【Interview】Michael Carpenter

michaelcarpenter1ーニュー・アルバム発売おめでとうございます。まずは簡単な自己紹介をお願いします。
ありがとう!とても嬉しいです。私は人生の大半を音楽と共に過ごしてきました。最初の思い出は、たしか私が3歳の頃…叔父や叔母達がThe Beatles解散の報に泣いていたこと。The Beatlesは私のスーパーヒーロー、生涯の憧れです。私はグッド・ミュージック、ポップ・ミュージックが大好きです。ジャンルは関係ありません。良い曲は良い!です。フェイバリットを挙げると…The Beatles、Tom Petty 、Bruce Springsteen、モータウンの名曲の数々、Steve Earle、それからパワーポップ関連を幅広く、といった感じですね。大音量のギターとハーモニーが大好きなんです!
Q. Congratulations on new album release. So I would like simple self-introduction.
Thank you! I’m glad you like it.
I’ve been into music for as long as i’ve been alive! My first memories involve my aunties and uncles crying because the Beatles broke up.. so i was 3 years old. They are superheroes to me, and have been friends with me my whole life. But really, i just like good songs. I don’t care what genre – i just like good, well written pop music. I guess if i had to list my favourites, it’s The Beatles, The Beatles, Tom Petty, Bruce Springsteen, stuff from the Motown catalogue, Steve Earle, and then broadly, just power pop related things. I like big guitars and harmonies!!

ーオリジナル・アルバムとしては、2009年の「Redemption #39」以来となりますね。構想や曲作りはいつ頃から?
正直に言うと、「Redemption #39」リリース後、パワーポップのレコードをまた自分が作りたくなるのか、自分でもわからなかったんです。私は他に何も言えない、何も手につかないくらい、作品の出来に満足していました。だから私はソロ・アーティストとしての自分について考えることをやめ、The Cuban Heelsというオルタナ・カントリーのバンドを結成し、アルバムを数枚、ソロとしてもカバー・アルバムを数枚リリースしました。当時、何曲かは書いてましたが、アルバムを作ろうなんて本当に思ってもいませんでした。
それから2、3年後、もし私がもう1枚レコードを作るとしたら、全く違ったことをするのではないかと思い始めました。私の作品中、最もストレートでポップなレコード、言い換えれば、飾り気のない音…2本のギター、ベース、ドラム、それに乗るギター・ソロ、そしてリード・ボーカルとバック・ボーカル。曲は短くていい。無駄な時間はいらない。キーボードやパーカッションもいらない。全10曲でトータル32分、全曲3分30秒以内!そして、私は長期に渡って曲作りをしました。書き溜めていた曲もたくさんありました。2014年の前半には、これらの曲のリズム・トラックのレコーディングに入り、そして、YouTubeに3曲(”I’ve Been Loving You”, ”Too Late”, ”The Only One”)のビデオを公開しました。その後、他曲のドラムとベースを数曲録音したんですが、しばらくはそのまま放置していました。リリースする理由がどうしても見出せなかったんです。なので、私は考えるのを止めました。
昨年、人生の中で大きな出来事がいくつか起こりました。そこで私は気がついたんです。チャンスがあるうちにレコーディングを終わらせなければならない、と。私はPozible(クラウド・ファンディングのウェブサイト)を利用したのですが、嬉しいことに大きな反響をいただきました。皆さんの思いが私の背中を押してくれたんです!その勢いのままに曲を書き、そして、全てのレコーディングを終えました。飾り気のない、ピュアなポップ・ソング。パース(オーストラリアの都市)で、親友のクリスとコートニー・マーフィーに全てのバック・ボーカルを歌ってもらうとすぐに、ミックス作業を終えました。それが、このアルバムです!私は15曲レコーディングし、14曲をアルバムに収録しました。それでも43分ですよ!!!
Q. ”The Big Radio” is all originals since 2009’s “Redemption #39”. When did you elaborate a plan from? When have you begun to write each songs?
Honestly, after Redemption #39, i didn’t know whether i wanted to make another power pop record. I was so incredibly happy with it, that i didn’t think i had anything else i wanted to do or say. So i stopped thinking about myself as a solo artist. I had my band The Cuban Heels (alt.country band) and we did a few records. And i did some covers records too. And i started writing some songs, but didn’t really think about making another record.
After a few years, i started thinking about what i would do differently if i DID make another record, and i thought to myself that i’d like to do a record that is the most straight pop thing i’d done. In other words, no fancy studio stuff. Just 2 guitars, bass drums, with maybe a guitar solo, lead vocals and backing vocals. Short songs. No wasting time. No percussion or keyboard. In my head i wanted it to be 10 songs and go for about 32 minutes, with no song over 3.30 minutes!! So i started writing over a LONG period of time, and had a bunch of songs. Then early 2014, i recorded the rhythm tracks for these songs. I’d released a couple of them as You Tube videos (I’ve Been Loving You, Too Late and The Only One). So i recorded drums and some bass parts for all the others. But then they just sat there. I didn’t feel like i had any reason to release a record. So i stopped thinking about it.
Last year, i had a few major things happen in my life, and i realised that i needed to finish the record while i had the chance to. So i set up the crowdfunding thing through Pozible, and the response was overwhelming. That inspired me to write a whole bunch more songs, and then i recorded them and finished the others quite quickly. No fancy stuff.. just pure pop. I got my great friends Chris & Courtney Murphy in Perth to sing all the backing vocals. I mixed it quickly and here it is! I ended up with 15 songs, and put 14 on the record, and it still only comes to 43 minutes!!!

