【INTERVIEW】Butch Young

Butch1ーニュー・アルバム発売おめでとうございます。まずは簡単な自己紹介をお願いします。
Q. Congratulations on your recent album release. I would like a simple self-introduction – and to better understand your beginnings in music. Who is the musician you most admired when you were young?
ビートルズが初めて、そして最も影響を受けたアーティストですね。私は10歳のときにギターを始めたのですが、すぐに彼らのソングブックを手に入れて練習に励みました。他にもTレックス、バッドフィンガー、エルトン・ジョンなど、ブリティッシュ・ロックを好んで聴いてました。私の生まれ育ったアメリカのバンドではタートルズやラズベリーズ、モンキーズなどが好きですね。
The Beatles were my first and strongest influence. I began playing guitar at ten years old and was soon exploring their songbook (along with the music of many others). I suppose most of my favorites were British: T. Rex, Badfinger, Elton John — though domestic treasures like The Turtles, Raspberries and Monkees were also well-loved.

ー今作の構想や曲作りはいつ頃から?
Q. This is a splendid album. What was the origin of your plan – and when did you write these songs?
ほとんどの曲は5年以上前、もっと前に作った曲もあります。今作は思いつくままを録音したアルバムではありません!録音した何曲かは、(以前のバージョンが不満になり)後に完全にゼロから再録音しました。ある時はキーを、またある時は構成やアレンジを変更したり、トラックごと入れ替えたり。終わったと思っても数ヵ月後にバッキングボーカルのアイデアが突然浮かんできたりして、それを加えたりしました。こうしていくうちにアルバムは進化を重ね、良くなっていきました。本当に ”改善” されましたね。
Most of the songs were written over the last 5 years, some even longer ago than that. I wouldn’t call this a quickly and spontaneously recorded album! Some songs I’d recorded previous versions of – but then later decided to completely re-record them from scratch (since I became dissatisfied with the earlier versions). In some cases, I’d revise the key and/or change the structure/arrangement. I’d pull some old tracks out and put some new tracks in. I’d be thinking I was finished with a song — but then months later, a backing vocal idea would suddenly occur to me — so I’d go back to the song-project and add it. The album evolved and improved over a considerable period of time. It was really “tinkered” with. (Kaizen 改善)

