The Jayhawks “Paging Mr. Proust”

jayhawks思えば、私がThe Jayhawksを知ったのは アルバム「Hollywood Town Hall」 がリリースされた1992年。当時の私(21)はThe Black Crowesにドップリ心酔しておりまして、長髪ベルボトムにスカーフやらネックレスやらブーツやらのロッカー気取りでいた訳なのですが、そのThe Black Crowesの2ndアルバム「The Southern Harmony And Musical Companion」 とほぼ同時期に発売されたのが「Hollywood Town Hall」。レーベル(Def American)も一緒、プロデューサーGeorge Drakoulias、エンジニアBrendan O’Brienも一緒。ここまで来たら買うしかありません。当時は試聴する術も今のようには整ってなどいない環境だったので、未聴のまま購入しました。寒空の雪景色にたたずむ4人のメンバーが印象的なジャケット、それを物語るかのような1曲目 “Waiting for the Sun”、もう虜になりました。Gary LourisとMark Olsonが奏でる(良い意味でラフな) “自然体” のハーモニーは耳に心地よく響き、続く名盤の誉れ高い 「Tomorrow the Green Grass (1995) 」リリースの頃には、それはもう毎日のように聴いていたことを思い出します。(BluesやSoulなど、黒人音楽の影響が濃いThe Black Crowes、カントリーやフォークの影響が濃いThe Jayhawks、根っこは違えどルーツ・ミュージックをこよなく愛する2バンドはツアーを一緒に周ることも多く、その後も交友は続いているようで、2008年にリリースされたMark OlsonとGary Louris奇跡の再会アルバム「Ready for the Flood」では、The Black CrowesのChris Robinsonがプロデュースをしました。)
その後、Mark Olsonはバンドを去ってしまいましたが、スローなペースながらもバンドは継続、3枚のアルバムを発表した後の2011年にまさかのMark Olson復帰、「Tomorrow the Green Grass」のラインナップに戻ったバンドはファン歓喜の中、アルバム「Mockingbird Time」をリリース。しかし…程なくして再びMark Olsonはバンドを離脱、残された4人はGaryを中心にその後も活動を続け、この度5年ぶりとなる新作を発表しました。それがこの「Paging Mr. Proust」。
Peter Buck (R.E.M.) とTucker martineのプロデュースの元、奇をてらうでもなく、相変わらずの素晴らしいメロディーとハーモニーが全体を包み込んでいます。安定感のある#1や#5を聴くと「あぁ、やっぱりThe Jayhawksだなぁ」と、しみじみ。オルタナティブなタッチの#2や#9、さりげないギターのフレーズに心奪われる#3、スワンプ・ロックっぽい#7やディラン的な雰囲気の#8、アップ・テンポな#10など、ブレない芯がありながらもバラエティーに富んだアルバムだと言えるでしょう。世界中のミュージシャン達が、こぞってフェイバリット・バンドの1つに挙げているThe Jayhawks(当サイトにも登場していただいたDaniel WylieやDropkickもファンであることを公言していますね)、愛され、リスペクトされる理由はどこにあるのか、その答えはご自身の耳で確かめてみてください。

初めてThe Jayhawksを聴いた時から24年、月日が経つのは早いというか何というか…紆余曲折ありながらも未だに歩みを止めず、こうして新作を届けてくれたことに感謝。そして、今度こそ日本ツアーお願いします!

Track list
1. Quiet Corners & Empty Spaces
2. Lost the Summer
3. Lovers of the Sun
4. Pretty Roses in Your Hair
5. Leaving the Monsters Behind
6. Isabel’s Daughter
7. Ace
8. The Devil Is in Her Eyes
9. Comeback Kids
10. The Dust of Long-Dead Stars
11. Lies in Black & White
12. I’ll Be Your Key
Release Date : April 29, 2016
Label : Sham
Official Website : http://www.jayhawksofficial.com/
Facebook : https://www.facebook.com/jayhawksofficial/

Translate »