michaelcarpenter2ーアルバム・タイトルはご自身のレーベル「BIG RADIO」と同じですね。このタイトルに決めた理由は何でしょうか?
私は長い間「Big Radio Records」という小さなレーベルを運営しています。音楽を学んでいた若い頃、ラジオはまるで先生のように、たくさんのことを教えてくれました。まさに ”KING” でしたね。だから、レーベル名にラジオへの最大級の賛辞を込めたんです。今作は幾つかの理由でアルバム・タイトルを「The Big Radio」にするべきだと感じていました。自身最後のパワーポップ・アルバム、そして、全曲短くてシャープなポップ・ソング…タイトルにふさわしい内容になったと思っています。
Q. The album title is the same as your label “BIG RADIO”. Please tell me the reason that you selected as this title.
I’ve had my very little label Big Radio Records for a long time. When i was growing up, radio was the biggest thing. I learned so much from the radio. I don’t feel it’s like that any more, but for a large part of the time that i was learning about music, it was KING. So the label was always my tribute to the biggest radio. I knew that at some point i needed to call a record Big Radio, so seeing as this was going to be my last power pop album, and these were all short, sharp pop songs, it made sense.

ーあなたにしか出せないサウンドに先人達の様々なエッセンスがプラスされた今作は、まるでパワーポップ百科事典のような素晴らしいアルバムです。”She’s In Love With Herself”や”l’ve Been Loving You” は、とても”パワーポップ”という言葉が似合う曲です。
ありがとう!パワーポップは、いつだって私の目標でした。ずっとピュアなポップ・ミュージックに囲まれて生きてきました。私が誰よりもパワーポップを愛していることを皆さんに証明したかったんです!! 🙂
Q. This is the splendid album which various influence of ancient artists was added to for you’s original sound. It is totally like “The Power Pop Encyclopedia”. “She’s In Love With Herself” and “l’ve Been Loving You” are the music that the word “Power Pop” matches very much.
Thank you! That was always my intention. I guess i’ve been around pure pop for such a long time. I wanted to show people that i knew power pop almost better than anyone!! 🙂

ー”Don’t Open That Door”はTom Pettyを彷彿とさせますね。
本当に?! ありがとう!彼からはとても大きな影響を受けています。嬉しい事この上ない褒め言葉です!
Q. “Don’t Open That Door” reminds of Tom Petty. Do you like?
As i said, he’s a MAJOR influence on me. That’s a great compliment to me. Thank you.