ー”Mercury Man”は、Mercuryはギリシャ神話のヘルメスのことですか?ヘルメスは音楽を発明したとも言われていますね。次の曲 “Persephone” も、ギリシャ神話に登場します。あなたがギリシャ神話に興味があることが伺い知れます。
Q. Is “Mercury Man” related to “Hermes” of the Greek mythology? Hermes is said to have invented music. “Persephone” comes up in a Greek myth, too. Are you interested in a Greek mythology?
“Mercury”と音楽の神話的な繋がり、正しい指摘です。いい質問ですね。Mercury=メルクリウス(編注:ローマ神話に登場する神。英語名がマーキュリー。ギリシャ神話ではヘルメスと同一視される)。マーキュリーは韋駄天で知られる一方、心的世界への案内人としても知られていました。そこで私は “Mercury Man”を 「ピンチを救う(でも、そのことにちょっと疲れている)”」コミックの主人公として描写しようと試みました。マーキュリーマンは、スーパーマンみたいなマントを纏った、ちょっとした救世主という設定です。歌詞を書き終える前に、コード進行とメロディーが浮かんできました。そして、この曲の歌詞は、並はずれたキャラクターの壮大な物語でなければ!という圧倒的な感覚がありました。でも、”ちょっとした楽しみが含まれている” こともリスナーが気づいてくれるといいですね。本来、厳粛さを皮肉った歌なんです。微笑みながら聴いてほしいですね!
“Persephone” は、別の神話をベースに書いた曲です。Persephone=ペルセフォネ(ギリシャ神話の女神)。私は、ギリシャ神話や他の神話、ギリシャ語にとても興味があります。神話学者ジョーゼフ・キャンベルは「monomyth」で、こう理論立てています。「すべての神話の物語を一つのすばらしい物語のバリエーションとみなす。もしも、ある人がいろいろな宗教の物語を比較するならば、ある人は平凡なあらすじやテーマの物語を数多く見つけるでしょう」と。
ところどころ難しいと感じる箇所もあるでしょうが、大部分は楽しんで書いています(詩的に)。冗談混じりで演奏しているので、ライトに受けとめてもらえればと思います。メランコリックでビタースイートな部分もありますが、ほとんどの曲は、物言いたげな変わり者達を伝えるようになっています。これらの曲の主題は、おそらく私の好きな「パワーポップ」的ではないでしょうね。
That’s a good question. You rightly point out the mythological connection between “Mercury” and music. While it is Mercury’s speed the lyrics primarily dwell upon, he was also known as the guide of souls to the Underworld. Besides having that connotation in mind, I aimed to characterize “Mercury Man” as a sort of comic book hero who “saves the day” – though he’s grown weary of doing so. He’s a somewhat Messianic (and possibly caped) character – something like Superman. I came up with the chord progression and melody before I’d written any of the lyrics. I had the overwhelming sense that this song’s lyrics should involve some grand narrative, a larger-than-life character. But I hope those listening realize that I’m really just having a bit of fun with it. The inherent “gravitas” (or seriousness) of the song in completely tongue-in-cheek; it’s intended to induce a smile, not serious contemplation!
“Persephone” is based on another mythological figure. That song is a more literal (partial/condensed) re-telling of the Persephone myth. I do have an interest in Greek (and other kinds of) mythology. Mythologist Joseph Campbell theorized the concept of the “monomyth” (one myth) — which sees all mythic narratives as variations of a single great story. If one compares the stories on which various religions are based, for example, one would find a striking number of common threads and themes.
While there are some serious underpinnings sometimes present, I’m mostly just having fun (lyrically). All these songs are rendered with tongue-in-cheek and are meant to be taken lightly. There are some melancholic or bittersweet sentiments (sincerely) expressed, but for the most part, these tunes are designed to convey a wistful, oddball exuberance. I suppose the sort of subject matter I favor (at least in many of these songs) is atypical of “Power Pop.”)

ー”Mercury Man”の曲調は ”火星に帰った男” デビッドボウイの雰囲気を感じました。あなたにとって彼はどのような存在ですか?
Q. The sound of “Mercury Man” felt an atmosphere of David Bowie (The man who returned to Mars.) What kind of person is he for you?
大のボウイ・ファンとして、あなたがそう思っくれて嬉しいです。私は、ざっとZiggyのように、”Mercury Man” を構想しました。おそらく、わずかな文体の類似性があると思います。私は常にボウイの音楽が好きでした…彼の死をとても悲しんでいます。私の友人クリス・カーターは、彼が共同製作したドキュメンタリー(”Mayor of the Sunset Strip”) で、ボウイにインタビューしました。別の友人もMojo Magazineでインタビューしました。私はもう永遠に彼と会う機会はありません…。
As a huge Bowie fan, I’m glad you got that impression. I did broadly envision the “Mercury Man” song as a roughly Ziggy-like narrative – so perhaps there’s a slight stylistic similarity on that particular track. I’ve always loved Bowie’s music and I’m profoundly saddened by his recent passing. My friend Chris Carter interviewed Bowie for a documentary he co-produced (“Mayor of the Sunset Strip”) and another of my friends interviewed Bowie for Mojo Magazine. It saddens me to know that I’ll never get a chance to meet The Man myself.

