【INTERVIEW】Daniel Wylie (Cosmic Rough Riders)

danielwylie1ーニュー・アルバム発売おめでとうございます。まずは簡単な自己紹介をお願いします。
こんにちは!私はDaniel Wylie。シンガーソングライターで、Cosmic Rough Ridersのただ1人の創設メンバーで創作者です。CRRは元々ソロ・プロジェクトだったんだけど、Alan McGeeがクリエイション・レコード倒産後に運営していたポップトーンズ・レーベルの為のショウケース・ライブ後に、ついうっかりバンドにしてしまってさ。ポップトーンズと契約して何曲かUKトップ40入りしたし、アルバム「Enjoy The Melodic Sunshine」は、10万枚売れたんですよ。音楽的には幅広く影響を受けてますね。特にR.E.M。あとは、Neil Young、The Beach Boys、The Byrds、The Beatles。他には1950、1960、70年代のカントリー・ミュージック、 Sex Pistols、Buzzcocks、Siouxsie & the Banshees、Magazineなどの70年代パンク…あとは…Roxy Music…David Bowie….Hank Williams、The Eagles…60年代ポップ・レゲエ…The ShinsやFleet Foxesもいいね…Crosby, Stills & Nash…The Rolling Stones、The Hollies…The Jayhawks…Frank Sinatra、Nancy Sinatra、Nat King Cole…Laura Nyro、Joni Mitchell、The Monkees、Carole King….とにかく音楽が大好きさ!
Q. Congratulations on new album release.  Please introduce yourself.
I am Daniel Wylie, singer songwriter, sole founding member/creator of Cosmic Rough Riders. CRR was originally a solo project that inadvertently became a band after a showcase gig for Alan McGee, who at the time was running his Poptones label, after the collapse of Creation Records. We signed to Poptones and had some top 40 UK hit singles and an album (Enjoy The Melodic Sunshine) that sold 100,000 copies. My influences are wide in range. R.E.M. are a big influence. Also Neil Young, The Beach Boys, The Byrds, The Beatles. I also love a lot of 1950s, 1960s and 70s Country Music. I loved 70s Punk…Sex Pistols, Buzzcocks, Siouxsie & the Banshees, Magazine…also great bands like…Roxy Music…David Bowie….Hank Williams, The Eagles…60s pop Reggae…I also love The Shins and Fleet Foxes…Crosby, Stills & Nash…The Rolling Stones, The Hollies…The Jayhawks…Frank Sinatra, Nancy Sinatra, Nat King Cole…Laura Nyro, Joni Mitchell, The Monkees, Carole King….I just love music.

ー今作の構想や曲作りはいつ頃から?
「Chrome Cassettes」の楽曲は、2曲を除いてレコーディング・セッションに入る前に書き終えてました。”Another Wasted Day” は、元々あった曲を、このアルバム用に書き直しました。”Dark Forest” も古いんですが、前のアルバム()に入れなかった曲なんです。親友達がこのアルバムで演奏してくれたので、とても助かりました。参加してくれたミュージシャンは皆、プロデューサーのJohnny Smillie(Thrum)の元、全てを出し切ってくれました。実を言うと、制作期間中は私のお母さんが末期がんにかかっていたので、精神的に負担の大きいアルバムでした。彼女がこのアルバムを聴くことができるよう、完成を急ぎました。そして、Johnny Smillieの素晴らしい助けのおかげでレコーディングは無事遅れずに終え、お母さんに聴かせることができました。彼女はとても、とても褒めてくれました。
Q. This is the splendid album. When did you elaborate a plan from? When did you write these songs?

The songs on “Chrome Cassettes”, were all written in the year leading up to the recording sessions apart from two songs.  “Another Wasted Day”, which was an older idea that I re-wrote to fit the new album. “Dark Forest”, was another older song that was left over from my previous album. I was lucky enough that some good friends of mine were available to play on the album. Every musician gave their all to the songs as did my -producer Johnny Smillie (from the band Thrum). It was a stressful album for me to make as my mum had terminal cancer while I was making it. It was a rush to get it finished so she could hear it. Thanks to the great help of Johnny Smillie, I got the album finished in time and my mum heard the album. She gave it her approval.

