決心をしました。音楽から離れることはタフな決断でしたが、私はより多くの何かを必要としていたのです。ありがたいことに、ScottとBrentは、理解してくれました。そして、それは励みになりました。当時の決断があったからこそ、今こうして再び集まる機会を得ることができたのだと思います。
Q. “World Gone Mad” released in 1998 garnered immense praise in various quarters. May I ask about the situation when you breakup in 1999?
It did – which was such a great feeling! So many nice things were written and said about the band and we got some serious interest from a label in New York. When that failed to materialize we signed a deal with Pravda Records in Chicago to publish and help get the record out there. They did wonders getting us on TV shows like “Party of Five”, “Pensacola Wings of Gold” and “Smallville”. But, in the end, after investing so much energy, money and time – it took a year of weekends to record the album – I think I felt the wind had just gone from the sails. I was getting older and I had just gotten married and to be honest, I needed to go back to school to get an advanced degree…to have a career. It was tough walking away from it given all we put into it, but I just needed something more back then. Thankfully I was upfront with Scott and Brent and I think they understood, which helped. I think that made it possible for us to ultimately get back together all these years later and have a second life.

ThriftStoreHalo1ー音楽産業は以前とは比べものにならないほど変化しました。この変化をミュージシャンとして、どう感じていますか?そして、この変化はあなたに何をもたらしたでしょうか?
本当にそうですね!私達が活動していた1990年代なんてインターネット黎明期でしたから、ウェブサイトもメールもないし、iTunesやSpotifyなんて当然なかったですからね。ポスターとフライヤーを製作したり、カメラマンの元に出向いて撮影したり、住所を聞いてハガキを送ったり、CDを届けてその足で大急ぎでライブ会場に行ったり、ポスターを貼る為にクラブを巡ったり、スタジオでドラムやギターの録音をしたり…いま思えば、なんて激務だったんでしょう!
今は驚くほど簡単!メールもウェブもiTunesもSpotifyも…それにすごい画像やビデオが撮れるiPhoneもある。指先ひとつでテクノロジーを操れるなんて素晴らしい時代です。今やレーベルは本当に必要ではありません。YouTubeとiTunesで、オーディエンスに届けることができるんです。レコーディングしたら、ボタンを押す、それだけでいい。テクノロジーはDIYアプローチへの回帰をもたらしました。バンドは、自分自身に忠実なままでいることができるんです。それはとってもクールなことですよね。
こんな時代だからこそ、私達は本当にルーツに忠実なままでいようと思います。音楽的にもプロダクション的にも、ベース、ドラムそしてギターというオーガニックな楽器でより良い音楽を作り続けていけるように、私達なりの方法を見つけていきたいと思っています。
Q. The music industry has changed a lot . How do you feel the present music industry to be as a musician? What did it bring you?
It has! So much so. I was just recalling that, back in the 1990s, the internet was still in its infancy. We had no websites, no email, no iTunes or Spotify. It took a lot to design posters and fliers. We went to actual photographers who had develop film in a dark room and send you proof sheets. We had people sign up with their actual house addresses and then sent them post cards! We drove to clubs to hand-deliver CDs and hustle for gigs. We went back to the clubs to hand-deliver posters. We recorded in studios and took time getting drum and guitar sounds. It was a lot of hard work!
Now, it’s amazingly easier! Email mailing blasts, websites, Facebook, iTunes, Spotify, iPhones that take awesome pictures and videos! It’s so nice to have the technology at our fingertips. Record labels are not really necessary.  YouTube and iTunes is really all you need to build an audience.  Recording wise, you can now push a button and its all there. The technology has actually allowed for a return to more DIY approach. Bands can stay true to themselves. It’s pretty cool.

All this being said, we really aim to stay true to our roots, musically, and from a production standpoint. I think we will find our way and still make good music in as an organic way as we know how, with bass, drums and guitars.

