【INTERVIEW】Kirk Adams

ーアルバム「UNDERTOWN」についてお伺いします。前作「LITTLE ELEVATOR」から10年、いつ頃から構想を?
Q. I am going to ask you about UNDERTOWN. It is a solo album since LITTLE ELEVATOR released in 2005. When did you elaborate a plan from?
しばらくかかりましたね。制作に費やす時間が好きすぎて、曲を発表するのが惜しいくらいなんです。私にとって、この時間は重要なセラピーなんですよ。私は絶えず曲を書いています!
「UNDERTOWN」のテーマ、それは ”奥深くに潜んで影響を及ぼす本質とエネルギーがある” ということです。潜在的な欲求、自分自身につく嘘、でっち上げられるフィクション、時々、我々が真実から目を背けてしまうことなどです。サウンド面では私が長年にわたって聞いてきたミッチェル・フルーム、Tボーン・バーネット、チャド・ブレイクらのプロデュース作品の多くから影響を受けました。私はたくさんの異なるギターや異なる音楽のスタイルを重ねて、音像を作り上げていくことが好きです。それから、ポップスとキャッチャーなメロディーも好きです。この2つを融合させることこそが、私の大きな望みなんです。
UNDERTOWN has been in the works for a while. I have a hard time letting go of the songs as I love my time spent working on them. It is a very important therapy for me. I am writing constantly! The theme of UNDERTOWN is that there are qualities and energies that affect us lurking out of sight; our subconscious desires, the lies we tell ourselves, the fictions built up all around us, the way we avoid truth, sometimes. The music was influenced by so much of the music I have been listening to over the years as well as performing in public but also by the production of Mitchell Froom, T-Bone Burnett and Tchad Blake. I love layering sounds and creating an atmosphere, using lots of different guitars and different musical styles. I also like a pop song and a catchy melody. So hopefully, I have blended the two.

ー各楽曲はいつ頃書かれたのでしょうか?
Q. When did you write each songs?
ほとんどの曲は3年ほど前からですね。”Undertone”が最も古く、5年前に書きました。前作「LITTLE ELEVATOR」で私は、楽曲を解体し、できるだけ多くのものを取り除くことによって、ポップスの既成概念を破壊しようとしました。「UNDERTOWN」では、私が影響を受けた音楽をもう少し素直な形で表現できたと思います。

Most of these songs were written over the past 3 years or so. “Undertone” is the oldest, written 5 years ago! On LITTLE ELEVATOR I attempted to deconstruct the songs and subvert the pop song tropes by removing as much of my influences from the songs and production as possible. On UNDERTOWN I was less strict and allowed my influences to come through a little more (I think).

ージャズやブルースなど様々なルーツを見事なまでのポップスに昇華させていますね。何かコンセプトなどはあったのでしょうか?
Q. You let the pop music that it is wonderful in various origins including jazz and the blues sublimate. Would there be any concepts?
私の書く楽曲は、基本的にポップスだと思います。しかし、私は私なりの質感や雰囲気を醸し出す為にジャズやブルースの要素も取り入れています。楽曲は私の気持ちそのものです。だからこそ、私は最良な方法でそれを送り出したいのです。ジャズやブルースの要素は、私を表現する為の絵筆のひとつなんです。
I still think I am basically writing pop songs but I like to include jazz and blues elements for the texture and atmosphere. A song is about a mood for me and I want to capture it in the best way. The jazz and blues elements are just other colors for me to paint with.

ー”Pile Of Dirt”のギターは、リゾネイター・ギターですか?
Q. Does the lead guitar of “Pile Of Dirt” use resonator guitar?

“Pile Of Dirt”のリード・ギターは、ギルドのアコースティックのマイク録りです。箱鳴りの音ですね。リゾネイター・ギターは、”Fiction” と “Officially Strange” で使用しました。リゾネイター特有の空気感がとても好きです。
The lead guitar on “Pile Of Dirt” is a Guild acoustic through a microphone. It does make it’s tone a little more hollow. The resonator guitar appears prominently on “Fiction” and “Officially Strange”. I love the atmosphere it brings!

