【INTERVIEW】Nick Bertling (Bertling Noise Laboratories)

bertlingーまずは簡単な自己紹介をお願いします
Q. Congratulations on new album release. So, I would like your simple self-introduction.
こんにちは!Nick Bertlingです。2012年から風変わりなポップ・アルバムをソロで製作しています。私は主にドラマーで、他の楽器もプレイしますが独学でマスターしました。だから、常に一生懸命演奏しています。私はいろいろなジャンルの音楽が好きで、そのすべてからインスピレーションを得たいと思っています。
Hi, I’m Nick Bertling, and I’ve been making off-beat interesting pop albums by myself since 2012. I’m mainly a drummer, and have no formal training on any other instruments, so I do the best I can. I love all sorts of music, and try to draw inspiration from all over. 

ーあなたの研究所では、主に何の研究をしているの?
Q. What do you research mainly at your “Bertling Noise Laboratories”?
アイディアを形(レコード)にしているのさ!
The recording of my ideas. Making records.

ーアルバムについてお伺いします。いつ頃から構想を?
Q. I’m going to ask you about The Flehmen Response. When did you elaborate a plan from?
“The Flehmen Response(フレーメン反応)”とは、猫がもう一匹の猫のフェロモンをかぐときにする生理現象です。私は飼っている猫の両方ともそうしているのを見ました。そして、妻と私はそれに見入ってしまいました。私は長い間猫アレルギーだったんですが、今はそれも克服しました。猫は私達の大切な家族です。
“The Flehmen Response” is what cats do when they smell the pheromones of another cat. I saw both of our cats doing that, and my wife and I have been obsessed with it. I had been allergic to cats for years, so now that I’ve developed immunity, cats are a big part of our life.

ー1曲目”My Opening Remarks”は、あなた自身のことを書いた曲ですか?
Q. Is “my opening remarks” the music that you wrote about yourself?
その通りです。この歌は、確かに私についての曲です。20代はいろいろな出来事がありました。離婚や情緒不安定な時期もありました。現在の私は再婚して、幸せな日々を過ごしています。今後の人生「こうありたい」という気持ちも込めた曲です。
This song is written about me for sure. My life had been a bit of a mess in my twenties. Divorce, drug use, general instability. I’m now happily remarried, and was thinking about how I want it all to be from now on.

ー4曲目”Sea Shanty”は、きれいなコード進行ですね。どんな時に思いついたのでしょうか?時間かけてできた曲ですか?
Q. “Sea Shanty” is a beautiful chord progression. What kind of time would you hit at? Is it the music that you was able to smoothen?
ありがとう!どうだったかな?自分でもわからない…まさに「降りてきた」という感覚ですね。
Thank you. I’m not entirely sure what that song is about, but it happened. Songs just happen out of nowhere sometimes.


ー”For Roy, Jeffrey, and I”は…ずばりあのバンドのアノ人とアノ人?
Q. “For Roy, Jefferey, and I”, Who are Roy and Jeffery? (Roy Wood?)
正解!The MoveのRoy WoodとJeff (Jeffrey) Lynne and 私!もしも私がバンドのメンバーだったら…っていうファンタジーな曲さ!でも、私が生まれる頃(1978)には、The Moveはバラバラになってたんですよね。あご髭を長く伸ばしてBev Bevanの後釜でドラマーとしてバンドに入るんだっていう話。バカげた歌だろ?でも、私はThe Moveが大好きなんです。彼らの音楽からは言い表せないくらい多くの影響を受けています。The Regal Zonophone(彼らのUKレーベル)は、time travel spaceship(時空を旅する宇宙船)のような素晴らしい名前でしたね。歌詞に出てくる”lettuce”は、The Moveのアルバム「Looking On」の”Feel Too Good”の最後の部分(”show us yer lettuce! come on now, let’s get it out!”)から引用したんですよ。
Yes, it’s about The Move! Roy Wood, Jeff (Jeffrey) Lynne, and me.
It’s a fantasy piece about how much I’d have liked to be in the band, but by the time I was born (1978) they’d been broken up for a number of years. It’s about how I’d like to grow my beard even longer, and maybe replace Bev Bevan as the drummer. It’s a silly song, but I love that band, and it references a lot of specifics from their music that I really love. The Regal Zonophone (their UK record label) sounded like a nice name for a time travel spaceship. The “lettuce” thing is from the end of “Feel Too Good” where they go “show us yer lettuce! come on now, let’s get it out!”.