ーもしも無人島に5枚持っていくとしたら?
Oh wow! タフな質問ですね。順不同です。
1) Something Happens – Stuck Together With God’s Glue .
Ed Stasiumプロデュースのこの作品は、ほぼ完璧な90sポップ。当時、とても影響を受けました。アイルランドで1番のバンドですよ(すみません, U2)
2) Velvet Crush – Teenage Symphonies To God .
リリース当時、本当に衝撃を受けました。熱のこもった演奏と真っすぐなボーカルそして歌詞、有機的で素晴らしいアルバム。本当、完璧!
3) Oasis – Definitely Maybe .
Sex Pistolsを初めてラジオで聴いた時のような衝撃で、少し飛び上がりました!ラウドで生意気で尊大、たくさんの音楽的影響が詰まってますね。
4) The Rolling Stones – Exile on Main Street .
ロックの魅力が詰まったマスターピースでしょ。 ロックとソウルとR&Bの完璧なブレンド。プロデュースも素晴らしい。
5) The Beatles – The Beatles For Sale .
私は「Rubber Soul」と「Revolver」を心から愛しています。両方ともバンドの絶頂期の作品だから。でも!「with Beatles」と 「For Sale」は、シンプルなマージービートから始まったビートルズが「Help」以降、より成熟し幅広い音楽性へとなっていく過程において、とても重要な作品だったと思うのです。
Q. If you were stuck on a desert island what five albums/CDs could you not live without?
Oh wow! This is a tough one. In no particular order:
1) Something Happens – Stuck Together With God’s Glue .
This album was a huge influence on me in 1990/1991. Produced by Ed Stasium, it was chock-full of near perfect 90s pop. Best band out Ireland. (Sorry, U2).
2) Velvet Crush – Teenage Symphonies To God .
This album really stood out to me in the mid-1990s as a real, organic and masterful album, with a tone of energy, great and earnest vocals and lyrics. Near perfection!
3) Oasis – Definitely Maybe .
This album really woke me up a bit. I missed the Sex Pistols back in the 1970s and to me, this made me feel how I assume the Pistols would have made me feel had I first heard them on the radio. Loud, brash, arrogant, and full of great influences!
4) The Rolling Stones – Exile on Main Street .
A masterpiece. Rootsy, gutsy, ballsy, and so listenable. Perfect blend of rock, soul and R&B. Also, very well-produced.
5) The Beatles – The Beatles For Sale .
I really love Rubber Soul and Revolver. Both of those albums are high-water marks for the group. BUT, with Beatles For Sale, the group started to expand from the more simplistic Mersey Beat and continued the arc that began in Help. More introspective, deeper, darker and, all around, more mature. It was a wonderful glimpse as to what was coming.

ー最近の音楽でシンパシーを感じるバンドはいますか?
ソングライターとしての観点から、私は完全に形成されたアイデア、メロディーと歌詞を持ち込む傾向があります。それから3人で曲に手を加えて、磨き始めます。アレンジ、テンポ、ダイナミクスに集中して、曲の求めるムードを捕えてくのです。私達は多くの異なる影響を受けてます … ScottとBrentは、Replacementsが大好きです。共通して好きなのはCheap TrickとThe Rolling Stones。 私は他の2人以上にパワーポップが好きですね。この関係が、とても刺激的なんです。彼らはしばしば私にはない視点で、楽曲にユニークな味付けをしてくれます。よりエッジーでガッツある感じとか。これらの影響が私達独自のバンド・サウンドを形づくる効果をもたらしているのだと思います。
Q. Do you have the band to sympathize with in recent music?
In terms of writing, I tend to bring in fully-formed ideas, melodies and lyrics. Then Brent, Scott and I start re-working and honing songs, concentrating on arrangements, tempos, dynamics and capturing the right mood for the song. The three of us have a lot of different influences…Scott and Brent really love the Replacements. We all love Cheap Trick and the Stones. I love more power pop than Brent and Scott. And that makes it all so exciting. They often bring a unique vantage point to a song that I hadn’t contemplated. A little harder edge. More guts. I love that all our influences are brought in to help shape the direction.

ー結成から21年、振り返ってみていかがでしょうか?そして、今後新たに挑戦したいことは?
たくさんの愛情と誇りと共に私達の経験した全てを振り返ります。人々が今でも私達の曲を聴いてくれていることを本当に光栄に思っています。それは、私にとって大きな意味があります。
私は最近「World Gone Mad」(現在ウェブサイトにあります)のアウトテイクを見つけたのですが、これらのおかげで当時の記憶がたくさんよみがえってきました。私もデモやポスター、写真、切り抜きなど膨大な記録が残っていて、これらの全てを振り返ることは本当に楽しいです。私には素晴らしい思い出がたくさんありますが、今再びスタートの時を迎えることができました…新曲やライブ、楽しいことが待っていてワクワクしています!
Q. The band had many twists and turns for 21 years. How does it feel when you look back? What will it be in future that you want to challenge?
I look back on all of our collective experiences with a great deal of fondness and pride. I am truly flattered that people still listen to the songs. It means a great deal to me.
I just found a bunch of outtakes from the World Gone Mad record, which are now up on the website, and they brought back a lot of memories of the recording process. I also have a huge archive of demos, posters, pictures, press clippings, etc. and it’s really great to look back at all of these things. I have great memories and the best part is, we have a whole new lease on life…new songs in the works and new shows in the future. It’s all exciting!

ー今後の活動予定を教えてください。18年ぶりのアルバムを期待してもいいですか?
あなたのサポート、心から感謝しています。世界とつながっているんだと実感しています。新曲ができたら最初に聴かせますよ!
Q. Please tell me your plans from now on. We wish your NEW release for the first time in 18 years. We will always be there for you!
I will definitely keep you updated! We truly appreciate your interest and support. It means the world to us. We’ll definitely share our new tracks with you first!

ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
日本の皆さん、Thrift Store Haloを知ってもらえて、とても嬉しいです!ありがとう!皆さんの元でショーが行える日が来ると信じています。You rock!!
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
Greetings Japan! We’re excited to have you get to know Thrift Store Halo! With any luck we will get to come visit you and play a show or two. Thank you to Hiroyuki for your support! You rock!!

Thrift Store Halo official web site