ー「SOOP」シリーズではTom Petty以外にもたくさんの曲をカバーしていますが、オリジナルを演奏する時とカバー曲を演奏する時、気持ちに違いはありますか?
「SOOP」の制作はまた違った楽しみがあると感じてます。私はポップ史に残るアメイジングな名曲の数々を、新しい視点、新しい解釈で表現したいと常々思っています。オリジナル版と異なるようにすることは重要です。「The Big Radio」の時はパワーポップに集中していましたが、「SOOP」では、もっとたくさんの楽しみがあって、いろいろなことを試せるんです。私はカバーが大好き、たぶん一生やり続けられます…だって世の中には名曲がまだまだたくさんあるんだからね!
Q. You cover the music of many artists in the SOOP series as well as Tom Petty, is it different in a feeling when you play cover and play original?
I feel like i can have a different kind of fun with the SOOP stuff. I always want to take these amazing songs, and reinterpret them in a way that brings a new perspective. It’s important to make them different to the original versions. But as focused as i was on the power pop stuff for The Big Radio, on the SOOP stuff i have a lot more fun, and try a lot of different things. I love doing them, and could do them forever.. there are so many great songs out there.

ー”Father”を初めて歌詞を読みながら聴いた時、私は涙が溢れました(私には6ヶ月の娘がいます)。この曲についてのエピソードを是非ともお聞かせ下さい。
私には11歳の娘と6歳の息子がいます。彼らは人生で1番大切な存在です。2人と過ごす時はいつだって魔法にかけられたような気分なんです。私は長い間2人のことを歌にしようと試みていましたが、なかなか良いものが浮かびませんでした。ある夜、息子と一緒に床に座っていたときのことです。目が合うと息子はニコッと微笑みました。私は咄嗟にGコードを押さえ、ギターを弾きながら “when i see the smile on his face, all my life’s making sense.” と歌いました。ここからは一気に3分ほどで書きあげてしまいました。”Father” は今まで書いた曲の中で最も大切な曲の1つです。娘の微笑み、握った手を離さない息子….子供たちは成長し、やがて自立する時が来る、その日が来る前に、2人と過ごすかけがえのない時間を書き綴ることができました。
”親” というものは、世界で最も大切な役割です。私はその役割と真剣に向き合っています。そして、この歌が私に与えられたことを、とても感謝しています。
Q. When I heard “Father” while reading the lyrics for the first time, tears overflowed from my eyes. Because I have a 6-month-old daughter. Please tell me an episode about this song by all means.
I have an 11 year old daughter and a 6 year old son. They are the most important people in my life. Every moment i spend with them is like magic to me. I’ve been trying to write a song for them for a long time, but they’ve never turned out very well. One night i was sitting on the floor with my boy, and i looked at him and he smiled. I strummed a G chord and sung “when i see the smile on his face, all my life’s making sense.” I wrote the rest of the song in about 3 minutes. It is one of the most important songs i’ve ever written, and captures this beautiful time with my children…. my daughter’s smile and my son still wanting to hold my hand… before they grow up and totally become their own people, with their own lives.
Being a parent is the most important job in the world. I take it very seriously, and i’m so glad this song was given to me.

ー”Chrissie Hynde”を歌うあなたは、まるで少年のようです。音楽を愛する気持ちはあの頃のままですか?
永遠に変わらないさ!私は34年もの間ミュージシャン生活を送っていますが、すごいバンドを観たり、素晴らしいレコードを聴いたりすると、いまだに純粋な気持ちが湧き上がってくるんです。それは他では得られない感覚。私の楽曲や「SOOP」の中で、偉大なヒーロー達への敬意を表せているのではないかと思っています。
Q. You are totally like the Kid in “Chrissie Hynde”. Does the feeling that you love music not still change?
No. It never changes. I’ve been a performing musician now for 34 years. And when i still go and see a great band, or hear a great record, it is still the most amazing sense of pure purpose. It makes sense to me in a way that nothing else does. So, i honour my heroes every time i can. In songs, and in the SOOP albums i guess.

”Run Away”は切ない歌詞が曲とマッチしていて、胸が苦しくなります。この曲はどのような時に書かれたのでしょうか?
40代後半の人として、今まで多くの友人達が困難を切り抜けるのを見てきました。私は今作「The Big Radio」と「Redemption #39」は大人のアルバムだと思います。仕事があって、子供がいて、夢よりも現実を見なきゃいけない…大人であることは本当に大変です。だから私はその気持ちを歌にしようと思いました。
“Run Away” は、私の大親友についての歌です。たとえ何をしたとしても、彼女は夫からの愛を得ることができませんでした。彼女はできることを全てやりました。が、ついには彼女が最も嫌なこと…逃げ出さなければなりませんでした。彼女自身を守る為に。悲しい話です。が、ほんの少しでも救いがあると思いたいです。時として歌にはそんな力が宿ります。
Q. My heart gets hard when I listen to  ”Run Away”. Because the sad lyrics and music match it very much. And because it is very awesome. When would you write this song?
As i man in my late 40’s, i’ve seen a lot of my friends go through hard times. I think with this album, and Redemption, that they’re adult albums. being an adult, with relationships, and jobs, and children, and with your dreams maybe not turning out like you thought, is really hard. So i’ve tried to give a voice to that feeling.
“Run Away” is about a very good friend of mine. No matter what she did, she just couldn’t make her husband love her any more. She tried everything. Finally, despite it being the last thing she wanted, she HAD to run away. To save herself. It IS sad. But i’d like to think there is some redemption in that too. And that songs like this give that feeling that we sometimes have a voice.

