【INTERVIEW】Lee Ketch (Mooner)

Moonerー今回のインタビューで初めてMoonerのことを知る新しいファンもいるかと思いますので、まず最初に簡単なプロフィールからお願いしますQ. Q. There may be a new fan knowing Mooner by this interview for the first time. Therefore, at first tell it from your simple profile.
Moonerのボーカル/ギター、ソングライターのLee Ketchです。Moonerはシカゴを拠点に活動している70年代風のギター・ポップ・バンドです。いろいろな音楽から影響を受けてますが、特にBig Star、Weezer、Wilco、Warren Zevon、Field Music、Teenage Fanclubなどが好きです。
We are a Chicago band who play 70s rock inspired guitar pop. We’re inspired by all kinds of music but mostly pop artists like Big Star, Weezer, Wilco, Warren Zevon, Field Music, and Teenage Fanclub. My name’s Lee and I write the songs, sing and play guitar.

ーMooner結成のいきさつと、バンド名の由来は?
Q. Please tell me the story of the organization in Mooner.
2009年に私と兄弟、ハイスクールの友人とで始めました。弟のAndyは当時まだ13歳だったんですよ。今に至るまでメンバー・チェンジなど紆余曲折ありましたが、私とAndyはだいたい一緒ですね。
Mooner started in 2009 with my brothers and a high school friend. Andy was 13 at the time. The band has seen many different versions come and go since then but my brother Andy and I have been in the band more or less since the beginning.

ーバンド名の由来は?
Q. What is the origin of the band name “Mooner”?
オレゴン郊外を彼女(今の妻)とドライブしていた時に、バンドの名前を付けたいって話になったんです。1つの単語がいいなと考えていたら、彼女がMoonerと思いついたんです。ロマンチックだったり低俗だったり…いくつかの異なる意味を持っているこのMoonerという言葉を私はすぐに気に入りました。
I was driving around an Oregon suburb with my girlfriend (who is now my wife) trying to come up with names for the band. I wanted a name that was a single word and she came up with Mooner. It sounded romantic but also vulgar. I liked that people could take it a few different ways.

ーメンバーについて、お聞かせください
Q. Please explain the current members.
Lee Ketch(Guitar and Vocals)
Nick Harris(bass and sings : Peasantryというバンドでもプレイ)
Steve Slagg(keyboards and sings : Youngest Sonというバンドでもプレイ)
Joe Pruitt(guitar : Son of Ramsというバンドでもプレイ)
Andy Ketch(drums : ソロ活動や私とのバンド、The Obleeksでもプレイ)
There’s me, then Nick Harris plays bass and sings (he has a band called Peasantry), Steve Slagg plays keyboards and sings (he has a band called Youngest Son), Joe Pruitt plays guitar (he has a band called Son of Rams) and my brother Andy plays drums (he releases solo records and we have a band called The Obleeks). 

ーこれが初めてのアルバムですが、今作の構想や曲作りはいつ頃から?
Q. This is the first album. When did you elaborate a plan from? When did you write these songs?
曲を書いたのは、2009年から2014年の間です。当初はレコーディングしようなんて全く計画していませんでした。 およそ1年の間、私達は週末にKingsize Sound Labsというシカゴのスタジオに入り、11曲をアルバムとしてまとめたのが今作です。メンバーは私とSteve以外、今とは全く異なっています。Adam Bonich(Dr)、John Gargiulo(Gu)、Taylor Briggs(Ba)。 ほとんどの曲はライブ・レコーディングです。プロデューサー/エンジニアのMike Hagler、私、妻のKit Shieldsと3人で時間をかけて収録曲を選びました。
I wrote these songs between 2009 and 2014. We didn’t plan this record out. Except for Steve and I, an entirely different band recorded this record. For about a year, we went in on weekends to a studio in Chicago called Kingsize Sound Labs and we would record a handful of songs at a time. Eventually, we had eleven songs and put it together as a record. The band at that time was me, Steve, drummer Adam Bonich, guitarist John Gargiulo and bassist Taylor Briggs. We mostly recorded the record live and then spent a long time tweaking it with our producer/engineer Mike Hagler and my wife, Kit Shields.