ー”We have each other”に参加している人は、ご家族ですか? この曲に込めた思いは?
Q. Is a person participating in “We have each other” a family? I want to know the thought that you put in this song.
そうです。私の家族の歌です。妹Stephanieがベースを、父のStevenと叔父のNorbertが私と一緒に歌っています。私達は家族の証として何かを残したいと思っていました。今回ついにそれが実現しました。とても嬉しいです!
“We Have Each Other” is definitely about my family. My younger sister Stephanie plays string bass on that song, and my Dad Steven Bertling and my Uncle Norbert Bertling are both singing on that song with me. We had all wanted to have something for posterity for quite some time, and we’re glad we finally got to do it.

ーご自身の人生についての歌で始まり、家族への思いを歌った曲で終わる。この曲順に込められたあなたの思いを教えてください。
Q. This album that it began with the song about the life of oneself, and the last song the thought to a family. Please tell me your thought put in this music order.
特に意識していなかったですね。思うに、私の過去や抽象的な考え、愚かな日々のことなど、自然な流れで、この順になりました。
I hadn’t thought of that! This album took on a life of it’s own. I think it’s about my past, about abstract thoughts I’ve had. And silly day dreams.

ーあなたのように、自分ひとりで全てをこなし、楽曲もインターネット上に発表するというミュージシャンは世界中で増えています。テクノロジーとインターネットの進歩は、国境、言語、アマチュアとプロフェッショナルの境目、費用などの垣根を取り払いました。今後、音楽業界はどうなっていくと思いますか?
Q. They handle all oneself alone like you, and the musicians to announce the song on the Internet increase all over the world. The technology and the progress of the Internet took away the fences such as a border and a language and the expense. Will you think that what happens to the music industry in future?
私のような方法で音楽制作をする人は皆、進歩を歓迎しますね。テクノロジーとインターネット、どちらも欠かせません。彼らが本当に曲を聴いてくれたら、私は彼らの信頼を得たように感じるんです。私は、一人ずつでいいから新しいファンを得ていきたい。それが、私にとっての「世界」なのです。「音楽制作」が「産業の一部」として考えられることには疑念を抱きます。私はただの人。ですが!「産業音楽」に飽き飽きしている人々のためにレコードを作り続けます。
I think for people who make music like I do, it will continue to help us. I gain new fans one at a time. Each one to me is special. If they’ve really listened, I feel like I’ve earned their trust. That means the world to me. As far as the “music industry”, I highly doubt that I’m even considered a part of an industry. I’m just a guy in a house, making records for people who are tired of the “music industry music”.

ー今後の活動予定を教えてください
Q. Please tell me the future activity plan.
アメリカでソロ・コンサートをするかもしれません。その後はレコード制作に戻ります。 死ぬまでに、できるだけ多くの作品を残したいですね。
I may play a solo show or two here in the USA, but then it’s back to making records. I’d like to make as many as possible before I die.

ー最後に日本のファンへメッセージをお願いします
Q. Could you give some message to the fans in Japan?
THANK YOU VERY MUCH! 日本は私が長年ファンだったアーティスト達にも、とても親切な国、応援してくれる国だという印象があります。お互いの生まれた故郷を理解し合うのは大変ですが、音楽を好きでいてくれる気持ちに感謝しています。どうもありがとう!
THANK YOU VERY MUCH! Japan has always been really kind to the artists I’ve looked up to over the years. It’s tough to get people in your own home country to understand what you’re doing, and it’s nice to know that people are still listening. Thank you.