Bob Mould “Patch The Sky”

bobmouldHüsker Dü〜Sugar そしてソロ….長年、U.S.インディーの最重要人物であり続けるBob Mould、約2年ぶりのアルバムです。メンバーは、前々作「Silver Age」から続くトリオ編成で、ご存知Superchunkなどでもお馴染みの2人、Jon Wurster (Drums, Percussion)、Jason Narducy (Bass, Background Vocal) 。とにかくこの3人の相性のよさは抜群(そりゃそうですよね)で、Sugar以来の “バンド” といっても、もう過言ではないでしょう。ソロ名義では何かいろいろな方向に行ってしまうこともあったけど、ここ3作で聴けるパワーコード主体のハードエッジなギターと、ポップでキャッチーで哀愁あるメロディーのオンパレード、これこそがBob Mouldの真骨頂だと個人的には思ってます。アコギもストリングスもエレクトロ・サウンドもない、3人の音が塊となって放出されています。ますます益々バンドとしてのまとまりのある音、迫力のある音。どの曲がどうとか言うのは野暮ってもの、どこを切っても安心のBob Mould印です。この人がいなかったら、きっとNrvanaもPixiesもFoo Fightersも生まれていなかったハズ。後追い世代の方々にも是非とも聴いてほしいアルバムです。

Track list
1. Voices In My Head
2. The End of Things
3. Hold On
4. You Say You
5. Losing Sleep
6. Pray For Rain
7. Lucifer And God
8. Daddy’s Favorite
9. Hands Are Tied
10. Black Confetti
11. Losing Time
12.Monument
Release Date : March 25, 2016
Label : Merge Records
Official Website : http://bobmould.com/