ーレコーディングは順調に進みましたか?苦労した点などありましたか?
Q. Did the recording advance smoothly? Were there the points that had a hard time?
レコーディングは楽しみでいっぱいでした。スタジオ・オーナーのMike Haglerが、信じられないような空間を作ってくれたおかげで、止めどなくアイディアが浮かんできました。ミキシングは大変でしたね。たくさんの良い演奏が録れたから、この中から収録曲を選ぶのも、ふさわしい曲順を考えるのも悩みましたよ。楽しい反面、難しい決断をしなければならない時間でもありましたね。Mikeは迅速にソツなく仕事をこなしてくれました。
The recording was a lot of fun. The studio owner Mike Hagler has an incredible space that is endlessly inspiring. Mixing was the hardest thing to accomplish. We had recorded a lot of great performances but they had to be sorted out, organized and put into the right place. It was a time where we had to make a lot of hard decisions. Mike is a fast worker so he made our on-the-fly mixing easier to bear.

ー”Supershifter”は、3度目(2009年EP、2012年EP)のレコーディングですね。この曲はあなたにとって、どういう位置付けなのでしょうか?
Q. “Shapeshifter” is the third recording. Is this song with a special meaning for you?
“Supershifter” は、私がMoonerの為に書いた最も初期の1曲です。大学の夏休み初日、家に帰って座って書いたことを覚えています。この曲は、詩的な感覚からインスパイアされたままに曲を書くことの難しさを表現しています。私がすらすらと書いた曲のテーマが、曲を書くことの難しさだなんて奇妙なことですね。初期のバージョンはこちらで聴くことができますよ。
This is one of the earliest songs I wrote for Mooner. It was my first day back home on summer break from college and I wrote it in one sitting. The song is about how it can be hard to feel inspired to write songs, the muse or whatever you want to call it. It’s weird that a song I wrote very easily is about how hard it is to write songs. You can listen to an early version here.

ー”Masterpiece” は、奥様に捧げた曲だそうですが、何かエピソードがあったら教えてください。
Q. I heard that “Masterpiece” was the song that you gave to your wife. If there is an episode concerning this song, would you please?
2人の関係がいかにスペシャルかっていう曲さ!
It’s a song about how special our relationship is to me. It’s very sappy.

ーアルバムからのファースト・シングル “Alison” は、タイトルから察するに、やはりElvis Costelloへのリスペクトの意味も込められてるのでしょうか?
Q. First single “Alison” from an album, is there meaning of the respect to Elvis Costello? I guessed from a song title.
“Alison” は、元々私の中学時代の教会キャンプに対する賛辞として書いたのですが、あらためて見返してみると、音楽的に、そして、主題としてElvis Costelloの “Alison” に、ちょっと繋がりがあるとも受け取れますね。コステロの “Alison” は、関係が終わったずいぶん後に、その女性に会う曲。そして、私の “Alison” は、女性に会った最初の瞬間から始まる曲。たぶん、この2つの “Alison” の間に何があるかについて説明する、もう一つの “Alison” がいるでしょうね。
The song started out as a tribute to my middle school church camp crush but musically and thematically it sort of evolved into a response to Elvis Costello’s “Alison”. Now that I’m thinking about it, Costello’s “Alison” occurs when meeting a lady long after their relationship has ended and my “Alison” occurs from the first moment a guy saw a lady. Maybe there’s an “Alison” that explains what happens in between.

ー”Never Alone”の実験的なインストゥルメンタル・パートや、続く “I’ll See You Again” からは、Wilcoの影響が見受けられます。いかがでしょうか?
Q. An experimental instrumental music part of “Never Alone “, and next song “I’ll See You Again “, influence from Wilco is founded. How about it?
Wilcoの曲って、始めと終わりが別の雰囲気になっているようなものがありますよね。私はそれが大好きで、インスピレーションを得ることが多いです。”I’ll See You Again” は、とても短くシンプルな曲ですが、素晴らしい雰囲気を作り出せたと思います。この曲のドラムは、サウンドの鳴りなどを確かめるテストとしての意味もあり、Adamが即席で作りました。それは、純粋なコラボレーションが生まれた1つの瞬間でした。
I like how Wilco start a song as one thing way and by the end it’s another thing so I draw inspiration from that. “I’ll See You Again” was a really short simple song and the band created a lot of pretty atmosphere for it. Adam improvised his drums as a test to see how it would sound and we just kept it. It was definitely one moment that felt like pure collaboration.