ー”Cross The River”の歌詞中に、アルバムのタイトルであるUNDERTOWNという言葉が出てきます。今作のシンボル的な楽曲なのでしょうか?
Q. In the lyrics of “Cross The River”, there is the word UNDERTOWN. Do you think that it is music to symbolize an album?
様々な点で ”Yes” ですね。”Cross The River” は、外へ飛び出す勇気が必要、そして、嵐の夜を感じようという曲です。誰しもが抱えている抑制された衝動を時には解放し、大いに楽しもうという意味を込めた楽曲です。”I want to follow that sound, beneath the ground(地面の下で、私はその音について行きたい)” 。それは悪いものでありません! 人生を知る唯一の方法です。コインに裏表があるように。
In many ways, yes. “Cross The River” is about wanting to go out and have a wild night. It also symbolizes accepting and reveling in the often, repressed and hidden impulses we all feel. “I want to follow that sound, beneath the ground”. It’s not a bad thing! It’s just a way of seeing life as it really is, both sides of the coin.

ー”Business as usual”は、まるで古い映画を見ているような気持ちになります。ウッドベースが良い雰囲気を醸し出していますね。
Q. “Business as usual” seems to see the totally old movie. (Double Bass brings on a good atmosphere.)
君がそう感じてくれて嬉しいよ!私はこの曲を生み出せたことに、とても満足しています。地球で生きていく上で降りかかる困難な現実を曲に反映すること、言うなれば音楽のフィルムノワールですね。今後はもっとウッドベースを使っていきたいとも思っています。
I’m glad you feel that way! I am very happy with the way it turned out. It is a film noir in song reflecting some of the harder realities of life on Earth. I would like to use more Double Bass in the future.

ー”Hindenburg” は、あの飛行船のことですか?何かの象徴として描いているのでしょうか?
Q. Is “Hindenburg” a Zeppelin? Will you perform a metaphor of anything?
はい、1930年代に爆発事故に見舞われた飛行船ヒンデンブルグ号。この曲に出てくるキャラクターを通して、人生の終わりへの関り方を見ることができます。この不運な飛行船が後に事故に遭うということを知りながら乗船しているかのような彼からね。
Yes, the Hindenburg was a zeppelin that exploded in the late 1930’s killing everyone on board. The character in this song can see his relationship is about to end. He feels as though he is boarding this unfortunate air ship that he knows will crash.

ー”Flying Cars”からは特にビートルズのエッセンスを感じます。歌詞中にも ”The Beatle’s number 9 Gave me the creeps Every time” 特に出てきますね。同様に “Make Believe Love” からはジョージ・ハリスンの様な穏やかさを感じます。
Q. “Flying Cars” feels flavor of The Beatles in particular. “The Beatle’s number 9 Gave me the creeps Every time” in the lyrics. I feel calmness such as the music of George Harrison from “Make Believe Love”. What kind of feeling would this music be written with?
はい。”Flying Cars” は青春時代に感じる将来への希望や不安を、当時聴いていた様なレトロなサウンドに乗せて表現した曲です。ギターは、ダンエレクトロの12弦。この曲は古いトランジスタ・ラジオで聴いてほしいですね。そういえば、ビートルズの”Revolution 9″、あの曲、子供の頃は怖かったなぁ… 今は好きだけどね!
“Make Believe Love”は、自分自身が作り出すフィクション=「もう1人の自分」についての歌です。もう1人の自分との関係、それは全て自分次第。人は目の前にいない誰かと繋がり、関係を築いていくこともある。私はこの曲のギター・ソロで、世界中のリスナーと会話することを楽しみました。ジョージ・ハリスンと比較してもらえるなんて、光栄です。ありがとう!
Yes, I wanted “Flying Cars” to have a retro sound as it is about my youth and my expectations of the future and wanted to capture what it felt like for me while growing up. I used a Dan Electro 12 string in the background. I like to imagine it being listened to through an old transistor radio. “Number 9” did scare me as a child. I love it now!