ー”Daniel Wylie’s Cosmic Rough Riders” 名義での初アルバムですね。2002年にCRRを脱退して以来かと思うのですが、何故今回この名義でリリースすることを決めたのでしょうか?参加メンバーは全員CRR?
Cosmic Rough Ridersとは、 “私” のこと。私のレコードで誰が演奏しててもね。2002年にバンドを脱退した時、名前についての争いがあったんです。最近、ある弁護士にバンド名の協定を今一度見てもらいました。そして、私が名前を使用しても法的に何の問題もないことを確認しました。それで再び名前を使用することにしたんです。ただ「Cosmic Rough Riders」という名前ではなく「Daniel Wylie’s Cosmic Rough Riders」とした理由は、元々「Cosmic Rough Riders=私」だということを人々に思い出させる為に、あえて私自身の名前にそれを加える方を選んだんです。
Q. This is the first album by the name of “Daniel Wylie’s Cosmic Rough Riders”. I thought for the first time since you left CRR in 2002, would you decide to release it with why this name? Are all the musicians who just participated in a product members of CRR?
Cosmic Rough Riders is me. Whoever I choose to play on my records is up to me. When I left the band in 2002, there was a fight over the name. Recently, I had some lawyers have another look at the band name agreements and it was agreed that there was no reason for me not to use the name. My legal advise was that I had a strong case to use the name again. Rather than just use the name Cosmic Rough Riders on its own, I chose to add my own name to it so I could also draw attention to my releases under my own name and also to remind people that Cosmic Rough Riders was originally me solo.

ーアルバム・タイトル「Chrome Cassettes」の由来は?
家でデモを録る時はいつもアコースティック・ギターをコンデンサーマイク付きの古いラジカセで、直に(chromeの)カセットに録音してるんです。アルバム・タイトルは、ここから来ています。
Q. Please tell me the origin of album title “Chrome Cassettes”.

I have always demoed my songs at home with an acoustic guitar…direct to (chrome) cassette, on an old ghetto blaster with an in built condenser microphone. So that is where the album title came from.

ーカセット、レコード、CD、あなたはどの音が好き?
CDの方が音は良いんだろうけど、レコードが好きですね。あの大きなアートワーク、盤そのもの、ターンテーブルを回っている姿、カバーの匂い…全部好きです。カセットは…デモ録りに使っているけど、それで音楽を聴こうとは思わないかな。
Q. Cassette, vinyl, CD, do you like sound of which?
CD is sonically better but I do love vinyl. I love having big artwork and I love actual records and the whole fun of watching it turn on the turntable…I love the smell of the sleeve…cassettes…I use them to demo on but I would never choose them to listen to music on as they sound terrible.

ーレコードといえば、今作はスペインのレーベル(You are The Cosmos) からアナログ盤が出ましたね?
CDは私のレーベルから限定でリリースしました。友達がスペインのYou Are The Cosmos Recordsを教えてくれたので、オーナーのPedro Vizcainoと話を進めたんです。シングルかと思ってたのですが、彼がとても気に入ってくれたんですがおかげで、アルバムのリリースになりました。
Q. Speaking of vinyl, as for this album, was vinyl released from a label (You are The Cosmos) based in Spain?
I released a limited edition CD on my own label. A friend told me about You Are The Cosmos Records, in Spain and I opened dialogue with the owner, Pedro Vizcaino about maybe releasing a single…then he suggested releasing the album as he liked it a lot.