michaelcarpenter3ーアルバムの聴きどころを教えてください
Murphy Brothersがバック・ボーカルをしてくれたことですね。彼らが私のレコードで歌ってくれたなんて信じられないよ!
Q. What the highlite of this album?
The backing vocals of the Murphy Brothers. I can’t believe they’re singing on my record!!!

ー今作での主な使用機材を教えてください
レコーディングとミックスにはPro Toolsを使用しました。私のスタジオには優れたプリアンプとマイクがあります。ドラムにはいつもNeveのプリアンプを通してます。ボーカルにはNeve 1073(マイク・プリアンプ)に、Purple Audio 1176(コンプレッサー)をかけてます。マイクはAudio Technica 4050(私のお気に入り)、Neumann U87かU47コピー・モデル、 新しく手に入れたOPRのU87(Neumann)クローン・モデルを使ってます。全て信頼できる素晴らしいマイクです。レコーディングは全て本当にシンプルです。私は自分がどんな音を望むのか考え抜いた結果、元音にこだわりました…ドラム自体やチューニングを変えたり、曲に合ったギターやベース(私はギターやベース、バンジョーなどの素晴らしいコレクションを50本以上持っています)を選んで、シンプルにマイクをセッティングして…いたって普通のやり方ですね。
ミキシングではSlate Digitalのプラグインを多数使用しました。特にThe Buss Compressor。Wavesのプラグインも使いましたね。CLA76はお気に入りのコンプレッサーです。Schepsの1073イコライザーも使いました。リバーブは全く使ってません。リバーブやディレイはもう使うことはないですね。コンプがかかった、ドライなサウンドが好きなんです。
Q. What are the main equipments which you used this recordings?
The album was recorded in Pro Tools and mixed in Pro Tools. I have a whole bunch of nice preamps and microphones in my studio. So for the drums they always went through some sort of Neve preamp. The vocals were always tracked into a Neve 1073 then into a Purple Audio 1176, and the mic was either an Audio Technica 4050 (my favourite mic), a Neumann U87 or U47 copy, or my new OPR U87 clone. All great mics that i trust. The recordings were all really simple. I thought a lot about what sort of sounds i wanted. I got the sounds right at the source… so changed drums or drum tuning, or picked a different guitar or bass (i have a nice collection of over 50 guitars and basses and banjos etc) and miked them up simply. It was all just normal stuff.
Mixing wise i used a lot of Slate Digital plug ins. The Buss Compressor is used a lot. I used Waves plug ins too…. the CLA76 is my favourite compressor, and i used the Scheps 1073 eq too. There’s also absolutely no reverbs on the record at all. I don’t use any reverbs or delays on my stuff any more. I haven’t for a long time. I like the sound better when it’s compressed and nice and dry.

ーこのウェブサイトはアマチュア・ミュージシャンがたくさん購読してくれているのですが、彼らにオススメの機材はありますか?
前の質問の答えを参考にしてみてください。あとは – 正しい音源制作には、まず曲に合ったギターまたはドラムを選択して、チューニングをしっかりとしてください – もしあなたがドラマーなら、シンバルは大きすぎないように。後で修正できるなんて思わないこと!! シンバルは、よりソフトに!!! ミックスだけで奇跡は起きません。しかし、もしあなたが正しいレコーディングをしていれば、ミックスでさらに素晴らしいサウンドにすることができます。
Q. A lot of amateur musicians subscribe to this website, are there the equipments which you can recommend to them?
See above. But remember – it’s all about getting sounds right at the source. Pick the right guitar or drums and tune them right. Play the right part, and play to the mics – so if you’re a drummer, and the cymbals are too loud, don’t just assume it can be fixed later!! Play the cymbals softer!!! You can’t do miracles at mix time, but if you DO record things correctly, you can make great mixes sound even more amazing!

