Daniel Wylie’s Cosmic Rough Riders “Chrome Cassettes”

danielwylieグラスゴーの魔法を信じるかい?
アラン・マッギーがクリエイションの後に設立したレーベル「Poptones」、その黎明期を支えたといってもいいバンド、それがCosmic Rough Riders。大ヒットしたアルバム「Enjoy the Melodic Sunshine」(最近、デジタルでリイシューされました。しかも25曲も追加!)や、シングル “Revolution (In The Summertime?)” で、ご存知な方も多いと思います。そんなCRRの中心人物がDaniel Wylie…というより、Daniel Wylie=Cosmic Rough Riders(経緯、詳細はインタビューをご参照ください)です。私も無知でした。2002年に脱退後、6作目となるアルバムが、この「Chrome Cassettes」です。
冒頭を飾る “Yesterday’s A Waste Of Time”、グラスゴーの息吹を感じる美メロとコーラスと歪んだギター…1曲目からハートを鷲掴みされます。いきなり名盤の予感が漂ってきます。歌詞に描かれた ”やり場のない気持ち” をぶつけたかのようなJohnny Smillieによるラスト2分のエモーショナルな長尺ギター・ソロのカタルシスは、まるでNeil Youngの “Like A Hurricane” か、Tom Pettyの”Refugee”(ライブ・バージョン)。私の大好きなタイプのギターです。フェイドアウトさせなかった(これスゴく大事)プロデュースも見事です!一転してアコースティックな#2、トラッド色あるフォーキーなナンバーです。続く#3は開始1秒でノックアウトされるでしょう。他の曲もそうなんですが、どれもイントロが素晴らしい!仰々しいとかではなく、本当に一瞬にして空気を変える、ハッとさせられる、気がつくと楽曲に引き込まれてしまうんです。”無駄がない” とは、こういう事を言うのでしょうね。メロディー&ハーモニーが秀逸な#4…やっぱり、グラスゴーって素敵ですね。これはシングアロングな曲。アシッドでサイケでフォーキーな要素たっぷりの#5や#8、#10、この辺りの雰囲気はDanielの特徴の1つですね。そして、Motownビート meets Fuzzギターのグルーヴィーな#6、21世紀版 “(I Can’t Get No) Satisfaction”と言っていいほどの黒っぽさ。ここまで来ると1曲目で感じた予感は確信に変わっていますね。#7はThe La’s的な朴訥とした美しさ!トレモロの浮遊感が心地よくトリップさせてくれるドリーミーな#9は、インタビューでDaniel自身がフェイバリットに挙げていた曲です。じっくりと味わってください。
Daniel Wylieのメロディー・センス、曲の良さ、ハーモニー…どれを取ってもAwesome!共同プロデュースのJohnny Smillieも、Danielの長所をよくわかっている仕事っぷりです。次回作(何やらエレクトロ・ポップとのことです)も、楽しみですね。
もう1度…グラスゴーの魔法を信じるかい?答えはもちろんYes!

Track list
1. Yesterday’s A Waste Of Time
2. A Beautiful Sunrise
3. I’m Out Of My Mind
4. Misty Dreamer
5. Dark Forest
6. You’re Predictable
7. Another Wasted Day
8. Some Great Messages
9. Follow You Home
10. I Should Disappear

Release Date : 2015/09
Label : Daniel Wylie Records
Facebook : https://www.facebook.com/danielwyliemusic/
Amazon :  http://www.amazon.co.jp/