【INTERVIEW】Chris Korzen (Nezrok)

Chris Korzenーまずは簡単な自己紹介をお願いします。
Q. I would like simple self-introduction.
私は音楽を聴いているとき、気がつけばいつもベースばかり追いかけていました。だから、初めての楽器がベースだったのは自然な流れでした。最初に影響を受けたのは、Paul McCartneyのメロディックなスタイルとYesのChris Squire。高校生になり、曲を書き始めるようになると、Todd RundgrenやBrian Wilson,、Joni Mitchell、Carole Kingなどからピアノを学びました。
I’ve always heard music in terms of the bass. So, it was only natural for me to first start on the bass guitar. The melodic styles of Paul McCartney, the Beatles and Chris Squire of Yes were probably my earliest influences. In high school, as I began to write songs, I found Todd Rundgren, Brian Wilson, Joni Mitchell and Carole King, who kind of taught me how to play piano.

ー昨年1月にリリースされたアルバム「BUMPER CROP」、オリジナル・アルバムとしては、何年ぶりになるのでしょうか?また、構想や曲作りはいつ頃から?
Q. “BUMPER CROP” is the splendid album. How long has it been since you last released an original album? When did you elaborate a plan from? When have you begun to write each songs?
“Bumper Crop”は初めてのオリジナル・アルバムなんです。クラシック・ロックのカバー・バンドでベースを弾いていた頃は全くと言っていいほど曲を書いてなかったのですが、このバンドが解散してしまった時、あらためて作曲への気持ちが湧き上がってきたのです。私は、このバンドのメンバー達にレコーディングを手伝ってもらいました。妻に捧げる歌(“Living Life”)から始まったんですよ。
“Bumper Crop” was my first new music in over 10 years. I guess that I hadn’t felt the need to write, but as the classic rock cover band that I was playing bass in was breaking up, the songs started to come out again. So, I utilized the members of that band for the recording. It started out with a song for my wife (“Living Life”) and it just took off from there.

ーアルバムを通して聴くと、ポップな作風の中に幅広い音楽性が垣間見えます。”Grow Young With Me” や “Lost Weekend”からはラテン・ミュージックの雰囲気も感じますね。
Q. When I listened through an album, I felt that there was wide musicality in a pop style. I feel the atmosphere of the Latin music from “Grow Young With Me “and “Lost Weekend”.
良いと感じた音楽は、ジャンルに関係なく好きですよ(笑)。お父さんが家で聴く音楽〜Frank Sinatra、ビッグバンドやビバップ、ロシアのクラシック、ハワイアンからJohnny Cashまで、とにかくいろいろなジャンルを聴いていました。私はフロリダの南部に住んでいるのですが、この地域はラテン系の方々も多く住んでいます。なので、自然とそういう雰囲気も音に反映されているのでしょうね。おもに私がバンドに曲を持っていき、その時のフィーリングを大切に制作しました。
I love all styles of music, as long as it’s good (laughs).
My dad always had all kind of music playing in the house – everything from Frank Sinatra, Big Bands and BeBop to Russian classical, Hawaiian and even Johnny Cash.I guess being in South Florida, where there is a strong Latin population, that element has seeped into all of us in the band. Mostly, I brought the songs to the band and we’d interpret them the way we felt at the time.

f783e4_0096e5534be84a83a6cab75c303f18aeー “Grow Young with Me” は、大人への応援歌のようで、とても元気づけられます。その一方で、あなた自身への歌なのかなとも思いました。あなたの音楽活動の原動力は何ですか?
Q. I felt “Grow Young with Me” in the rooters’ song to adult. I was cheered up very much. At the same time, I thought whether it was a song to yourself. What is the motive power of your longtime music activity?
この曲を書いた頃(2013)、私と妻Dianeは、結婚式でJohn Lennonの “Grow Old with Me” を演奏するよう依頼されました。また、友人のVicki LovelandとVan Durenは、年を取ることについての美しい歌 “Losing My Mean Streak” をリリースしました。曲を書くことに関して最初に自分が心に抱いていたのは、妻と共に人生を歩んで成長していくことを書きたい、と。そう思ってもみたが、私はもう若くありません。自分と同じ世代の人たちにも理解のできる作曲を試みました。自分の人生の出来事など必ずしもあること…年代記ですね。
Around the time that I wrote that (2013), Diane and I were commissioned to play John Lennon’s “Grow Old with Me” for a wedding. Also my friends Vicki Loveland and Van Duren had just released a beautiful song “Losing My Mean Streak” about growing older. I thought, wouldn’t it be cool to write one of my own about growing older (or younger) together.
I’m not a youngster and I doubt anyone that gets what I’m trying to do is. So, I just write to chronicle what’s going on in my life, and I believe that I always have. It’s sort of like cheap therapy.

