Gretchen’s Wheel “Fragile State”

gretchensGretchen’s Wheel=Lindsay Murrayのソロ・プロジェクト(名前の由来はインタビューを読んでください)のデビュー・アルバム。ナッシュビルの女性SSWということで、なんとなくカントリー・タッチのカラっとした音をイメージしていたのですが、意外や意外、90年代オルタナティブの匂いがするザラっとした質感。この作品をプロデュースした人こそThe PosiesのKen Stringfellow!なるほど納得のサウンドです。Lindsayの力強さと儚さを帯びた歌声、Kenの作り出すやや湿り気のある空気感を内包した音像と相まって、他にないサウンドに仕上がっています。Kenはプロデュースのみならずミックスやギターにベースにと全面バックアップ!#11は2人の共作です。楽曲をドライブさせるKenのベースを全編で堪能できるのも嬉しいところ。話題はこれだけじゃありません。Nada SurfのIra Elliotが7曲(#1,#3,#4,#6,#8,#10,#11)ドラムで参加しているんです。パワーポップ・ファンもビックリな豪華布陣(参加の経緯もインタビューを読んでくださいね)に囲まれて、しっかりと存在感を放つLindsay、デビュー盤とは思えない落ち着き、肝が座ってます。”動” のインパクトよりも、じわじわと心に迫ってくる “静” の引力を持った声質と楽曲が、深く深く染み入ってきます。
Aimee Mannなどが好きな人にも是非オススメしたいアルバムですね。

Track list
1. Second to Last
2. Pretend
3. One More Mile
4. My Lullaby
5. Masquerade Waltz
6. The Fourth Wall
7. Let Me Believe
8. Why Try
9. No Difference
10. Overcome
11. Total Loss

Release Date : 2015/01/14
Tracks 1-10 written by Lindsay Murray; track 11 written by Lindsay Murray and Ken Stringfellow (SOFT Rebellion Songs/BMI) © 2014
Lindsay Murray: lead and backing vocals, rhythm and lead guitar, keyboards, drum programming
Ken Stringfellow: backing vocals, rhythm and lead guitar, bass, keyboards, drum programming and percussion
Ira Elliot: drums and percussion on tracks 1, 3, 4, 6, 8, 10, 11 Produced by Ken Stringfellow
Official Website : http://www.gretchenswheel.com
bandcamp : https://gretchenswheel.bandcamp.com/album/fragile-state