ー“Mercury Man” の他にも “Asteroid”、”Starlit Lullaby ” など、宇宙を感じる神秘的な曲が目を引きます。あなたにとって、宇宙とは何かの象徴でもあるのでしょうか?
Q. “Mercury Man,” “Asteroid” and “Starlit Lullaby” all reference (however directly or mysteriously) Outer Space. Does Outer Space have some kind of symbolic meaning to you?
この3曲は、まさにその通りです。さらに他の数曲も、星/宇宙/空/月/太陽/(ならびに海/の山/性質)に関係があります。宇宙は考え得る最も壮大なスケールで、一見終りがなくて、孤独で、不可解で、劇的です。だから私は、多数の曲で主題として選びました。”Mercury Man” の歌詞は、まるで私がドラマティックなおとぎ話を語っているように、あえて単純にしておきました 。”Asteroid”では、ランダムに傾きながら回っている小惑星を比喩として用いました。他人を気にせず、常にドラッグでハイになってパーティーしている人についてです。スーパー・ハイは楽しいけれど、現実に戻ればスーパー・ローです(二日酔い/恥/残念)。私にはとてもワイルドなガールフレンドがいましたが、彼女と私はトラブルが絶えませんでした。死をものともしないような酔狂に乗り出すこともあれば、まじめで信頼できる人の時もありました。この曲は、以前の自分を思い出させます。
“Starlit Lullaby” はおとぎ話または子守り歌のようです。そして、自然の不思議を詩的に話します。漠然と関係の終わり(あるいは死)についてでもありますね。「おやすみ、消灯」です。「天体」とどれくらい関係性をつけられるだろうか、「Mercury Man」というアルバム・タイトル、グラミー受賞者レイチェル・グテックによるアートワークも、とても合っていると思います。
It’s especially true of those three songs. Plus, there are a number of other songs on the album that reference the stars/universe/sky/moon/sun/ (as well as the sea/mountains/nature). Outer Space is seemingly endless, lonely, mysterious and dramatic on the grandest scale imaginable. So, like many others, I’ve found it an evocative choice of subject matter. I deliberately kept the lyrics to “Mercury Man” simple – as if I were telling a very dramatic bed-time story.
On “Asteroid,” the idea of a randomly-careening asteroid definitely served as a metaphor. It’s loosely about a hard-partying person who’s always flying high on drugs, without regard for other people or responsibilities. The highs are super-high and fun — but then coming back to “down to earth” (hangover/shame/regret) is the super-low. I had a very wild (drug-buddy) girlfriend once, with whom I got into a whole lot of trouble. In my storied history, I’ve embarked upon a number of death-defying benders. At other times, I’ve been the sober/responsible one — while someone close to me is flying off the rails. I suppose in that song I’m alternately addressing (a former version of) myself.
“Starlit Lullaby” is like a bedtime story or lullaby, waxing poetic (as elsewhere on the album) on the wonders of nature. It’s also vaguely about the end of a relationship – or death – it’s “goodnight, lights-out.”
Given how often “heavenly bodies” get referenced, it seemed fitting-enough to title the album “Mercury Man” — and to use that as a visual theme for the CD artwork (which was greatly aided by Grammy winner Rachel Gutek).