ー”Yesterday’s A Waste Of Time”、ラスト2分の長尺ギター・ソロ、とても痺れます!これは、あらかじめ予定していたんですか?それともレコーディング中に気持ちが盛り上がっていった結果なんですか?
エンディングで長いギター・ソロを入れようと思ってた曲が2曲ありました。”Yesterday’s A Waste Of Time” と “Shine Your Love On me”というアルバム未収録曲。スタジオでバンドが演奏している時に、ギター・ソロのアイデアをいくつか口ずさんでました。共同プロデューサーのJohnny Smillieに、ソロを入れるのはどうかと聞いてみたら、グッドアイデアだということになりました。そして、君が聴いたとおり、Jonnyはこの曲に魔法をかけてくれたんです!この曲ではNeil Sturgeon、Raymond Meade、Johnny Smillieの3人がギターを弾いています。メインとエンディングのソロはJonnyです。
Q. About “Yesterday’s A Waste Of Time”. I am so excited at the last guitar solo of 2 minutes! Is this the constitution that you planned beforehand? Or is it the result that a feeling became lively during recording?
I had two songs that I had planned to have long guitar outros. “Yesterday’s A Waste Of Time” and a song called “Shine Your Love On me”, which didn’t make the album. In the studio, as the band played the song, I sang some ideas for guitar solos. My co-producer, Johnny Smillie, asked if he could have a go at playing solos on the song and we all agreed that it would be a good idea. As you can hear…he worked his magic on the song. There are three guitar players on the song. Neil Sturgeon, Raymond Meade and Johnny Smillie. The main solos on the end section are by Johnny.

danielwylie2ーモータウンのビートにラウドなファズギターが魅力の”You’re Predictable”、このテイストは新境地なのでは?
ファズのパートはRaymond Meadeが弾いてるけど、アイデアを出したのはたしかJohnny Smillieだったかと思います。元々はアコースティックの曲として録音しようと思ってたんですが、ギリギリで考えが変わりました。
Q. “You’re Predictable” is awesome! Motown-Beat meets Fuzz Guitar. Great! I think this taste to be your new state.
The fuzz parts are played by Raymond Meade but if I remember correctly, the fuzz sounds were the idea of Johnny Smillie. I had originally planned to record the song as an acoustic track but changed my mind at the last minute.

ー”A Beautiful Sunrise”、”Dark Forest”、”Some Great Messages”、”I Should Disappear” など、アシッドサイケなトラッドフォークっぽい雰囲気のある曲も印象的です。この辺は誰の影響を受けてるのでしょうか?
「Chrome Cassettes」に収録されているアコースティックの楽曲は、アコースティックな前作「Fake Your Own Death」の延長線上にあります。Johnny Smillieが美しく幻想的な雰囲気を加えてくれました。Neil Sturgeonが素敵なアコースティック・ギターを、Stu Kiddがパーカッションを演奏しています。
Q. In “A Beautiful Sunrise”, “Dark Forest”, “Some Great Messages”, “I Should Disappear”,I felt the atmosphere of the psychedelic, acid, traditional folk from these songs. Do you think that it is influence from whom?
The acoustic songs on “Chrome Cassettes”, are a continuation of what I was doing on the previous (acoustic) album “Fake Your Own Death.” Johnny Smillie, added some beautiful atmospheric vibes to the basic acoustic songs. Neil Sturgeon played some great acoustic guitar and Stu Kidd played the percussion.

ーアルバムの聴きどころを教えてください
自分のアルバムから1曲を選ぶのは難しいですね。制作中に飽きる程聴いてるし、気持ちは既に次のアルバムの為の曲作りに向かってるから。どうしてもと言われたら、叙情詩的で暗い感じの “Follow You Home” ですね。
Q. What is the highlight of this album which you recommend?
I find it difficult to pick favourite songs from my own albums as by the time they are released, I’m usually tired of hearing them and have moved on to working on new songs for the next album. If push came to shove, I’d say my favourite song from “Chrome Cassettes”, is “Follow You Home.” It’s the one I’m least tired of and I like that it’s quite a dark song lyrically.

ー私はあなたのことはもちろん、他にもTeenage FanclubやThe Pearlfishersなどグラスゴーのミュージシャンが大好きです。最近のグラスゴーの音楽シーンはどんな感じなんですか?
最近、私はグラスゴーのミュージック・シーンとは少し離れたところにいますが、いつだって心震えるシーンが、ここグラスゴーにはあります。スコットランドには常に素晴らしいバンドがたくさんいるし、たくさんの素晴らしい会場があります。
Q. It goes without saying that I’m a fan of yours, besides, I like many musicians of Glasgow (Teenage Fanclub, The Pearlfishers, and more). How about the music scene of recent Glasgow?
I’m a bit out of touch with the music scene in Glasgow right now but you will always find a vibrant scene here. There are always lots of great bands from Scotland and we have so many excellent venues.