ーあなたの曲作りについて教えてください。歌詞が先とかメロディーからとか曲からとか、何から始めることが多いですか?
曲作りのほとんどはタイトルからですね。思いついたタイトルは携帯電話にメモしています。時々はタイトルと一緒にメロディーも浮かんできますね。その後は家でじっくりと曲を書き始めます。でも、ほとんどの場合はタイトルとコンセプトからです。
Q. Please tell me about the making of your music. How do you often begin composition? From the lyrics or melody or music or any other?
My writing almost always starts with a song title. I keep a note in my phone of song titles i think of. Sometimes i’ll have the idea for the title, and i might sing a little melody, and then i come back and write the song later. But it almost always starts with the title, and the concept.

ーコーラスとハーモニーの美しさは、あなたの特徴の一つですね。これはあなた自身も意識していることですか?
そう…私にとって、良い曲とはメロディーとコーラスにメッセージがあること。もし、あなたに印象的なヴァース(Aメロ)があって、素晴らしいハーモニーのアレンジと(私の友人Murphy Brothersのような)素晴らしいシンガー達がいてくれたら、うまくいかない訳がないですよ!
Q. As one of the characteristics of you, I think that it is a beautiful chorus and harmony. Is this what yourself are conscious of?
Well… for me, a good song is all about the melody and message in the chorus. If you can frame it with a memorable verse, and pillow it with a great harmony arrangement with great singers (like my friends the Murphy Brothers) it’s almost impossible to go wrong!!

ーアルバムを通してパワフルかつクリアなギターの録り音がとても印象的です。録音時のギターの音作りについて注意点などありますか?
これを聞いたら嫌いになるかもしれないですが(笑)、今作のほとんど全てのギターはAmplitudeのプラグインを通してます!素晴らしい音のギター・アンプ(私のメインはVox AC30)を持っているのですが、ギター・レコーディングの80%はアンプ・シミュレーターに直で繋いでます。私はギターに強いこだわりがあります。愛着のあるギターのコレクションは全てビンテージ..Gretsch、Rickenbacker、Gibson、 Epiphone、Airline、それに私好みの音色に作られたカスタム・メイドのギターなど。曲に合った音色のギターを選ぶことは制作過程において最も重要です。その上に、気持ち良いギター・パートを意図的に組み合わせていくことで大きな違いを生み出せるのです。
Q. The sound of the guitar is very impressive that is powerful and clear through an album. I am a guitar player, are there matters that require attention about the making of sound of the guitar at the time of the recording?
You’re going to hate me, but almost all the guitars on the album are the Amplitude plug in!! I have really good guitar amps.. my main one being my Vox AC30. But i reckon 80% of the guitars are recorded direct with an amp simulator!!
Despite this, i have very particular tastes in guitars. I have a lovely guitar collection, with all the classics.. Gretsches and Rickenbackers and Gibsons and Epiphones and Airlines, plus a bunch of custom made guitars for me that have particular colours. Choosing the right colour is the most important part of the process, and having it combine with the other guitar parts in a pleasing and purposeful way makes all the difference..

ー最近気になっているプロデューサーやアルバム、アーティストはいますか?
ん〜…最近あまり聴いてないからなぁ。Steve EarleとBuddy Millerは、いつ聴いても驚きがありますね。プロデューサー/エンジニアのフェイバリットは、Jim Scottですね。彼は信じられないような仕事をします。私はCourtyard Houndsのアルバムが大好きです。アメイジングな音です。私の娘がいまどきのポップスをたくさん教えてくれるんですが、その中には本当に素晴らしい作品もあるんですよ。Taylor SwiftみたいにMeaghan Trainorのアルバムはクレバーでした。One Directionも素晴らしいピュアなポップスですね。時々ちょっとオーバープロデュースな気もするけど。
Q. Are there a producer and an album, the artist whom you are interested in recently?
Hmmm… i haven’t spent a lot of time listening lately. I’m continually amazed by Steve Earle and Buddy Miller. My favourite producer/engineer at the moment is Jim Scott, who does incredible work. I love the Courtyard Hounds records.. they sound amazing. My daughter is exposing me to a lot of pop music, and there’s some really great writing there. The Meaghan Trainor album was so clever, as is the Taylor Swift album. Even the One Direction stuff is great pure pop, though sometimes the production is a bit over the top…