ーギターが前面に出た録り音ですね。サウンド面で、目指した音、参考にしたアルバムやアーティストなどはありましたか?
Q. This album is an outstanding guitar sound. Were there the sound that you aimed at, the album or the artist who referred to it?
ありがとう!”Anytime” などは、Teenage Fanclub的ですね。Neil Young、Robert Quine、Matthew Sweet、U2、Dinosaur Jr. などは、メンバー全員好きです。今作のギタリストのJohnは、たくさんのエフェクターを使用し、とても大きな音を好むプレイヤーでした。私は、そんな彼の個性がこのアルバムのギター・サウンドを大きく印象づけていると思います。私の下の弟、Davidもストレンジなプレイを披露してくれてますよ。彼のプレイ・スタイルは本当にユニークなんです。
Thank you! Teenage Fanclub came up a lot when we were working on songs like “Anytime”. Neil Young, Robert Quine, Matthew Sweet, U2 and Dinosaur Jr. are artists we all like. Mostly, the guitar was inspired by the players. The guitarist for this record, John, favored really big sounds with lots of effects and I think his personality led the way for the guitar sounds on this record. My younger brother David played some parts and he has a very strange, rough playing style that really made the songs he plays on unique to him.

ー主な使用機材を教えてください
Q. What are the main equipments which you used this recordings? 
ギターは、Fender ジャガリロ、Fender サイクロン、90年代Fender ジャガー、Danelectroの12弦、Gibson J-45、Ovation ブレッドウィナー、Gretsch カントリー・ジェントルマン、70年代Fender テレキャスター、 現行Gibson レスポール、”I’ll See You Again” のチェロ風サウンドは、Danelectro ’63にbass bowを使ってみました。ベースは、現行Fenderのプレシジョン・ベース。最も使用したアンプは、Ampeg ジェミニ II、その他Fender チャンプ、 Fender プリンストン、Epiphone ペースメイカー(私のお気に入り)、Vox AC30、Ampeg B-15などですね。Steveは、60年代Wurlitzer grand、electric piano、Hammondの古いB3を使用しています。ドラムはヴィンテージのLudwigです。
Thank you for asking. The guitars we used were the Fender Jaguarillo, Fender Cyclone, 90s Fender Jaguar, Danelectro 12 string, Gibson J-45, Ovation Breadwinner, Country Gentleman, 70s Fender Telecaster, a recent Gibson Les Paul and the weird cello-sounding instrument on “I’ll See You Again” is a Danelectro ’63 played with a bass bow.  The bass guitar was a recent Fender P-Bass. We used a ton of amps but got the most use out of an Ampeg Gemini II, Fender Champ, Fender Princeton, Epiphone Pacemaker (my favorite amp), Vox AC30, Ampeg B-15 and a First Act battery-powered amp. Steve played out of a 60s Wurlitzer grand and electric piano and an old B3 Hammond. We used a vintage Ludwig kit for the whole record.

ーアルバムやEPのジャケットは、モノクロの色使いが多いですね。そういったイメージのコンセプトとかがあるのでしょうか?
Q. The artwork of your work has much black and white. Will there be the concept of the image?
白黒のイメージが、Moonerにピッタリだと思っています。それが正しいと思える限りは、使い続けていきますよ。2枚目のEPから、アートワークは、私の高校の時からの友人Jeff Frankenhauserが手がけてくれています。
I think black and white fits this band and I’ll stick with it as long as it feels right. Since our second EP, the art has been handled by my high school friend Jeff Frankenhauser.