ーインターネットはミュージシャンに自由をもたらしたと思います。ファンに向けて素早くダイレクトに曲を届けたり、直接コミュニケーションすることができます。世界中のミュージシャン同士、リスナーとミュージシャンとの距離がインターネットにより以前より近くなっていることは素晴らしいと思います。一方で、フィジカルの売上は減少しており、ミュージシャンは新たな収入源を模索しなければなりません。今の音楽業界をミュージシャンとしてどう感じていますか?今後どのように変わっていくと思いますか?
私はまだたくさんのレコードやCDを買ってますし、iTunesやAmazonでアルバムをダウンロードで購入もしています。ダウンロード・ファイルなんて、つまらないものだよ。個人的には、レコードやCDを買って、美しいものにお金を使いたいです。現代は、バンドが自宅で簡単にハイクオリティな録音をできるようになりましたが、それでも私はスタジオに行ってレコーディングする方が好きです。ミュージシャンを職業として考えている若者に忠告があります。もはや音楽はビジネスではありません。経費に追われて働いたり、規律を守らされることばかりです。しかし、芸術的に自己表現をする素晴らしい方法で、素晴らしい趣味です。最後に、レコード会社が音楽制作をするミュージシャンに対しての正当な報酬を支払う方法を見つけだせないとしたら、ミュージシャンという職業は、将来なくなってしまうでしょう。ホーム・レコーディングは簡単になったけど、プロモーションの構造化は、インディペンデントなアーティストにとってはまだまだ難しいことなんです。
Q. I think that the Internet brought freedom to a musician. Using the Internet, we can send music to the directly fans of the world quickly. In addition, we can communicate with a fan directly. A musician and a musician, a listener and a musician, both distance become near by the Internet than before. I think it to be splendid. In the meantime, the sales of the Physical decrease year by year. Musicians must explore a new income sources. How do you feel the present music industry to be as a musician? How will you think that you change in future?
I still buy a lot of vinyl and cds. I also pay to download albums from iTunes and Amazon. Download files are rubbish though. Personally, I would rather buy a record or cd and have a beautiful piece of art for my money. It’s easier for bands to record quality music at home now but I prefer going to a studio to record. It keeps you focussed and makes you work as the clock is ticking away on your budget. It keeps you disciplined. It’s no longer a business that I would advise young people to go into as a career but it’s still a great hobby and a great way to express yourself artistically. Ultimately, if the record companies don’t find a way to make music pay the musicians, the musicians will disappear into other careers. Although it’s easier to do home recording, the structure for promotion is still difficult for a fully independent artist.

ー今後の活動予定を教えてください
ツアーの予定はないですね。実は今、Brian McNeill (ex China Crisis)と、エレクトロ・ポップのアルバムを制作しています。Human League、John Foxx、Depeche Mode、OMD、Kraftwerkなど、80年代の影響を強く受けたメロディックなサウンドが表現できて、とても満足しています。これが終わってから、ギター・アルバムを考え始めると思います。
Q. Please tell me your plans from now on.
I have no plans to tour. I’m currently working on an electro pop album with Brian McNeill (ex China Crisis). I’m really pleased with the way it’s sounding…very 80s influenced…Human League, John Foxx, Depeche Mode, OMD, Kraftwerk…it’s very melodic. After that, I will start thinking about another guitar album.

ー日本公演は2004年のフジロックが最後ですよね?また是非あなたのライブが観たいというファンは大勢います。待ってますよ!
いや、最後に行ったのはサマーソニックのは2001年ですね。16日間滞在したんだけど、全てが楽しかったです。いつかまた行きたいですね。
Q. If memory serves, was the last performance in Japan Fuji Rock Festival of 2004? A lot of fans to want to see you again!  We will always be there for you!
My last appearance with CRR in Japan, was at Summer Sonic in 2001. We spent 16 days in Japan and I loved every minute of it. Hopefully, I can come back one day.

ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
日本を訪れたことは今でもよく覚えています。いつかまたプレイしに行きたいですね。素晴らしくクレイジーな音楽ファンのみんな、いつも気にかけてくれて、そして、私の音楽を聴いてくれて嬉しいよ! ありがとう!
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?

I loved my time visiting Japan and would love to come back over to play there again. You guys are wonderful crazy music fans. You have always been kind to me and supported my music. Thank you.