“Make Believe Love” is about the fictions we create for ourselves. This person has either misread his relationship to another or has totally fabricated it. It’s up to you. Sometimes you think you have a connection with someone that isn’t truly there. You have to come to terms with it. I enjoyed taking the listener on a little trip via the guitar solos in the center of the song. I can appreciate the Harrison comparison. Thank you!

kirk1ー”Officially Strange” でアルバムは幕を閉じます。アルバムを通して、まるで1つの物語のよう。カバー・アートもご自身で描いてますね。”Mr.Anthead” に込められた意味は?
Q. The album is over in “Officially Strange”. Through an album, I felt it like one story. The cover art is described by yourself, too. What is the meaning put in “Mr.Anthead”?

収録順を決める時、”Officially Strange” は、アルバムの最後を飾るにふさわしい曲だと思いました。空気とともに耳元から離れ、感覚が一つになります。正気でなくなるような。皮肉にも、この曲は私のフェイバリットの1つです。私が思い描いたとおりの曲です。
“Mr. Anthead” は、私が描いた作品の中でも特に人気が高かったんです。Tシャツにもなっているんですよ。彼はもっと知名度が上がってもいいですよね!
また、今作のテーマは、下にあること=深層心理(内に秘めた熱望や、うっすら感じるモチベーション)とも言えます。蟻は地下に潜り、同じくらい簡単に地上に戻ってきます。誰が地下世界によりよく行ける?自身を掘り下げられる?だから私達は自身をより深く理解する為に蟻の頭になるのです。
When determining the order of the songs, “Officially Strange” felt right at the end. It leaves you with an atmosphere and sums up the feeling. Nothing seemed right following it! Ironically it is one of my favorite tracks on the record. It came out exactly as I imagined it.
My painting of  “Mr. Anthead” has been a favorite of people who have viewed my art. I use to have t-shirts with him on them. I felt like he needed to be given a higher profile! Also, the theme of UNDERTOWN is dealing with what lies below, the secret longings and barely understood motivations. An ant goes underground and then back up to the surface with equal ease. Who better for a trip to the underworld? So, we become a man with an ant’s head to better understand ourselves and to venture below into mystery but be able to return to the surface.

ーあなたのギター・プレイには驚かされるばかりです。チョーキングのバリエーションの豊富さと、スライドギターのニュアンスは特に素晴らしい。あなたのプレイに影響を与えたギタリストは誰ですか?
Q. I am just surprised for your guitar performance. Your bend and slide in particular is splendid. Who is an affected guitarist?
ギターは私の最も重要な楽器です。影響を受けたギタリストはロリー・ギャラガー、ビル・ネルソン(Be Bop Deluxe) 、スライドギターはジョージ・ハリスンですね。最近ではビル・フリゼール、ネルス・クライン(Wilco)、マーク・リボーなどを好んで聴きますね。

Guitar is my primary instrument and my biggest influences are probably, Rory Gallagher, Bill Nelson (Be Bop Deluxe) and George Harrison for slide, to be sure. More current guitarists I like would be Bill Frisell, Nels Cline and Marc Ribot.

ーアルバムの聴きどころを教えてください
Q. What the highlite of the album?
最も注目してほしいのは “Undertone”、”Hindenburg”、”Together Alone”、この3曲。アメリカのラジオでは、”Soul Shadow Time” と “Officially Strange” がよく流れてるけどね。
The songs that seem to be getting the most attention are “Undertone”, “Hindenburg” and “Together Alone” though “Soul Shadow Time” and “Officially Strange” have both gotten radio airplay here in the States.

Q. 最後に日本のファンにメッセージをお願いします
Q. Could you give some message to the fans in Japan?

日本の音楽ファンの皆さんが、私のアルバムに興味を持ってくれていることに、とても興奮しています。 ぜひ聴いてみてください!反響はアーティストとファンを繋ぐ輪。私達が作る音楽は、共感してくれる人がいて初めて意味を持つのです。私は皆さんの心のベルを鳴らすような、常に意味のある音楽を作ろうとしています。ありがとう!
Yes! I am very excited that people in Japan might be interested in listening to my music. I hope they’ll give it a try. For an artist it’s a feedback loop. We are nothing without people to share our music with. I am always trying to make music that has a meaning and can make a bell go off in someone else. Thank you, Hiroyuki, for the opportunity.