ー最近の音楽でシンパシーを感じるアーティストはいますか?
Q. Do you have the artist to sympathize with in recent music?
私は今までの質問で答えていたようなバンド、作品をが全て大好きです。その他では、Arts & Letters、Terriers、Tenement、Drose、Zapruder Point and Mamaなどですね。
I love all projects of the guys in the band, listed above, but I also love Arts & Letters, Terriers, Tenement, Drose, Zapruder Point and Mama to name a few.

ーあなた自身が音楽を聴く時は、どんなフォーマットで聴くことが多いですか?
Q. When you listen to music, what kind of format do you often listen with?
デジタル・フォーマットですね。
Digital.

ーインターネットはミュージシャンに自由をもたらしたと思います。ファンに向けて素早くダイレクトに曲を届けたり、直接コミュニケーションすることができます。一方で、フィジカルの売上は減少しています。ミュージシャンは新たな収入源を模索しなければなりません。音楽業界にとっての課題は、アーティストとユーザーがみんなでハッピーになる方法を見つけ出すことだと思います。今の音楽業界をミュージシャンとしてどう感じていますか?今後どのように変わっていくと思いますか?
Q. I think that the Internet brought freedom to a musician. Using the Internet, we can send music to the directly fans of the world quickly. In addition, we can communicate with a fan directly. In the meantime, the sales of the Physical decrease year by year. Musicians must explore a new income sources. The challenge for the music industry  is to find a way that artists and consumers all happy. How do you feel the present music industry to be as a musician? How will you think that you change in future?
私達は、いわゆる音楽産業との関係性はないところに位置しているので、私にはちょっとわからないですね。疲れも知らずにツアーに明け暮れ、ソーシャルメディアを活用し、収入に繋げているバンドもいくつか知っていますが、私世代の殆どのミュージシャン達は、音楽とは別の仕事をしながら、自由な時間にできるだけ音楽をやっていると思ってください。私は、インターネットは素晴らしいと思います。私は普段、コールセンターで働いています。そして、電話の間に、私はスペインのパワーポップフォーラム、日本のレコード店、セントルイスのDIYコミュニティとシカゴのクラブに連絡することができます。私には生活の為の仕事があって、世界中に偏在するインターネットがあるからこそ、バンドを続けていけるのだと思っています。私は収入を生み出すことを音楽に要求していないので、音楽産業で生きていくことの難しさを知らないので、推測することができません。この作品をリリースしてくれたのは、Aerial Ballet Recordsという小さいけれど素晴らしいレーベルです。是非ご覧くださいね。
We have no ties to the industry in any official manner so I don’t know what it’s like. I think that a lot of musicians my age, especially working in rock music, expect to work a job and do music as much as they can in their free time. The few bands I know who are actually making money really are tireless with touring and social media which I don’t do. I think the internet is great. I work at a call center and in between calls I can reach powerpop forums in Spain, a record store in Japan, a DIY community in St. Louis and a club in Chicago. I can work a real job and accomplish things for the band using this ubiquitous tool. Since I don’t require my music to generate income, I am ignorant of the difficulties of working in the industry and can’t speculate about what it might be like. For the ins and outs of releasing this record, we worked with a great small label called Aerial Ballet Records and I recommend you all take a look.

ー今後の活動予定を教えてください
Q. Please tell me your plans from now on. We will always be there for you!
セカンド・アルバムのレコーディングを始めています。年内にはリリースできるといいですね。
We’re recording our second album right now. We hope to have it released this year.

ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
日本のDream On Recordsというレコード店で、アナログ盤100枚ソールドアウトしました。このショップは他にも中西部のポップ・バンドのレコードを取り扱っている素晴らしいショップなんですよ。私達のレコードを買っていただき、どうもありがとうございます。「Masterpiece」が、日本の誰かのレコード棚に置いてあるなんて、信じられないようなことです!本当にありがとう。
There is a record store in Japan named Dream On Records who recently stocked a handful of our 100 handmade vinyl and they sold out immediately. They’ve stocked the records from a number of other Midwestern pop bands, too. Thank you so much for buying our record. It means so much to me that Masterpiece is sitting on someone’s record shelf in Japan.