ー11月にリリースされたシングル “BEACH PEOPLE” 、パワーポップのエッセンスが凝縮された素晴らしい曲ですね。この曲のレコーディングには、メンフィスのレジェンドVan Duren、The SmithereensのドラマーDennis Diken、R. Stevie Mooreとも活動しているChris Bolgerら、ファンにはたまらないメンバーが参加していますね。3人が参加された経緯を教えてください。
Q. The essence  of the power pop is plentiful in “BEACH PEOPLE” . Memphis power pop legend Van Duren, The Smithereens drummer Dennis Diken, R. Stevie Moore sideman Chris Bolger are guests on this recording. Fans are delight for this member. Please tell me the process that this member participated in.
“Beach People” は、Big Starの影響が色濃く出た曲です。この曲を書き終えた時、すぐに古くからの友人でBig StarファンでもあるChris Bolgerとレコーディングをしたいと思いました。彼は友人でこれまたBig StarのファンであるDennis Dikenをドラムに誘い、ニュージャージーでレコーディングを始めました。ベーシックなトラックを録り終えたあとフロリダに戻り、曲に甘さを加えたいと感じ、メンフィスに住むVan Durenにお願いすることにしました。彼は快くコーラスを引き受けてくれたので、私はVanにラフ・ミックスのmp3を送りました。データでのやり取りというのは、私にとって初めてのレコーディング方法です。アーデント・スタジオのエンジニアが、Pro Toolsを用いてコーラス・パートを録音し、また送り返してくれました。レコーディングに立ち会うことができなかったことだけが、ちょっと心残りですね。
“Beach People” was very influenced by Big Star. As I was finishing writing the song, I immediately thought of recording it with my old bandmate Chris Bolger, who also loves Big Star. He suggested using a friend and another Big Star fan, Dennis Diken, on drums and to record in my native New Jersey. After basic tracks were laid down there, I sweetened the tracks back in Florida. I then played it for Van Duren, who lives in Memphis. He liked it and agreed to sing back-up. This is the first time that I did “remote recording”. I sent an mp3 of a rough mix to Van. His engineer at Ardent Studios opened a Pro Tools session for the vocals and sent it back to me. I wasn’t there to oversee the recording, but couldn’t have asked for more beautifully arranged harmonies.

ー主な使用機材を教えてください
Q. What are the main equipments which you used this recordings? I want to know Guitar and Bass in particular, because I am a guitar player.
ジャングリーな音が出したかったので、Chrisはリッケンバッカー360の12弦を弾いてもらいました。他にギブソンのヴィンテージSGベース。私はストラトを試したあとにギルドのジャンボ・タイプのドレッドノート、Dennisは70年代ラディックのドラム・セットを使用しました。アンプやマイクに関しては、プロデューサー/エンジニアKostadin Kamcevのスタジオのウェブサイトを見てみてください。http://www.studiomozart.com
Since I wanted to go after that jangly sound, I asked Chris to play his Rickenbacker 360-12 string. He also played his vintage Gibson SG bass. I used a Guild jumbo dreadnaught after initially trying the rhythm on a Strat. Dennis was on a 70’s Ludwig set. To tell the truth, I’m not a real audio file, but you can ask Kostadin Kamcev at http://www.studiomozart.com about amps, mics, and such.

f783e4_b6af7a6171b549628174cb02acf05723ー2作品の聴きどころを教えてください
Q. What the highlight of these two works?
“Bumper Crop”は、信頼し合える親友達とプレイしたことと、妻Diane Eと”Restore” で共演できたことですね。
“Beach People” は、親友クリスと再会して、めったにないような音楽経験が、まるで仕組まれたかのようにたやすく得られたことですね。とても素晴らしい時間でした。
I think that the highlights of recording “Bumper Crop” was playing with true friends that you trust and also getting to collaborate with my wife, Diane E, on “Restore”.
With the recording of “Beach People”, it was great to reunite with my good friend Chris and be a part of one of those effortless musical experiences that you very rarely get. Everything came together like it was already planned somewhere.