ー巷では、今作が最後のオリジナル・アルバムになるだろうと言われています。本当にそうなのでしょうか?現在の心境をお聞かせ下さい。
今作は私の最後のオリジナル・アルバムです、パワーポップの。私には他にたくさんのプロジェクトがあります。The April FamilyやThe Supahip、アルバム「SOOP」シリーズなど。しかし、今作は私のラスト・パワーポップ・ソロ・アルバムになるだろうし、The Cuban Heelsとのラスト・アルバムでもあります。主な理由は、今作「The Big Radio」と前作「Redemption #39」が、私の想像を遥かに超える出来だからです。私は全ての作品に誇りを持っています。今までの全てのサウンドで私が何者であるかを示していたと思っていますが、この2作で私は ”自分とは何なのか” を、より深く理解していることを示せたと感じています。もしもこの先何度も同じようなレコードを作り続けるとしたら、私自身がそれに疲れてしまうでしょう。成し得た今、再度それをする必要はないんです。 それに私は新しいことをやるつもりはありません。エレクトロニカやヒップホップをやる訳ないしね!私は私の好きなことをやるだけ。それが全てです。
たくさんの人々は、私が心変わりするだろうと思っています。たぶん私自身も…しかし私は8年もの間、パワーポップのアルバムのソロ作品をリリースしてなかったんです。私は今49歳。この先50代半ばになってもまだジャングリーなポップ・ミュージックをやってるだろうか?私はそう思わない。でも、もしかしたら….でも….
Q. There is a rumor that this may be your last album of original material. Really? It’s very sad news. Please tell me your current state of mind.
This is my last original album of power pop stuff. I still have lots of other projects, like The April Family and The Supahip and the SOOP albums. But this will be my last solo power pop album, and my last album with The Cuban Heels too.
The main thing is that, with this album and the Redemption album, i made 2 records that are better than i ever imagined i could make. I’m proud of all my records, but they all sound like i’m working out what i am. With these two records i’ve shown that i know who i am. If i just keep on going and making the same record over and over, i’d be frustrated by that. Now that i’ve done it, i don’t need to do it again. And i’m not going to bother with re-inventing myself. I’m not going to go electronica or hip hop!! So as far as i can see, that’s it. That’s all i need to do.
A lot of people think i’ll change my mind. Maybe i will. But i haven’t released a solo power pop record for 8 years. I turn 49 next week. Am i going to still be doing jangly pop about being in love when i’m in my mid 50’s? I don’t think. But maybe i will. But i don’t think so….

ー今後の予定を聞かせてください。ぜひ日本であなたの演奏を見たいと願ってます。
また行きたいと思ってます。2003年に日本へ行った時は、とても素敵な時間を過ごしました。また日本でアルバムを出したりコンサートを開催したりしたいんですけど…いつの日か、ね。
Q. Please tell me the future plan. I wish that I want to see your performance in Japan.
Well… i’d LOVE to come there again. I had such a wonderful time there when i was there in 2003. I would love to get my record released there, but no one has asked. I’d love to come and do some shows too, but again, no one has asked. Maybe one day…

ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
皆さんが私の作品を聴いてくれていて、とても嬉しいです。ロック・スターになれないことはわかっていますが、私はレコード制作をすることができて幸せです。自分は最高だという気分になれるんです。日本の皆さんが私の音楽を楽しんでくれているという事実は、驚くべきことです。だから、 すべての人々に ”ありがとう” と伝えたいです!いつの日か、また皆さんの前で演奏したいと思っています。遠くない未来に… その日が来ることを私も信じてます!
Q. There are a lot of your fans in Japan. Could you give some message to the fans in Japan?
I’m just so glad that people are still listening to what i do. I know i’ll never be a big rock star, so i just make records that make me happy. That make me feel like i’m the best i can be. The fact that other people enjoy them too is an incredible thing to know. So thank you to all the people who are still listening and enjoying what i do. I do hope to come and play for you one day. It’s not far away… could i dream that it could happen?