Butch2ーあなたの楽曲からは、ビートルズやレニー・ワロンカーのバーバンク・サウンド、ソフトロックなどの影響を感じます。特にトランペットやホーン、ストリングスの音色は良い雰囲気を醸し出しています。制作当初から目指したサウンドはあったのでしょうか?
Q. I sense the influence of The Beatles, Lenny Waronker’s Burbank sound, Soft Rock and Chamber Pop in your music production. The trumpets, horns and strings in particular contribute to this atmosphere on the album. Was the idea to utilize those sounds there from the beginning?
チェンバーポップは大好きです。そして、ビートルズ、ELOとXTC(ならびに、リチャード・バローネ)がストリングやホーンを彼らの音に取り込んだ方法にも興味があります。私はストリング・パーツとホーンのいくつかをミディキーボード(Motuシンフォニー・ソフトウェア)で演奏しました。幸運にも数曲で ”人間の”トランペット奏者(ヒデキ・アクラとジェフリー・シュバイツァー)に参加していただきました。ヒデキが日本に帰国する前に、演奏してもらえてよかったです。
おそらく、バート・バカラックや70年代のAMラジオの雰囲気も感じてもらえると思います。あなたが ”ソフトロック” と言ってる意味もわかります。多少はクラシック・ロックの影響も見受けられますが、たしかに今作はロックンロール・アルバムではないですね。
I love Chamber Pop – and how the Beatles, ELO and XTC (as well as my one-time producer, Richard Barone) incorporated strings and/or horns into their sound. I played all of the string parts (and some of the horns) on a midi keyboard (using Motu Symphony software) but I was fortunate-enough to get a pair of “human” trumpet players on some of the songs (Hideki Akura and Jeffrey Schweitzer). I wish Hideki could have played on more of the songs before he had to return to Japan!
Perhaps there is a Burt Bacharach and/or 70’s AM radio vibe on some tracks. I do see what you’re getting at with “soft rock.” Though there may be some classic rock flourishes, this is certainly not a rock n’ roll album!

ー今作のハイライトを教えてください
Q. What was the highlight of this album for you?
他の誰かにミックスとマスタリングをさせること! ありがとう、アラン・ブラウンスタイン!
Having someone else do the mixing and mastering! Thank you, Alan Brownstein!

ー私は世界中のミュージシャン同士、リスナーとミュージシャンとの距離がインターネットにより以前より近くなっていることは素晴らしいと思います。一方で、フィジカルの売上は減少しています。今の音楽業界をミュージシャンとしてどう感じていますか?今後どのように変わっていくと思いますか?
Q. As a musician myself, it occurs to me that the Internet has shortened the distance between the music makers and their listeners. Which I think is great. However, at the same time, the sales of hard-copy, physical merchandise (CDs) decreases every year. As another independent artist, what’s your take on the present state of the music industry? How do you think this will affect or change your work in future?
わかります。それは、本当に両刃の剣です。多数のウェブサイトに自身の楽曲(および/またはミュージックビデオ)を、すぐに発売できる一方、フィジカルの音楽ソフト(CDやアナログ)の売上に悪影響を与えました。1つの希望の兆しはファン/消費者が誰であるか、メール・リスト(または友人/ファン・リスト)を作成管理するなどして、より明確に把握できるということです。それらを将来のマーケティングや活動に活かしていくことができます。
I know what you mean. It’s really a double-edged sword. While it’s great having so many web-based avenues for instantly releasing one’s own music (and/or music videos) — this same environment has adversely affected sales of tangible music product (CDs and vinyl).  One silver lining is that you get a much clearer look at who your fans/consumers are — so those folks can be added to your email list (or Friend/Fan List). Then one can focus future marketing efforts on that data base of listeners.

ー今後の活動予定を教えてください
Q. What are your future plans?
私は(低予算の)ミュージックビデオを制作する予定ですが、どの曲にするかはまだ決めてません。あとは、ロサンゼルスの自宅で多くの曲作りや録音をしています。マット・リーは、再び参加してくれるでしょう。さらに、新しいミュージシャンやヴォーカリストが参加することになりそうです。あなたの質問のおかげで、私は日本の神話への興味が湧いてきました。 “Izansgj in tha Underworld”(裏の世界のイザナギ)という曲を書いてみたくなってるんですよ。
I plan to release a (micro-budget) music video, though I’m still deciding which song to make the video for. I’m writing and recording more songs here in my Los Angeles living room. Matt Lee is helping me once again – plus I plan on having some new musicians and/or vocalists participate.
Your earlier question inspired me to further investigate Japanese mythology; perhaps I’ll write a tune entitled: “Izanagi in the Underworld.”

ー最後に日本のファンにメッセージをお願いします
Q. Would you please provide some message to the fans in Japan?
私の歌を聞いてくれてありがとう!
Watashi no uta o kiite kurete arigatō!  (Thanks for listening to my songs!)