ーインターネットはミュージシャンに自由をもたらしたと思います。ファンに向けて素早くダイレクトに曲を届けたり、直接コミュニケーションすることができます。世界中のミュージシャン同士、リスナーとミュージシャンとの距離がインターネットにより以前より近くなっていることは素晴らしいと思います。一方で、フィジカルの売上は減少しており、ミュージシャンは新たな収入源を模索しなければなりません。今の音楽業界をミュージシャンとしてどう感じていますか?今後どのように変わっていくと思いますか?
Q. I think that the Internet brought freedom to a musician. Using the Internet, we can send music to the directly fans of the world quickly. In addition, we can communicate with a fan directly. A musician and a musician, a listener and a musician, both distance become near by the Internet than before. I think it to be splendid. In the meantime, the sales of the Physical decrease year by year. Musicians must explore a new income sources. How do you feel the present music industry to be as a musician? How will you think that you change in future?
私は他に収入源があるので、ミュージシャンとして生計を立てる必要がない、まさしく幸運な人です。誰も、もう音楽にはお金を使いません。現在のミュージシャン達は、生き残るためにほぼノンストップでツアーをしなければならないのです。あなたが言うように、世界中何百万もの人々が信じられないほど簡単に、音楽をシェアできます。YouTubeやブログのようなチャンネルを個人が開設し、それらをシェアすることで今までなかなか陽の目を見なかったような多様な才能と出会えるようになりました。しかし、アーティスト達は生きていく為に、作品を売る代替方法を探さなければなりません。振り返ってみると、一足早くTodd Rundgrenは会費制の音楽サービス「Patronet」を2000年頃に始めていましたね。テレビ、映画などの音楽制作も、選択肢の一つでしょう。しかし、誰かが何かを作っているのだから、ストリーミング・サービスは制作者へのロイヤリティを見つめなおす必要があるのは当然です。ストリーミング・サービスからアーティストにほとんど支払いがされないという現状は、とても滑稽です。私達は、より知名度のあるアーティストに、この現状について意見を述べてもらいたいです。
I’m very fortunate that I have a separate source of income and don’t have to rely on being a musician to make a living. Nobody pays for music anymore. Musician’s today have to tour almost non-stop in order to survive.
As you said, on the flip side it is incredibly easy to share your music with potentially millions of people worldwide. With that, and the advent of affordable home studios, self-publising channels such as YouTube and specialized blogs, were seeing much more diverse talent that would probably never see the light of day.
Artists going forward will have to seek alternative methods of selling their product. Again ahead of his time, Todd Rundgren had a subscription service to his music called Patronet back in 2000. Making your music available for TV, films, etc is another alternative. However, streaming services need to overhaul their royalty policies if anyone is to make anything. It’s a travesty how little an artist is payed for streaming. We need more established artists to speak out on this.

ー今後の活動予定を教えてください
Q. Please tell me your plans from now on.
次作に向けてニュージャージーで録音作業を始めています。新プロジェクト用のデモ録りも始めてるんですよ。
もう1枚CDを出したいですのですが高価なご時世なので、CDかデジタル・シングルスでのシリーズか悩むところです。
I’m now tracking the second of two basic tracks that were recorded in New Jersey. I’m also demoing songs for a new project. I’d like to put out another CD, but since putting out a quality recording is expensive, I’m not sure if it will become a CD or series of digital singles.

ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
Q. Could you give some message to the fans in Japan?
ファンのみなさん、とても感謝しています。日本にはたくさんのパワーポップ・ファンがいることがとても嬉しいです。いつかきっと、みなさんに会えるでしょう!
I feel blessed that fans get what I do and like it. I’m so glad that Japan has so many power pop fans. Hopefully I can get to meet them someday. Thank you for getting the message out Hiroyuki!

Translate »